目次
各作品へのリンクの後ろにある括弧内の数字はページ数です。
メインストリート
エピソード(時間順)
エピソード(発表順)
クロスロード

■メインストリート・ イベントの設営の仕事に行っていたボクは、突然失踪してしまった女の子二人組の歌手の代役で女装してステージに立つことになった。ケイの高2夏〜冬の物語 夏の日の想い出(3) 
・ 女の子として生きる道を選んだ私は、2年ぶりに歌手活動も再開。今度は4人組のバンドとして活動しはじめた。ケイの大学1年春から2年夏頃までの物語 続・夏の日の想い出(3) 
・ 上島先生の気まぐれで僅か1週間でリリースすることが決まった新曲のためマリが音源制作に参加してくれた。その曲のヒットは作詞家に専念しようとしていたマリを再び歌手としてステージに引き戻すことになる。ケイとマリの大学2年夏から3年夏までの物語。
夏の日の想い出・第三章(4) 
・ マリとケイの大学3〜4年生の物語概観。マリがステージに復帰するまでの背景。スイート・ヴァニラズやKARIONなど多数のユニットとの交流。今後のローズクォーツの活動スタイル。そしてマリとケイの大学卒業とともにリリースした『Rose Quarts Plays Sakura』が引き起こした騒ぎ。
夏の日の想い出・第四章(2)
■エピソード(時間順) ・ ケイの幼稚園年中の時のエピソード。公園で遊んでいて足湯の中に落ちた冬彦は着替えを渡されるが・・・。また大分ハーモニーランドと別府温泉および博多のプールに行った時のこと。閻魔様の性別判定。
夏の日の想い出・幼稚園編(1) 
・ ケイの小学1年生の時のエピソード。小学校に上がる時髪を切られてしまったケイは泣く。先生から「ぼく」と言いなさいと言われ男の子たちと遊ぶように言われるが・・・。秘密のレッスン。パーティーで故障中のピアノを弾く。麻央と仲良くなったきっかけ。
夏の日の想い出・ゆうとぴあの(1) 
・ ケイの小学2年生の時のエピソード。「女の子」としてのケイを理解する深山先生の担任になり、女の子としての自分を確立させていくケイ。静花,夢美との出会い。エレクトーンとバレエのレッスン。
夏の日の想い出・小2編(2) 
・ 冬彦の幼稚園年長の時および小学3年生の時のエピソード。民謡大会で女の子の浴衣を着てしまった冬彦。小学3年生の時は罰ゲームでスカートを穿かされる。ガールスカウトの体験入隊、そして温泉へ。
夏の日の想い出・小3編(1) 
・ 冬彦の小4の時のエピソード。転校した冬彦は最初なかなか友達ができない。この時期冬彦はまだ自分では気付いていなかったが、女の子の服を着ると突然能力が上がることがあった。鍾乳洞の中で迷った所から帰還したり、エレクトーンが超絶に弾けたり。そしてお祭りの夜。。。
夏の日の想い出・小4編(1) 
・ ケイの小学4〜5年生の時のエピソード。お祭りをきっかけにクラスの女子達と仲良くなることができ、女子水着姿まで彼女たちに晒した冬であったが、変声の兆候が現れ愕然とする。半ば放心状態で電車に乗り降りた町には自殺の名所があった。アスカとの出会い夏の日の想い出・変セイの時(2) 
・ ケイの小学5年生の時のエピソード。夏のプール通い。バレエに出る。学芸会の眠り姫。橋下でのヴァイオリン練習。高岡さんとのエピソード。
夏の日の想い出・小5編(2) 
・ ケイの小学6年生の時の芸能活動絡みのエピソード。松原珠妃のデビューと成長の時期。武芸館ライブでの殺人未遂。3万円のヴァイオリンから70万円のヴァイオリンへ。沖縄でビキニ!。蔵田さんとの出会い。
夏の日の想い出・ビキニの夏(2) 
・ 冬彦の小6の時の主として学校でのエピソード。大阪国際女子マラソンでの坂本直子の活躍に刺激されて毎日ジョギングを始めた冬彦は一方で新たに創設された女子だけの合唱サークルに参加する。修学旅行先での思いがけないショッキングな出会い。そして奈緒たちとの温泉旅行。
夏の日の想い出・小6編(2) 
・ ケイが小学校を卒業して中学に入る頃までのエピソード。これまで半ば女の子的な学校生活をしてきた冬は中学で男子丸刈りという校則に悩む。九州の湯の児温泉への旅。
夏の日の想い出・カミは大事(2) 
・ ケイの中学1年6〜8月頃のエピソード。名古屋の伯母の民謡教室に通う冬は、新幹線で学生オーケストラでヴァイオリンを弾いている高校生男子と知り合う。強引に彼らの練習場所に連れて行かれた冬はいきなりヴァイオリンを弾いてと言われる。更に本番の2週間前クラリネット奏者が退団。
夏の日の想い出・いと恋し(2) 
・ ケイの中学1年9月頃のエピソード。冬は風の盆を女物の浴衣で見に行くが、名古屋の友人たちと東京の友人奈緒がそこで会い、新たな「冬子研究」のつながりができる。吹奏楽の大会に女子制服で参加、長島スパーランドで女の子水着になり、更に・・・夏の日の想い出・風の歌(2)
 
・ ケイの中学1年の時の物語。陸上部に入った冬彦は部員たちから少しずつ女性要素を指摘され始める。クリスマスケーキの配達、そして女子部員たちのクリスマス会で冬彦は・・・夏の日の想い出・クリスマスの思い出(1)・ ケイの中学1年11-12月のエピソード。頼まれたら断るのが苦手な冬子は様々なことを頼まれて走り回る。ドリームボーイズのバックダンサー、様々な歌手の伴奏、アスカのライブの伴奏、合唱部の伴奏に吹奏楽部のクラリネット。そして冬子は静花の苦悩を解決するため、蔵田さんからのデートの誘いを受諾して代わりに静花の件で協力を要請する。
夏の日の想い出・走り回る女子中生(2) 
・ ケイの中学2年4-6月頃のエピソード。冬子は篠田その歌の伴奏で北陸に赴く。ポーラスターの結成。東京に出てきた夢美。吟ちゃんのカムアウト。そして冬子は体育祭でミニスカを穿いてダンスをする。蔵田さんの曲作りへの協力。一週間学校を休んでから出てきた冬子に級友たちは・・・。
夏の日の想い出・星の伝説(2) 
・ ケイの主として中2の時のエピソード。鈍足の陸上選手からロードランナーとして開花していく冬。そして人命救助をきっかけに女子水着を着て水泳の練習を始める。やがて秋の大会での優勝を花道に引退するものの、今度は女子合唱部に勧誘されて。
夏の日の想い出・ひたすら泳いだ夏(2) 
・ ケイの中学2年夏のエピソード。この時期冬子は実に様々なプロダクションから勧誘をされていた。
夏の日の想い出・勧誘の日々(2) 
・ ケイの中学3年の時の物語。転校生の女の子に恋されてしまった冬彦は女の子と愛し合う自分と女の子になりたい自分の間で心が揺れ動く。やがて恋が破れた後、絵里花から中学の女子制服をもらってしまった冬彦は・・・ 夏の日の想い出・失恋の思い出(1)・ ケイの中学3年5〜8月のエピソード。恋愛対象が男の子だからと思って女子だけの合唱部に入れたのに女の子と恋をするなんて、と言われた冬彦は去勢を宣告され、男子制服も没収されて代わりにセーラー服を渡される。そしてそのセーラー服で参加した修学旅行。
夏の日の想い出・セーラー服の想い出(6) 
・ ケイの高校進学前後のエピソード。失恋の傷手から立ち直るまでの友人達の暖かい対応。入試での性別トラブル?旧友との再会。生徒手帳の写真。そして高校最初の身体測定。
夏の日の想い出・高校進学編(2) 
・ ケイの高校1年3〜5月のエピソード。高校に入った冬彦は色々買いたいものがあったことと「女の子としての社会体験」を求めてバイトを始める。その中での和泉・若葉・詩津紅たちとの関わり。
夏の日の想い出・高1の春(1) 
・ ケイとマリの高1夏の物語。書道部のみんなでキャンプに行った冬彦はカレー作りで自慢の料理の腕も披露。お嫁さんに行けるね、などと言われ、女の子になりたくないの?などと言われ、女子のバンガローに呼ばれる。
夏の日の想い出・キャンプの思い出(1)・ ケイの高校1年5〜12月のエピソード。絵里花の「きつい冗談」で手にすることになった女子制服夏服。それを着て学校に出て行く勇気の無い冬彦は一応ワイシャツとズボンで出て行くが・・・・。冬子と和泉がすることになったリハーサル歌手、そして有咲と一緒にしていた音響エンジニア助手の仕事。そしてKARIONは一足先にデビューすることになる。
夏の日の想い出・女子制服の想い出(2) 
・ ケイとマリの2007年7-8月頃のエピソード。マリ&ケイの結成前夜。松原珠妃の大ヒット曲『ゴツィック・ロリータ』が生まれたのはケイの《覚醒》に絡むものであった。マリとケイの九州でのニアミス。
夏の日の想い出・鈴の音(2) 
・ ケイの高校1年秋のエピソード。KARIONのデビューシングル制作にまつわる衝撃の1日のこと。
夏の日の想い出・熱い1日(2) 
・ 主としてケイの高1冬の物語。再びサンタガールのバイトをした冬彦は絵里花に連れられてクリスマス会に行き、そこで先輩の代わりにステージで歌うことになる。もらった報酬で冬彦はある物を買う。
夏の日の想い出・クリスマスの想い出高校編(1)・ ケイとマリの高校1年3学期のエピソード。KARIONの全国キャンペーンにバックミュージシャンとして参加した冬子は、畠山さんから盛んに煽られプロ志向を固める。政子たちと行った温泉スキー。穂津美との交友。
夏の日の想い出・胎動の時(3)
・ ケイとマリの高2春の物語。両親の海外転勤に心が揺れる政子は冬彦にキスしてもらったことで日本に留まることを決めるが、ゴールデンウィークに花見とデートに出かけて。。。ショックを受けて落ち込んでいる政子を慰めるため、冬彦は政子と。。。。
夏の日の想い出・高2の春(1)・ ケイとマリの高2初夏の物語。誕生日に政子は啓介の母の誘いを断り冬彦と映画を見に行く。やがて夏休みがきて、ふたりは花見に誘われてイベント設営の仕事を始めるが。。。。この物語発端の裏事情。
夏の日の想い出・高2の初夏(1)・ ケイとマリの高校2年4月から6月に掛けての音源制作の話、またデビュー前後の慌ただしい日々。和泉たちとの友情。
夏の日の想い出・破水(1)
・ ケイの高校2年夏頃のエピソード。この時期ケイはKARIONのメンバーとして活動しつつ、実に様々なアイドルたちとの交流を深めていた。
夏の日の想い出・アイドルを探せ(3) 
・ ローズ+リリーの活動時期の物語。初めての女子トイレ、初めての女子水着。他の女の子たちに女湯に連れて行かれたケイ。どうする? またツアー先でのふたりの一夜夏の日の想い出・高2の秋(1)・ ケイの高校2年7〜10月のエピソード。冬子は多忙だった。7〜9月までは高校生, エンジニア, 設営スタッフ, Rose+Lily, KARION, 主婦の1人6役。そして10〜12月は高校生, Rose+Lily, KARION, 政子の食事係の1人4役をしていたのである。あわせて雨宮先生との出会い。
夏の日の想い出・多忙な女子高生(2)・ ケイとマリの高2秋の物語。ローズ+リリーで全国キャンペーンや、その後の全国ツアーをした時の、ふたりの愛の物語。
夏の日の想い出・ボクたちの秘め事(1)・ ケイが高2の11月に行った九州方面の修学旅行の物語。純粋に男子高校生だった最後の時期の話。修学旅行に行くというのにケイは女性用の下着のまま来てしまった。お風呂などどうするのか?そして男の子との初キス。
 夏の日の想い出・修学旅行編(1)・ ケイの高校2年11月頃のエピソード。松原珠妃の尽力で何とか形になったローズ+リリーの初全国ツアー。しかしこの時期ケイはKARIONの全国ツアーもこなすことになっていた。
夏の日の想い出・空を飛びたい(2) 
・ ケイとマリの高校2年12〜1月のエピソード。突然の週刊誌報道はまさに青天の霹靂だった。マスコミへの対応に追われる中、精神的ショックに打ちひしがれているマリのためにケイは・・・。
夏の日の想い出・あの衝撃の日(2) 
・ ケイとマリの高校2年12-1月頃のエピソード。週刊誌の報道が発端となりローズ+リリーの活動は一時停止になってしまった。消沈するマリを何とか元気づけようとケイは深夜マリの家に忍び込んで行く。
夏の日の想い出・港のヨーコ(3) 
・ ケイとマリの高校2年3学期から高3の初期の頃に掛けての物語。一時は歌手を辞める気になった政子も少しずつまた音楽活動への意欲を高めて行った。またローズ+リリーがデビューに至った経緯の整理。
夏の日の想い出・心の時間(1)
・ ローズ+リリーの活動終了直後の物語。男の子に戻ったはずのケイだが・・・・体育は女子と一緒にすることになり、トイレも女子トイレを使うことになり、コーラス部でソプラノを歌う。そしてマリとの関係は・・・・ 夏の日の想い出・高3の春(1)・ ケイとマリの高校3年春のエピソード。次第に自信を取り戻していくマリはとうとう音源製作の場に戻ってくる。そしてそれを熱い視線で見詰めていたのは同世代のアイドル・貝瀬日南であった。
夏の日の想い出・長い道(2) 
・ ケイとマリの高校3年7〜8月のエピソード。「けいおんやろうよ」詩津紅の唐突な発言からケイはバンドでウィンドシンセを吹くことに。一方マリは「ヌード写真撮りたい!」と唐突な発言。でもどこで撮るの?。
夏の日の想い出・けいおん女子高生の夏(2) 
・ ケイとマリの高校3年夏のエピソード。KARIONは夏のツアーをしていた。伊豆で偶然遭遇したマリをケイはステージに誘う。しかしまだローズ+リリーとして歌う自信が無いというマリにケイは「名も無き歌い手」として歌うことを提案する。
夏の日の想い出・浴衣の君は(2) 
・ 「男の子」に戻ったボクは受験勉強にいそしみながらも次第に女の子としての自分に目覚めていく。ケイの高3夏から大学合格までの物語 夏の日の想い出・受験生の夏(1)・ ケイとマリの高3秋の物語(「受験生の夏」の後)。文化祭でケイは女子制服でステージに立つ。琴絵と少し怪しい関係。そしてケイとマリは受検勉強が忙しいなか、沖縄へ。
 夏の日の想い出・受験生の秋(1)・ ケイとマリの高3春から年末にかけての物語。休養に追い込まれたふたりはベストアルバムの発売を機に少しずつ再稼働を始める。そしてふたりの愛も進展していく。
夏の日の想い出・再稼働の日々(1)・ ケイとマリの高3冬の物語。クリスマスコンサートで起きたハプニング。そしてとうとう冬たちに真実を隠せなくなっていった周囲の大人たち。ローズ+リリーは男性デュオになってた可能性も?? 入学試験。そして感動の卒業式。
 夏の日の想い出・受験生の冬(1)・ ケイとマリの高校3年の頃の物語。深夜の野外会場で歌った日。謎の女子高生2人組。マリが少しずつ意欲を回復させていく中、ケイもまた音楽のスキルアップに励む。「ローズ+リリーと受験勉強」。ケイとマリのファースト・ドライブデート。
夏の日の想い出・RPL補間計画(2)
・ ケイとマリの2009年12月頃のエピソード。受験勉強中のマリは歌いたい!という気持ちが高まっていた。偶然遭遇した紅川社長のおかげで、アイドル・クリスマスというイベントに出演することに。名曲『恋座流星群』が生まれた秘話。そしてケイと和泉は津軽海峡を渡って北海道の旭岳に向かう。
夏の日の想い出・受験生のクリスマス(2) 
・ ケイとマリの大学1年の春。ケイは大学の事前面接で自分が女であると主張する。ふたりで行った鬼怒川温泉での熱く不思議な夜。そして入学式,FMの生放送で3時間。
夏の日の想い出・新入生の春(2)・ ケイとマリの大学1年5-6月頃。新しく買った車でドライブに出た2人は長岡のライブハウスでハプニング的にステージに立つことに。その他、友人とプールや温泉に行った話、与論島での写真集撮影、そしてN*Kの特集。
 夏の日の想い出・新入生の初夏(2)・ メインストリートでは語られなかったケイとマリの秘密の一夜。そして夏フェスに「観客」としてやってきたケイは突然8万の大観衆の前で歌うことに。ケイの大学1年夏の物語 夏の日の想い出・新入生の夏(1)・ ケイとマリの大学1年秋の物語。ふたりはドライブで磐梯山を訪れ微妙な会話をする。ケイはあやめの妊娠に同意していた!? その他上島先生宅でのAYAとの交流, スイートヴァニラズ・スリファーズ・リュークガールズ・ELFILIES・スリーピーマイスとの交流。
 夏の日の想い出・新入生の秋(3)・ ケイとマリの大学1年9〜2月頃のエピソード。唐突にヴァイオリンの練習を始めた政子は早々に人前でその腕を披露する機会を得る。ノエル、唯香、XANFUS、そしてスイート・ヴァニラズとの交流。
夏の日の想い出・新入生の冬(2) 
・ ケイとマリの2010年9月および2011年1月から3月8日までのエピソード。CDを特殊な発売のしかたをすることで予測された海賊版の発生。それに対抗すべく、ケイと町添は極秘の計画を練った。
夏の日の想い出・パイレーツ(1) 
・ ケイとマリの大学1年秋〜冬頃の物語。ヴァイオリンの練習を再開したマリは最初に練習用に買ったヴァイオリンが1ヶ月で楽器能力限界を越える。一方ケイは大学の講義とローズクォーツとの活動の掛け持ちで体力と精神力の限界を超えそうだった。そしてやがてマリはある「限界」を突破する。
夏の日の想い出・限界突破(1)
・ ケイとマリの2011年3月7日〜18日までおよびその後5月11日までのエピソード。海賊版騒動のお陰でやっと動き始めたローズクォーツのアルバム制作。そして大震災の前後。佐野君が麻央と友人の命を救った話。ケイの性転換手術の後の友人達のお見舞い。そして震災から2ヶ月経った仙台を訪れたマリとケイは。
夏の日の想い出・2年生の春(1) 
・ ローズクォーツ初のミリオンヒット誕生秘話。そして夏フェスのステージ。ケイの大学2年夏の物語 夏の日の想い出・2年生の夏(2)・ ケイとマリの大学2年8月頃の物語。ついにマリは復活を宣言する。そしてふたりで音源制作をしようとした所に、思いがけないハプニングが起きて・・・・。また広島での一夜のこと。
夏の日の想い出・眠り姫の目覚め(1)
・ ケイと正望の恋の展開。そしてケイとマリの愛は・・・。ケイの大学2年秋の物語 夏の日の想い出・2年生の秋(3)・ ケイとマリの大学2年夏のエピソード。ケイは性転換手術を受けた後、ローズクォーツの超ハードスケジュールに困惑していた。一方小風は新しいレコード会社担当者の方針に猛反発していた。そしてマリは、とうとう新曲リリースに向けて動き出した。
夏の日の想い出・大逆転(2) 
・ ケイの2006年夏の物語を前振りに、ケイとマリの2011年9月頃のエピソード。日に日にステージ復帰への思いが強くなってきたマリ。でもまだ「ローズ+リリーとしては」歌えないという彼女のため、ケイや丸花社長は『ゴース+ロリー・ショー』なる企画を作った。フラワー・ガーデンズのキキョウ・ジャスミンの誕生秘話。
夏の日の想い出・まつりの夜(1) 
・ ケイとマリの大学2年12月の物語。ここまでのふたりの運命に影響を与えた「お騒がせ」の人たちのその後が語られる。花見さん、リリーフラワーズ、など。
夏の日の想い出・あの人たちのその後(1)・ ケイとマリの成人式と振袖に関するエピソード。成人式の1年前のお正月に高い振袖を注文したのに、夏にミリオンヒットが生まれると、もっと高い振袖を買ってと言われてしまう!自腹なのに!「あの人たちのその後」の直後くらいの物語。
夏の日の想い出・ふたりの成人式(2)・ ケイとマリの大学3年になる春早い時期の物語。アニメの主題歌としてついに『影たちの夜/天使に逢えたら』が発売。そしてふたりは九州の阿蘇・宮崎まで車で往復してくる。ついにふたりは結婚?ほか、伊豆と鬼怒川の温泉2連発。
 夏の日の想い出・3年生の早春(2)・ マリの食に関するエピソード。マックリブ10個。ケイを女装させてラーメン10杯。そしてしゃぶしゃぶ食べ放題の後焼肉の食べ放題。
夏の日の想い出・食の伝説(1) 
・ ケイとマリの大学3年3〜5月のエピソード。沖縄シークレットライブの波紋。そしてケイとマリは「リハビリ」のため、都内で密かに路上ライブを始める。正望との深夜デート。
夏の日の想い出・3年生の春(1) 
・ ケイとマリの大学3年9〜11月頃のエピソード。札幌突発ライブ。そして姉の結婚。その結婚相手とは? ほか花村唯香のこと、性転換手術後の休養から復帰した春奈の全国ツアー。
夏の日の想い出・3年生の秋(2) 
・ ケイとマリが知り合ったアーティスト・クリエイターとの交流。ワンティス、XANFUS、ピューリーズなど。あわせて春奈との初入浴。そして「青い清流」の話。
夏の日の想い出・歌を紡ぐ人たち(1) 
・ ケイとマリの大学3年10〜12月頃のエピソード。姉の結婚式の翌日。ケイがその日会った人達と「ローズ+リリーの正体」の話で盛り上がる。高校時代の回想夏の日の想い出・あの子は誰? who's that girl(1) 
・ ケイとマリの2012年11月〜翌年1月までのエピソード。大分でのローズ+リリーの4年ぶりのライブおよび1月の新曲キャンペーン。また年末年始の各種音楽賞の受賞。ローズクォーツ再生大作戦。
夏の日の想い出・3年生の冬(3) 
・ ケイとマリの大学3年1〜2月のエピソード。雨宮先生がローズクォーツの新アルバムをプロデュース。先生はメンバーに女装を命じた!サトは職務質問を受ける。一方東北ゲリラライブをしていたケイとマリは青葉と遭遇。その青葉がふたりが最初に作った曲の譜面を発掘してくれた。ほか鈴鹿美里の話。北海道でのパイプオルガンの録音。夏のツアーの企画。
夏の日の想い出・3年生の新年(3) 
・ ケイとマリの大学3年3月のエピソード。マリは唐突にグランドピアノを買ってピアノの練習を始める。高校3年の時に録音だけしていた音源を正式発売するため女子高生の制服を着せられるクォーツのメンバー。震災2周年ライブ。そして政子の両親の帰国。
夏の日の想い出・ピアノのお稽古(2) 
・ ケイとマリの大学4年4月のエピソード。グランドオーケストラの編成。政子のボーイフレンドの女装。ワンティス問題。仙台ライブ。
夏の日の想い出・4年生の春(1) 
・ ケイとマリの大学4年春から秋にかけてのエピソード。クリッパーズのnakaの音楽界復帰。そして耳の聞こえない歌手・田中鈴厨子のライブ。
夏の日の想い出・音の伝説(1) 
・ ローズ+リリー5周年の記念アルバム『花園の君』の制作過程。多数の友人たちの協力で制作は進められる。周囲のKARION,槇原愛などとの絡みも。
 夏の日の想い出・花園の君(3) 
・ 08年組のジョイントライブ。マリ+浜名、和泉+ケイ、神崎+歌月のコンボ作品。そして槇原愛の「日本一の歌姫」宣言。
 夏の日の想い出・歌姫(1) 
・ ローズ+リリーの台湾公演および国内ホールツアー。ツアーのオープニングは会場ごとに工夫をこらしたものとなる。ケイは鈴鹿を例の病院に連れて行く。KARION『三角錐』の作り直し作業が進む。かなり出来てきた所でスタジオに突然の来訪者があった。
 夏の日の想い出・花の咲く時(2) 
・ サマーロックフェスティバルと翌日の震災復興支援ライブの様子。Eliseの妊娠で08年組がスイート・ヴァニラズの代替演奏をすることに。そして光帆はとうとう水沢歌月の正体に気付く。
 夏の日の想い出・花の繋がり(2) 
・ ケイとマリの大学4年5〜8月の物語。卒論による音楽活動休養の発表。和泉の創作旅行。正望との伊豆デート。ローズクォーツの『Night Attack』録り直し。韓国旅行。沖縄公演。KARIONアルバム完成。政子の「負けた」発言。
 夏の日の想い出・4年生の夏(2) 
・ 『花の女王』の制作とPV撮影。ローズ+リリーのアリーナツアー。バレンシアのデビュー。KARIONアルバムのミニ写真集撮影。美空のローズ+リリー公演への参加。更紗のヴァイオリン。
 夏の日の想い出・花の女王(2) 
・ 《覆面の魔女》の話。イギリス旅行に出たケイとマリは現地で思わぬ人物に遭遇する。そしてローズクォーツを辞めるべきかどうか悩むケイは単身富山に飛んだ。
 夏の日の想い出・4年生の秋(2) 
・ 和泉は水沢歌月のことを自分たちは「らんこ」と呼んでいることを明かす。音楽活動休養中のはずの冬子と政子は福島の小さな町でクラシック音楽の夕べを開く。高校の時以来のサイン会に政子は興奮する。そこに意外な来客が。そしてワンティスの代理ライブのこと。
 夏の日の想い出・秋の日のヴィオロン(2) 
・ ケイやマリ、和泉たちの卒業ほぼ確定で町添さんは国士館3日連続ライブを決めた。そこに神崎・浜名、水沢歌月、ロリータスプラウトが登場する。そして結婚式も3つ連続で行われた。和泉が語る衝撃の事実。
 夏の日の想い出・月の三重奏(2) 
・ ケイとマリの2014年1-3月のエピソード。KARIONが4人であったことを公表したことから日本中に激震が起きる。UTPに新しい副社長が就任し、業務の大改革を始める。
夏の日の想い出・公然の秘密(2) 
・ ケイとマリの2014年4月頃のエピソード。5年ぶりに蘭子はKARIONのステージの「見える所」に立った。また南藤由梨奈の楽曲制作にまつわる話。篠崎マイのデビュー。ゴールデンシックス。和泉の引越。
夏の日の想い出・1羽の鳥が増える(3) 
・ ケイとマリの2014年4-5月頃のエピソード。春のツアー前半。ケイの性別疑惑。AYAのヌード写真集。タカの熱愛報道。南相馬でのライブ。
夏の日の想い出・花と眠る牛(2) 
・ ケイとマリの2014年5月頃のエピソード。春のツアー後半。Red Blossomの復活。マリとケイの新居契約。美空の引越。ヴァイオリンコンテスト。
夏の日の想い出・6年間のツケ(2) 
・ ケイとマリの2014年6月頃のエピソード。性転換アルバムの制作。醍醐春海について。苗場行進曲。招き猫の設置。鈴鹿美里の音源制作。ゴールデンシックス・デビュー決定。
夏の日の想い出・女になりましょう(2) 
・ ケイとマリの2014年7月頃のエピソード。醍醐春海が意外な人物であったことに驚いたケイは彼女に会いたいと言った。醍醐はケイを帝国ホテルのディナーに誘ってくれた。そして深夜ふたりで大阪にマリを迎えに行ったのだが・・・。雪月花の作り直しが決定された経緯。
夏の日の想い出・食事の順序(2) 
・ ケイとマリの2014年8月頃のエピソード。ローズ+リリーとKARIONは苗場と三浦半島で、2つのサマフェスに出演した。会場に来ていたケイの伯母・風帆がツイッターを見ていたら「ケイ死亡」という言葉がトレンドに上がる!?夏の日の想い出・夏のセイテン(2) 
・ ケイとマリの2018年のエピソード。ケイもとうとう婚約。そしてマリは。この年ふたりはある理由で超多忙であった。「奇跡の子」あやめの誕生秘話。
 夏の日の想い出・超多忙年の夏(1)・ ケイとマリの2025年のエピソード。ケイとマリはついに各々の彼氏と結婚式を挙げる。しかしふたりは一緒に住み続け、ふたりの彼氏は通い婚状態。そしてその家では8人の子供が元気に暮らしていた。
夏の日の想い出・ふたりの結婚式(1) 
・ 2029〜2030年のエピソード。あやめ出生に関する謎。悠子の出生の秘密。大輝を女装させようとするあやめ・夏絵。そしてあやめは青い清流を受け継ぐ。
夏の日の想い出・セイシの行方(2) 

■エピソード(発表順)・ 「男の子」に戻ったボクは受験勉強にいそしみながらも次第に女の子としての自分に目覚めていく。ケイの高3夏から大学合格までの物語 夏の日の想い出・受験生の夏(1)・ メインストリートでは語られなかったケイとマリの秘密の一夜。そして夏フェスに「観客」としてやってきたケイは突然8万の大観衆の前で歌うことに。ケイの大学1年夏の物語 夏の日の想い出・新入生の夏(1)・ ローズクォーツ初のミリオンヒット誕生秘話。そして夏フェスのステージ。ケイの大学2年夏の物語 夏の日の想い出・2年生の夏(2)・ ケイと正望の恋の展開。そしてケイとマリの愛は・・・。ケイの大学2年秋の物語 夏の日の想い出・2年生の秋(3)・ ケイとマリの2018年のエピソード。ケイもとうとう婚約。そしてマリは。この年ふたりはある理由で超多忙であった。「奇跡の子」あやめの誕生秘話。
 夏の日の想い出・超多忙年の夏(1)
・ ローズ+リリーの活動時期の物語。初めての女子トイレ、初めての女子水着。他の女の子たちに女湯に連れて行かれたケイ。どうする? またツアー先でのふたりの一夜 夏の日の想い出・高2の秋(1)・ ローズ+リリーの活動終了直後の物語(「受験生の夏」の前)。男の子に戻ったはずのケイだが・・・・体育は女子と一緒にすることになり、トイレも女子トイレを使うことになり、コーラス部でソプラノを歌う。そしてマリとの関係は・・・・ 夏の日の想い出・高3の春(1)・ ケイとマリの高3秋の物語(「受験生の夏」の後)。文化祭でケイは女子制服でステージに立つ。琴絵と少し怪しい関係。そしてケイとマリは受検勉強が忙しいなか、沖縄へ。
 夏の日の想い出・受験生の秋(1)・ ケイとマリの高3冬の物語。クリスマスコンサートで起きたハプニング。そしてとうとう冬たちに真実を隠せなくなっていった周囲の大人たち。ローズ+リリーは男性デュオになってた可能性も?? 入学試験。そして感動の卒業式。
 夏の日の想い出・受験生の冬(1)・ ケイとマリの大学1年の春。ケイは大学の事前面接で自分が女であると主張する。ふたりで行った鬼怒川温泉での熱く不思議な夜。そして入学式,FMの生放送で3時間。
夏の日の想い出・新入生の春(2)・ ケイとマリの大学1年5-6月頃。新しく買った車でドライブに出た2人は長岡のライブハウスでハプニング的にステージに立つことに。その他、友人とプールや温泉に行った話、与論島での写真集撮影、そしてN*Kの特集。
 夏の日の想い出・新入生の初夏(2)・ ケイが高2の11月に行った九州方面の修学旅行の物語。純粋に男子高校生だった最後の時期の話。修学旅行に行くというのにケイは女性用の下着のまま来てしまった。お風呂などどうするのか?そして男の子との初キス。
 夏の日の想い出・修学旅行編(1)・ ケイとマリの大学1年秋の物語。ふたりはドライブで磐梯山を訪れ微妙な会話をする。ケイはあやめの妊娠に同意していた!? その他上島先生宅でのAYAとの交流, スイートヴァニラズ・スリファーズ・リュークガールズ・ELFILIES・スリーピーマイスとの交流。
 夏の日の想い出・新入生の秋(3)・ ケイとマリの大学3年になる春早い時期の物語。アニメの主題歌としてついに『影たちの夜/天使に逢えたら』が発売。そしてふたりは九州の阿蘇・宮崎まで車で往復してくる。ついにふたりは結婚?ほか、伊豆と鬼怒川の温泉2連発。
 夏の日の想い出・3年生の早春(2)・ ケイの中学1年の時の物語。陸上部に入った冬彦は部員たちから少しずつ女性要素を指摘され始める。クリスマスケーキの配達、そして女子部員たちのクリスマス会で冬彦は・・・夏の日の想い出・クリスマスの思い出(1)・ ケイの中学3年の時の物語。転校生の女の子に恋されてしまった冬彦は女の子と愛し合う自分と女の子になりたい自分の間で心が揺れ動く。やがて恋が破れた後、絵里花から中学の女子制服をもらってしまった冬彦は・・・ 夏の日の想い出・失恋の思い出(1)・ ケイとマリの高1夏の物語。書道部のみんなでキャンプに行った冬彦はカレー作りで自慢の料理の腕も披露。お嫁さんに行けるね、などと言われ、女の子になりたくないの?などと言われ、女子のバンガローに呼ばれる。
夏の日の想い出・キャンプの思い出(1)・ 主としてケイの高1冬の物語。再びサンタガールのバイトをした冬彦は絵里花に連れられてクリスマス会に行き、そこで先輩の代わりにステージで歌うことになる。もらった報酬で冬彦はある物を買う。
夏の日の想い出・クリスマスの想い出高校編(1)・ ケイとマリの高2春の物語。両親の海外転勤に心が揺れる政子は冬彦にキスしてもらったことで日本に留まることを決めるが、ゴールデンウィークに花見とデートに出かけて。。。ショックを受けて落ち込んでいる政子を慰めるため、冬彦は政子と。。。。
夏の日の想い出・高2の春(1)・ ケイとマリの高2初夏の物語。誕生日に政子は啓介の母の誘いを断り冬彦と映画を見に行く。やがて夏休みがきて、ふたりは花見に誘われてイベント設営の仕事を始めるが。。。。この物語発端の裏事情。
夏の日の想い出・高2の初夏(1)・ ケイとマリの高2秋の物語。ローズ+リリーで全国キャンペーンや、その後の全国ツアーをした時の、ふたりの愛の物語。
夏の日の想い出・ボクたちの秘め事(1)・ ケイとマリの高3春から年末にかけての物語。休養に追い込まれたふたりはベストアルバムの発売を機に少しずつ再稼働を始める。そしてふたりの愛も進展していく。
夏の日の想い出・再稼働の日々(1)・ ケイとマリの大学2年12月の物語。ここまでのふたりの運命に影響を与えた「お騒がせ」の人たちのその後が語られる。花見さん、リリーフラワーズ、など。
夏の日の想い出・あの人たちのその後(1)・ ケイとマリの成人式と振袖に関するエピソード。成人式の1年前のお正月に高い振袖を注文したのに、夏にミリオンヒットが生まれると、もっと高い振袖を買ってと言われてしまう!自腹なのに!「あの人たちのその後」の直後くらいの物語。
夏の日の想い出・ふたりの成人式(2)・ 冬彦の幼稚園年長の時および小学3年生の時のエピソード。民謡大会で女の子の浴衣を着てしまった冬彦。小学3年生の時は罰ゲームでスカートを穿かされる。ガールスカウトの体験入隊、そして温泉へ。
夏の日の想い出・小3編(1) 
・ 冬彦の小4の時のエピソード。転校した冬彦は最初なかなか友達ができない。この時期冬彦はまだ自分では気付いていなかったが、女の子の服を着ると突然能力が上がることがあった。鍾乳洞の中で迷った所から帰還したり、エレクトーンが超絶に弾けたり。そしてお祭りの夜。。。
夏の日の想い出・小4編(1) 
・ 冬彦の小6の時のエピソード。大阪国際女子マラソンでの坂本直子の活躍に刺激されて毎日ジョギングを始めた冬彦は一方で新たに創設された女子だけの合唱サークルに参加する。修学旅行先での思いがけないショッキングな出会い。そして奈緒たちとの温泉旅行。
夏の日の想い出・小6編(2) 
・ ケイの主として中2の時のエピソード。鈍足の陸上選手からロードランナーとして開花していく冬。そして人命救助をきっかけに女子水着を着て水泳の練習を始める。やがて秋の大会での優勝を花道に引退するものの、今度は女子合唱部に勧誘されて。
夏の日の想い出・ひたすら泳いだ夏(2) 
・ ケイの高校進学前後のエピソード。失恋の傷手から立ち直るまでの友人達の暖かい対応。入試での性別トラブル?旧友との再会。生徒手帳の写真。そして高校最初の身体測定。
夏の日の想い出・高校進学編(2) 
・ ケイとマリの大学1年9〜2月頃のエピソード。唐突にヴァイオリンの練習を始めた政子は早々に人前でその腕を披露する機会を得る。ノエル、唯香、XANFUS、そしてスイート・ヴァニラズとの交流。
夏の日の想い出・新入生の冬(2) 
・ ケイとマリの大学3年9〜11月頃のエピソード。札幌突発ライブ。そして姉の結婚。その結婚相手とは? ほか花村唯香のこと、性転換手術後の休養から復帰した春奈の全国ツアー。
夏の日の想い出・3年生の秋(2) 
・ ケイとマリが知り合ったアーティスト・クリエイターとの交流。ワンティス、XANFUS、ピューリーズなど。あわせて春奈との初入浴。そして「青い清流」の話。
夏の日の想い出・歌を紡ぐ人たち(1) 
・ ケイとマリの大学3年10〜12月頃のエピソード。姉の結婚式の翌日。ケイがその日会った人達と「ローズ+リリーの正体」の話で盛り上がる。高校時代の回想夏の日の想い出・あの子は誰? who's that girl(1) 
・ ケイとマリの2025年のエピソード。ケイとマリはついに各々の彼氏と結婚式を挙げる。しかしふたりは一緒に住み続け、ふたりの彼氏は通い婚状態。そしてその家では8人の子供が元気に暮らしていた。
夏の日の想い出・ふたりの結婚式(1) 
・ ケイとマリの2010年9月および2011年1月から3月8日までのエピソード。CDを特殊な発売のしかたをすることで予測された海賊版の発生。それに対抗すべく、ケイと町添は極秘の計画を練った。
夏の日の想い出・パイレーツ(1) 
・ ケイとマリの2011年3月7日〜18日までおよびその後5月11日までのエピソード。海賊版騒動のお陰でやっと動き始めたローズクォーツのアルバム制作。そして大震災の前後。佐野君が麻央と友人の命を救った話。ケイの性転換手術の後の友人達のお見舞い。そして震災から2ヶ月経った仙台を訪れたマリとケイは。
夏の日の想い出・2年生の春(1) 
・ ケイとマリの2012年11月〜翌年1月までのエピソード。大分でのローズ+リリーの4年ぶりのライブおよび1月の新曲キャンペーン。また年末年始の各種音楽賞の受賞。ローズクォーツ再生大作戦。
夏の日の想い出・3年生の冬(3) 
・ ケイの中学3年5〜8月のエピソード。恋愛対象が男の子だからと思って女子だけの合唱部に入れたのに女の子と恋をするなんて、と言われた冬彦は去勢を宣告され、男子制服も没収されて代わりにセーラー服を渡される。そしてそのセーラー服で参加した修学旅行。
夏の日の想い出・セーラー服の想い出(3) 
・ ケイの高校1年3〜5月のエピソード。高校に入った冬彦は色々買いたいものがあったことと「女の子としての社会体験」を求めてバイトを始める。その中での和泉・若葉・詩津紅たちとの関わり。
夏の日の想い出・高1の春(1) 
・ ケイの高校1年5〜12月のエピソード。絵里花の「きつい冗談」で手にすることになった女子制服夏服。それを着て学校に出て行く勇気の無い冬彦は一応ワイシャツとズボンで出て行くが・・・・。冬子と和泉がすることになったリハーサル歌手、そして有咲と一緒にしていた音響エンジニア助手の仕事。そしてKARIONは一足先にデビューすることになる。
夏の日の想い出・女子制服の想い出(2) 
・ ケイの高校2年7〜10月のエピソード。冬子は多忙だった。7〜9月までは高校生, エンジニア, 設営スタッフ, Rose+Lily, KARION, 主婦の1人6役。そして10〜12月は高校生, Rose+Lily, KARION, 政子の食事係の1人4役をしていたのである。あわせて雨宮先生との出会い。
夏の日の想い出・多忙な女子高生(2) 
・ ケイとマリの高校2年12〜1月のエピソード。突然の週刊誌報道はまさに青天の霹靂だった。マスコミへの対応に追われる中、精神的ショックに打ちひしがれているマリのためにケイは・・・。
夏の日の想い出・あの衝撃の日(2) 
・ ケイとマリの高校3年7〜8月のエピソード。「けいおんやろうよ」詩津紅の唐突な発言からケイはバンドでウィンドシンセを吹くことに。一方マリは「ヌード写真撮りたい!」と唐突な発言。でもどこで撮るの?。
夏の日の想い出・けいおん女子高生の夏(2) 
・ ケイとマリの大学3年3〜5月のエピソード。沖縄シークレットライブの波紋。そしてケイとマリは「リハビリ」のため、都内で密かに路上ライブを始める。正望との深夜デート。
夏の日の想い出・3年生の春(1) 
・ ケイとマリの大学3年1〜2月のエピソード。雨宮先生がローズクォーツの新アルバムをプロデュース。先生はメンバーに女装を命じた!サトは職務質問を受ける。一方東北ゲリラライブをしていたケイとマリは青葉と遭遇。その青葉がふたりが最初に作った曲の譜面を発掘してくれた。ほか鈴鹿美里の話。北海道でのパイプオルガンの録音。夏のツアーの企画。
夏の日の想い出・3年生の新年(3) 
・ ケイとマリの大学3年3月のエピソード。マリは唐突にグランドピアノを買ってピアノの練習を始める。高校3年の時に録音だけしていた音源を正式発売するため女子高生の制服を着せられるクォーツのメンバー。震災2周年ライブ。そして政子の両親の帰国。
夏の日の想い出・ピアノのお稽古(2) 
・ ケイとマリの大学4年4月のエピソード。グランドオーケストラの編成。政子のボーイフレンドの女装。ワンティス問題。仙台ライブ。
夏の日の想い出・4年生の春(1) 
・ 2029〜2030年のエピソード。あやめ出生に関する謎。悠子の出生の秘密。大輝を女装させようとするあやめ・夏絵。そしてあやめは青い清流を受け継ぐ。
夏の日の想い出・セイシの行方(2) 
・ マリの食に関するエピソード。マックリブ10個。ケイを女装させてラーメン10杯。そしてしゃぶしゃぶ食べ放題の後焼肉の食べ放題。
夏の日の想い出・食の伝説(1) 
・ ケイとマリの大学4年春から秋にかけてのエピソード。クリッパーズのnakaの音楽界復帰。そして耳の聞こえない歌手・田中鈴厨子のライブ。
夏の日の想い出・音の伝説(1) 
・ ケイの幼稚園年中の時のエピソード。公園で遊んでいて足湯の中に落ちた冬彦は着替えを渡されるが・・・。また大分ハーモニーランドと別府温泉および博多のプールに行った時のこと。閻魔様の性別判定。
夏の日の想い出・ゆうとぴあの(1) 
・ ケイの小学1年生の時のエピソード。小学校に上がる時髪を切られてしまったケイは泣く。先生から「ぼく」と言いなさいと言われ男の子たちと遊ぶように言われるが・・・。秘密のレッスン。パーティーで故障中のピアノを弾く。麻央と仲良くなったきっかけ。
夏の日の想い出・ゆうとぴあの(1) 
・ ケイの小学4〜5年生の時のエピソード。お祭りをきっかけにクラスの女子達と仲良くなることができ、女子水着姿まで彼女たちに晒した冬であったが、変声の兆候が現れ愕然とする。半ば放心状態で電車に乗り降りた町には自殺の名所があった。アスカとの出会い夏の日の想い出・変セイの時(2) 
・ ケイが小学校を卒業して中学に入る頃までのエピソード。これまで半ば女の子的な学校生活をしてきた冬は中学で男子丸刈りという校則に悩む。九州の湯の児温泉への旅。
夏の日の想い出・カミは大事(2) 
・ ケイの中学1年6〜8月頃のエピソード。名古屋の伯母の民謡教室に通う冬は、新幹線で学生オーケストラでヴァイオリンを弾いている高校生男子と知り合う。強引に彼らの練習場所に連れて行かれた冬はいきなりヴァイオリンを弾いてと言われる。更に本番の2週間前クラリネット奏者が退団。
夏の日の想い出・いと恋し(2) 
・ ケイの中学1年9月頃のエピソード。冬は風の盆を女物の浴衣で見に行くが、名古屋の友人たちと東京の友人奈緒がそこで会い、新たな「冬子研究」のつながりができる。吹奏楽の大会に女子制服で参加、長島スパーランドで女の子水着になり、更に・・・夏の日の想い出・風の歌(2)
・ ケイとマリの高校1年3学期のエピソード。KARIONの全国キャンペーンにバックミュージシャンとして参加した冬子は、畠山さんから盛んに煽られプロ志向を固める。政子たちと行った温泉スキー。穂津美との交友。
夏の日の想い出・胎動の時(3)
・ ケイとマリの高校2年4月から6月に掛けての音源制作の話、またデビュー前後の慌ただしい日々。和泉たちとの友情。
夏の日の想い出・破水(1)
・ ケイとマリの高校2年3学期から高3の初期の頃に掛けての物語。一時は歌手を辞める気になった政子も少しずつまた音楽活動への意欲を高めて行った。またローズ+リリーがデビューに至った経緯の整理。
夏の日の想い出・心の時間(1)
・ ケイとマリの高校3年の頃の物語。深夜の野外会場で歌った日。謎の女子高生2人組。マリが少しずつ意欲を回復させていく中、ケイもまた音楽のスキルアップに励む。「ローズ+リリーと受験勉強」。ケイとマリのファースト・ドライブデート。
夏の日の想い出・RPL補間計画(2)
・ ケイとマリの大学1年秋〜冬頃の物語。ヴァイオリンの練習を再開したマリは最初に練習用に買ったヴァイオリンが1ヶ月で楽器能力限界を越える。一方ケイは大学の講義とローズクォーツとの活動の掛け持ちで体力と精神力の限界を超えそうだった。そしてやがてマリはある「限界」を突破する。
夏の日の想い出・限界突破(1)
・ ケイとマリの大学2年8月頃の物語。ついにマリは復活を宣言する。そしてふたりで音源制作をしようとした所に、思いがけないハプニングが起きて・・・・。また広島での一夜のこと。
夏の日の想い出・眠り姫の目覚め(1)
・ ケイとマリの大学4年前半の物語。ローズ+リリー初のオリジナル・アルバム『Flower Garden』制作の時期のお話。主として友人知人を集めて作ったので、制作の過程でケイの過去の様々なエピソードが暴露されていく。
夏の日の想い出・花園の君(3)
・ ケイとマリの大学4年5-6月の物語。08年組ジョイントライブの話。ライブの最後に『歌姫』も公開される。そして自ら「日本一の歌姫」だと名乗りを上げた人物。
夏の日の想い出・歌姫(1)
・ ケイとマリの大学4年7-8月の物語。「美少女ギタリスト」とは? ローズ+リリー5年ぶりのホール・ツアー。初海外ライブ。KARIONのアルバム再作成。○○プロ人事。保坂早穂との交流。鈴鹿が例の病院を受診。そしてとうとう水沢歌月の正体が政子にバレる。ローズ+リリーの名前候補。
夏の日の想い出・花の咲く時(2)
・ ケイとマリの大学4年8月の物語。夏フェス、震災支援ライブ。08年組再び。性別不詳のフルート奏者。女装の思い出。男子校出身の女性マネージャー。そしてXANFUSが水沢歌月の正体に気付く。
夏の日の想い出・花の繋がり(2)
・ ケイとマリの大学4年5-8月の物語。ローズ+リリー休養の発表。ソウルでの昼食。和泉の創作旅行。正望との伊豆へのデート。ローズクォーツSM?中学生の冬子がスカウトされた話。沖縄ライブの様子。覆面歌手の伝説。水沢歌月のソロ曲収録。
夏の日の想い出・4年生の夏(2)
・ ケイとマリの大学4年6-9月の物語。アリーナツアー。『花の女王』の音源制作,PV制作。中学生の頃「花の女王」に選ばれた冬子。冬子の入浴の話。バレンシア。更紗のヴァイオリン、美空のベース。ファンクラブ発足。
夏の日の想い出・花の女王(2)
 
・ 《覆面の魔女》の話。イギリス旅行に出たケイとマリは現地で思わぬ人物に遭遇する。そしてローズクォーツを辞めるべきかどうか悩むケイは単身富山に飛んだ。
 夏の日の想い出・4年生の秋(2) 
・ 和泉は水沢歌月のことを自分たちは「らんこ」と呼んでいることを明かす。音楽活動休養中のはずの冬子と政子は福島の小さな町でクラシック音楽の夕べを開く。高校の時以来のサイン会に政子は興奮する。そこに意外な来客が。そしてワンティスの代理ライブのこと。
 夏の日の想い出・秋の日のヴィオロン(2) 
・ ケイやマリ、和泉たちの卒業ほぼ確定で町添さんは国士館3日連続ライブを決めた。そこに神崎・浜名、水沢歌月、ロリータスプラウトが登場する。そして結婚式も3つ連続で行われた。和泉が語る衝撃の事実。
 夏の日の想い出・月の三重奏(2) 
・ ケイの小学2年生の時のエピソード。「女の子」としてのケイを理解する深山先生の担任になり、女の子としての自分を確立させていくケイ。静花,夢美との出会い。エレクトーンとバレエのレッスン。
夏の日の想い出・小2編(2) 
・ ケイの小学5年生の時のエピソード。夏のプール通い。バレエに出る。学芸会の眠り姫。橋下でのヴァイオリン練習。高岡さんとのエピソード。
夏の日の想い出・小5編(2) 
・ ケイの小学6年生の時の芸能活動絡みのエピソード。松原珠妃のデビューと成長の時期。武芸館ライブでの殺人未遂。3万円のヴァイオリンから70万円のヴァイオリンへ。沖縄でビキニ!。蔵田さんとの出会い。
夏の日の想い出・ビキニの夏(2) 
・ ケイの中学1年11-12月のエピソード。頼まれたら断るのが苦手な冬子は様々なことを頼まれて走り回る。ドリームボーイズのバックダンサー、様々な歌手の伴奏、アスカのライブの伴奏、合唱部の伴奏に吹奏楽部のクラリネット。そして冬子は静花の苦悩を解決するため、蔵田さんからのデートの誘いを受諾して代わりに静花の件で協力を要請する。
夏の日の想い出・走り回る女子中生(2) 
・ ケイの中学2年4-6月頃のエピソード。冬子は篠田その歌の伴奏で北陸に赴く。ポーラスターの結成。東京に出てきた夢美。吟ちゃんのカムアウト。そして冬子は体育祭でミニスカを穿いてダンスをする。蔵田さんの曲作りへの協力。一週間学校を休んでから出てきた冬子に級友たちは・・・。
夏の日の想い出・星の伝説(2) 
・ ケイの中学2年夏のエピソード。この時期冬子は実に様々なプロダクションから勧誘をされていた。
夏の日の想い出・勧誘の日々(2) 
・ ケイの高校1年秋のエピソード。KARIONのデビューシングル制作にまつわる衝撃の1日のこと。
夏の日の想い出・熱い1日(2) 
・ ケイの高校2年夏頃のエピソード。この時期ケイはKARIONのメンバーとして活動しつつ、実に様々なアイドルたちとの交流を深めていた。
夏の日の想い出・アイドルを探せ(3) 
・ ケイの高校2年11月頃のエピソード。松原珠妃の尽力で何とか形になったローズ+リリーの初全国ツアー。しかしこの時期ケイはKARIONの全国ツアーもこなすことになっていた。
夏の日の想い出・空を飛びたい(2) 
・ ケイとマリの高校2年12-1月頃のエピソード。週刊誌の報道が発端となりローズ+リリーの活動は一時停止になってしまった。消沈するマリを何とか元気づけようとケイは深夜マリの家に忍び込んで行く。
夏の日の想い出・港のヨーコ(3) 
・ ケイとマリの高校3年春のエピソード。次第に自信を取り戻していくマリはとうとう音源製作の場に戻ってくる。そしてそれを熱い視線で見詰めていたのは同世代のアイドル・貝瀬日南であった。
夏の日の想い出・長い道(2) 
・ ケイとマリの高校3年夏のエピソード。KARIONは夏のツアーをしていた。伊豆で偶然遭遇したマリをケイはステージに誘う。しかしまだローズ+リリーとして歌う自信が無いというマリにケイは「名も無き歌い手」として歌うことを提案する。
夏の日の想い出・浴衣の君は(2) 
・ ケイとマリの大学2年夏のエピソード。ケイは性転換手術を受けた後、ローズクォーツの超ハードスケジュールに困惑していた。一方小風は新しいレコード会社担当者の方針に猛反発していた。そしてマリは、とうとう新曲リリースに向けて動き出した。
夏の日の想い出・大逆転(2) 
・ ケイとマリの2014年1-3月のエピソード。KARIONが4人であったことを公表したことから日本中に激震が起きる。UTPに新しい副社長が就任し、業務の大改革を始める。
夏の日の想い出・公然の秘密(2) 
・ ケイとマリの2014年4月頃のエピソード。5年ぶりに蘭子はKARIONのステージの「見える所」に立った。また南藤由梨奈の楽曲制作にまつわる話。篠崎マイのデビュー。ゴールデンシックス。和泉の引越。
夏の日の想い出・1羽の鳥が増える(3) 
・ ケイとマリの2014年4-5月頃のエピソード。春のツアー前半。ケイの性別疑惑。AYAのヌード写真集。タカの熱愛報道。南相馬でのライブ。
夏の日の想い出・花と眠る牛(2) 
・ ケイとマリの2014年5月頃のエピソード。春のツアー後半。Red Blossomの復活。マリとケイの新居契約。美空の引越。ヴァイオリンコンテスト。
夏の日の想い出・6年間のツケ(2) 
・ ケイとマリの2014年6月頃のエピソード。性転換アルバムの制作。醍醐春海について。苗場行進曲。招き猫の設置。鈴鹿美里の音源制作。ゴールデンシックス・デビュー決定。
夏の日の想い出・女になりましょう(2) 
・ ケイとマリの2014年7月頃のエピソード。醍醐春海が意外な人物であったことに驚いたケイは彼女に会いたいと言った。醍醐はケイを帝国ホテルのディナーに誘ってくれた。そして深夜ふたりで大阪にマリを迎えに行ったのだが・・・。雪月花の作り直しが決定された経緯。
夏の日の想い出・食事の順序(2) 
・ ケイとマリの2007年7-8月頃のエピソード。マリ&ケイの結成前夜。松原珠妃の大ヒット曲『ゴツィック・ロリータ』が生まれたのはケイの《覚醒》に絡むものであった。マリとケイの九州でのニアミス。
夏の日の想い出・鈴の音(2) 
・ ケイとマリの2009年12月頃のエピソード。受験勉強中のマリは歌いたい!という気持ちが高まっていた。偶然遭遇した紅川社長のおかげで、アイドル・クリスマスというイベントに出演することに。名曲『恋座流星群』が生まれた秘話。そしてケイと和泉は津軽海峡を渡って北海道の旭岳に向かう。
夏の日の想い出・受験生のクリスマス(2) 
・ ケイの2006年夏の物語を前振りに、ケイとマリの2011年9月頃のエピソード。日に日にステージ復帰への思いが強くなってきたマリ。でもまだ「ローズ+リリーとしては」歌えないという彼女のため、ケイや丸花社長は『ゴース+ロリー・ショー』なる企画を作った。フラワー・ガーデンズのキキョウ・ジャスミンの誕生秘話。
夏の日の想い出・まつりの夜(1) 
・ ケイとマリの2014年8月頃のエピソード。ローズ+リリーとKARIONは苗場と三浦半島で、2つのサマフェスに出演した。会場に来ていたケイの伯母・風帆がツイッターを見ていたら「ケイ死亡」という言葉がトレンドに上がる!?夏の日の想い出・夏のセイテン(2) 

■クロスロード・ メルマガ100号記念。各シリーズのキャラ総出演。「女子中学生」青葉、「メイド」和実、「ウェイトレス」千里、「美容師」あきら、そして「歌手」ケイ。
 クロスロード1(1)・ クロスロードの後日談。あそこで偶然遭遇した面々が東京に再集結する。
 クロスロード2(1)・ 青葉の家族の葬儀が行われ、メンバーは3たび集結する。
 クロスロード3(2)