広告:大奥<男女逆転>通常版DVD
[携帯Top] [文字サイズ]

■春花(2)

[*前p 0目次 #次p]
1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 
前頁 次頁目次

↓ ↑ Bottom Top

その付近を手に石鹸をつけて丁寧に洗った後は、ふつうに髪を洗い、身体を洗い、浴槽にゆっくりと浸かった。
 
「このままずっと女の子のままなのか、また突然男の子に戻っちゃうのか分からないけど、女の子のままでいれたらいいなあ」
 
などと考えた。
 
浴槽からあがり、身体を拭いた後、先日大学の友人に唆されて買っちゃった超可愛いパジャマを着て脱衣場を出る。帰宅したっぽい金剛の部屋のドアを開けて
「お兄ちゃん、あがったよ」
と声を掛けたら、金剛は着換えている所だったみたいで、慌ててお股を隠し、焦ったような顔をしている。“妹”に恥ずかしがらなくてもいいのにと思いながら部屋に戻った。
 
ラインが入っている。明恵からだ。ちょうどよかったなと思った。
 
↓ ↑ Bottom Top

「今どこ?電話できる?」
というメッセージなので、こちらから電話を掛けた。
 
「ハロー、どうしたの?アキ?」
「こんなの相談できそうなのはマコだけだと思って」
「何かあったの?」
 
「私、女の子の身体になっちゃったんだけど、どうしよう?」
「アキもなの!?」
「私もって・・・まさか」
「私も今日女の子の身体になっちゃんだけど」
「うっそー!?」
 

↓ ↑ Bottom Top

映画の撮影が順調に進んでいることから、俳優陣は何度か休日をもらった。アクアは同じ熊谷市内の実家に戻り、西湖は郵便物のチェックも兼ねて用賀のアパートに行ってみた。
 
西湖がお稲荷さんをどっさりとカルピスソーダの2Lペットボトル3本に紙コップ30個入りを買って帰ると、千代さんだけでなく、多数のおキツネさんが出てきて「頂きまーす」と言って食べていた。なんか壮観だった!その中には西湖に箏を教えてくれたおキツネさんや、サックスを教えてくれたおキツネさんもいた。カルピスソーダも好評でどんどん無くなった。
 
それで久しぶりに千代さんと一局打ったのだが
「あんただいぶ上手くなっている」
と言われる。
 
この日も今打った対局を最初から並べ直して、ひとつひとつの手についてコメントしてくれるので、物凄く勉強になる。
 
↓ ↑ Bottom Top

「じゃ次からは置き石は8つにしよう」
「はい!」
 

ところで貴司の会社であるが、6月末の突然の社長交代以来、社内が大混乱に陥り、納品遅れ、営業所の蒸発・工場の操業停止・下請けへの代金未納などが相次いで、7月上旬に出るはずだったボーナスが支給されなかったばかりか、7月25日に出るべき給与も支払われなかった。労働組合が団体交渉を申し込んだが、社長はそもそも労組など認めないと暴言を吐き、話し合いにも応じなかった。そこで労組はついにストライキを宣言して、8月5日(月)から、同社の労働組合員は業務から離れた。このことにより同社の業務は8割ほど停止した。
 
ただストライキをしたことで組合員たちは組合から僅かながらも争議費をもらうことができ、大いに助かったのである。
 
↓ ↑ Bottom Top

バスケ部では貴司は管理職で組合員ではないので、停止した業務のフォローに飛び回り、特に貴司は中国企業とのコネがあるので状況説明のために、何度も上海や香港に飛んだ(さすがに航空券代は支給された)。
 
貴司以外のバスケ部員は全員契約社員で労働組合には入っていないので、数少ない稼働可能な社員として、大津市の塗料工場での仕事を依頼され、そちらで勤務した。そして夕方で仕事を終えると美映がボランティア・コーチとなって彼らを大津市内の体育館で指導した。美映はこの男子チームのスターター組とタメを張れる実力を持っているし(実際、美映は社会人上位のチームにも行ける実力がある)、C級コーチライセンス・C級審判ライセンスも持っている。
 
↓ ↑ Bottom Top


千里はバスケ部員たちが給料をもらえないでいる間、暫定的な処置として、部員全員に貴司から各自に7月26日(給料日の翌日)に20万円ずつ、つなぎ資金として“出世払い”で貸し付けるようにした。部員たちは経済的な苦境を回避でき、次の所属先まで見つけてもらって感動していた。
 
この資金を千里から借りたことは貴司は誰にも言わなかったのだが、美映は、貴司の銀行や証券の口座がほぼ空っぽに近かったことから、恐らく千里から借りたのだろうと察したようであった。しかし取り敢えず美映も助かるし、部員ともどもバスケを楽しめるので、何も言わなかった。
 
ちなみに貴司自身への生活資金提供(阿倍子への送金分を入れて40万)も含めてこの合計180万円について千里は貴司からしっかり借用証書を取った。
 
↓ ↑ Bottom Top

「今すぐ美映さんと離婚するなら、チャラにしてあげるけど」
「それは2〜3年待って」
「ふーん。2〜3年ねぇ」
 

↓ ↑ Bottom Top

メインバンクと創業家が手を組み、いまだに意識を回復しない丸正義邦元社長(55)の次男・丸正義月(27)氏が代表になって、株主総会の招集請求を代表取締役(社長)に内容証明で送付した。株式は義邦氏が10%を持っているものの、親族3人(弟の昌二、息子の義陽・義月)とメインバンクの株を合わせると3%を越えるため、共同でなら総会召集要求ができる(会社法第297条の1)のである。
 
昌二ではなく義月が代表になったのは、昌二はかつて経営の指揮を執った時に会社の業績を低下させ、社員や株主の信用が無いからである。義月は経営参画の経験こそ無いものの、経営学修士の学位を持っている。兄の義陽も「俺よりこいつの方が経営センスがある」と言っている。
 
↓ ↑ Bottom Top

高縄社長はこの召集要求を無視した。
 
そこで株主側は株主による総会招集(会社法第297条の4)を行うため、その準備として、まず証券会社に個別株主通知の申し出を行った。それができた段階で、義月氏らは裁判所に、少数株主による株主総会招集の許可申し立てを行った。裁判所は8月23日(金)に審問を開くことを決定して通知した。
 

↓ ↑ Bottom Top

X町に熊が現れて封印を壊したのが8月4日(日)のお昼頃である。その後警察や最後は機動隊まで出動する騒ぎになった後、夕方近くに真珠が駆けつけて予備の剣で暫定的な封印をした。それで取材陣の中にたまたま居た神谷内さんが青葉に連絡し、青葉は千里1・瞬法とともに深夜、X町に駆けつけ、千里1が無意識に起動した秘法により、事件は解決した。
 
それで「よかった、よかった」と言って千里1は、青葉、瞬法、神谷内、および明恵・真珠と握手した。
 
この事件についてテレビでは“霊能者が事件を解決した”とは報道できないので、どこの局も曖昧な放送の仕方になった。しかし、あまりにもネットなどで噂が広がったことから、他局が深夜番組で住民のインタビューなどで構成して、この事件を取り上げたりもした。しかし〒〒テレビはこの事件について沈黙を守った。〒〒テレビは代わりに『霊界探訪・浄土編』と称して、3人のレポーターが“浄土”と付く場所を訪れてきた様子を放送することにした。この件はこの後、記述する。
 
↓ ↑ Bottom Top

ちなみに3人のレポーターとは
 
“霊界レポーター幸花”
“霊界アシスタント明恵”
“霊界サポーター真珠”
 
である!
 

↓ ↑ Bottom Top

8月5-6日(月火)は、青葉たちもずっとX町に滞在して、様々な後処理に追われた。明恵と真珠も結果的に助手や連絡役などとしてその2日間走り回ることになる。
 
千里1と握手した後、どのくらいの時間で“変化”が起きるかは、どうも個人差?あるいは千里1側の体調?などにより、かなりの差があるようだと千里2は言っていた。早い人は握手した直後に起きるものの、数時間後に起きるケース、3〜4日経ってから起きるケースが確認されているという話であった。青葉は6日になっても2人にはまだ“変化”が起きていないようであることから、最も遅いケースか、あるいは2人は実は女の子になりたい気持ちは全く無い、単純な女装趣味だったのかも?と疑問を感じながら、6日の夕方、高岡の自宅に戻った。瞬法と千里1は千里1が運転するアテンザで東京に帰っていった。(瞬法はレクサス乗りであるが、自分ではあまり運転しない。誰か運転できる人がいたら、その人に任せている)
 
↓ ↑ Bottom Top

事件も解決し、みんな帰ってしまったので、翌日7日、明恵は友人から誘われていた、イベントコンパニオンのバイトに行き、コンパニオンの超短いスカートを穿いて、笑顔でパンフレットを渡したり、会場内の案内をしたりする仕事をした。そして夕方帰宅してお風呂に入った時に“異変”に気付き仰天した。
 
コンパニオンの仕事は16時までやっており、その間に明恵は数回トイレに行ったものの、その時はまだ男の子だったのに!
 
一方の真珠はユウキさんに誘われて“女の子レッスン”を受けることにし、お昼過ぎに“余分なものを抜いてから”(それが最後の男性機能使用になった)きれいにタックし、可愛い服を着る。しかめっ面をしている父親に「お出かけしてきまーす」と声を掛けてから家を出た。駅前でユウキさんと落ち合い、アクセサリーショップや洋服屋さんをのぞいたりした後、モーテルでちょっと危ないお遊びをしようとしていて、自分が女の子の身体になっていることに気付き仰天した。
 
↓ ↑ Bottom Top

半ば夢でも見ているような気分で帰宅し、お風呂に入ってあがった所で明恵から連絡があり、お互いに
「あんたもなの!?」
と更に驚いたのであった。
 
2人は精子の保存などしていないまま女の子になってしまったので、将来父親になることはできない。
 

↓ ↑ Bottom Top

↓ ↑ Bottom Top

前頁 次頁目次

[*前p 0目次 #次p]
1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 
春花(2)

広告:性転換教室