広告:にょたいかっ。 2 (MFコミックス)
[携帯Top] [文字サイズ]
[0Top]

■桜色の日々(あらすじと解説)


■新着

■サクラな日々
・ 父との喧嘩で学資に困ったボクは出会い系サイトのサクラとして女の子の振りをしてたくさんのメールを書く仕事を始めた。ある日どうしても会いたいという客がいて・・・
 サクラな日々(12)
 
・ 出会い系サイトのサクラをしていたのをきっかけに日常生活まで「女の子」になってしまった私は、友人から恋人になった進平との愛を育てていきつつ、家族にもそういう自分のありかたを次第に認められていく。そして性転換、結婚、子育て・・・
 続・サクラな日々(13)
 
■桜色の日々
・ 学芸会でやる「白雪姫」の配役でお后役を誰もやりたがらず司会の荻野君が困っているのを見かねた私は「僕がやりましょうか?」と申し出る。憎まれ役でもスカートが穿けるのが私には嬉しかった。しかしお后役で練習をして迎えた当日。白雪姫役のカオリが病気で休んでしまう!
 桜色の日々・小4編(4)
 
・ 私の名前は誤読されると女の子の名前に見えてしまうので、しばしば年度の初めに名前が女子の方に入れられていることはよくあった。その年は先生がずっとその事に気付かないまま、私は鼓笛隊やチアリーダーを女子たちと一緒にした。そして修学旅行でお風呂に行こうとした私は・・・
 桜色の日々・小6編(8)
 
・ ほとんど女の子として小学校生活を送っていた私は中学進学で学生服を着なければならないと思うと、たまらなく鬱な気分になってしまった。令子たちのセーラー服採寸に付き合った私は「君は採寸しないの?」と言われて「採寸だけしてもらおうかな」と答える。
 桜色の日々・中学入学編(4)
 
・ 高3の秋に失恋のショックから女の子として生きて行く自信を失った私は大学に入るのと同時に男の子としての生活を始める。しかし男の子をしているつもりなのに、なぜかあちこちで私は女の子とみなされてしまう!その苦闘?と妥協の日々。
 桜色の日々・男の子だった頃(4)
 
・ とうとう男の子として生きることに挫折し、女の子に戻ってしまった私。しかし私の性別が揺れたことで、戸惑った人達もいた。あるいは最初から私のことを女の子としか思っていなかった人達もいた。また、私同様に男の子をやめちゃった子もいた。
 桜色の日々・男の子をやめた頃(8)
 
・ 私の中学3年1学期のエピソード。海外旅行のためパスポートを取った私は、パスポートの性別が F になっていることに気付く。出発は3日後。修正は間に合わない! 他、チアリーダーの活動、T君との交際、高校進学問題。また修学旅行では男湯に入ろうとしたら、旅館の人が来て・・・・
 桜色の日々・中学3年編(8)
 
・ 高校受験から新学期がスタートした頃までのエピソード。私は写真はセーラー服姿ながらも性別男と書かれた受験票で試験会場に行く。試験が終わって家に帰ると父はみんなで温泉に行こうと言い出した。でも男湯にはもう入れない私! 私は父にカムアウトしようとするが。。。そして入学式の日、私は学生服で教室に入ったが、担任から「君は女子として合格している」と言われる。
 桜色の日々・高校進学編(8)
 
[0Top]