広告:放浪息子(6)-BEAM-COMIX-志村貴子
[携帯Top] [文字サイズ]

■Powder Room(6)

[*前頁][0目次]
1  2  3  4  5  6 
前頁目次

↓ ↑ Bottom Top

突然の地面の揺れ。
 
何これ?と思うより早く令子さんが私と幸子をほとんど引き倒すような感じで座らせ、その上にかばうようにおおいかぶさった。次の瞬間に私たちはもっと重たい重量を感じた。信司さんが更に令子さんの上にかぶさったのであろう。
 
あちこちで凄い悲鳴が聞こえていた。何か物が飛んでくる感じがした。それは長い時間であったような気もしたが、あっという間だったような気もした。
 
再び立ち上がった時に私たちが見たものは、悲惨だった。
 
 
手近な建物を見るとガラスなどが割れている。パニックになっているようで、走り回っている人たちが大勢いたが、私たちは信司さんが焦りかけていた他は3人とも冷静で、騒ぎに巻き込まれないように、道から外れて木のそばに身を寄せた。無理とは思ったが携帯でニュースサイトを見ようとしてもつながらなかった。かなりしばらくしてから救急車のサイレンなども聞いた。園内の数ヶ所で火災が起きたようであったが、スプリンクラーが作動したのとキャストの人達がしっかり行動していてすぐに消火活動などをしてくれたおかげで、すぐに消えたようであった。
 
↓ ↑ Bottom Top

「震源はどこだろうね」
「新宿の高層ビル街にいたよりは安全だったと思うな」
 
余震が夕方までに2度来た。2度目の余震は震度4くらいあったと思ったが、最初の大きな地震で既に感覚がまひしていたのであまり気にならなかった。時々回ってきていたキャストの人からの話で震源地は分からないが東京が壊滅的な被害を受けているらしいことを知った。
 
暗くなってからディズニーランド側で仮設の避難所を設置したので、そちらに来て欲しいということを言われ、私たちはファンタジーランドのキャプテン・フックスのピザ屋さんの所に案内された。「材料が確保できないのと設備が一部使えないのであまりお配りできませんが」と断った上で、一人1切れずつのピザをもらった。さすがにお腹が空いていたので助かった。
 
↓ ↑ Bottom Top

園の幹部らしき人から説明があり、東京都内を中心に数千人規模の死者が出ているらしいとのことであった。交通機関などは全てストップしているし、都内は混乱しているので、少なくとも都内に住んでいる人は情報がもう少し分かるまで動かないほうがよいと言っていた。
 
夜かなり遅くなってから幸子の携帯に着信があった。北海道に行っていた幸子の両親であった。幸子は平気な顔をしていたが、どうも電話の向こうの両親は泣いていたようである。すぐ東京に戻ると言っていたのを、こっちは混乱しているから来ない方がいい、と令子さんが代わって言った。
 
「幸子さんは私が確実にお守りしますからしばらくそちらに留まっておいて下さい」と令子さんは言った。
 
↓ ↑ Bottom Top

その日はそこの中で寝て、翌日、まだ交通機関などは動き出している気配がなかった。その日の昼前くらいになって信司さんが水戸にいる叔父さんと連絡が取れた。向こうも電話を掛けていたようだが、なにせ信司さんの携帯は自宅である。恐らくは地震の時に潰れている。
 
信司さんのご両親はもう亡くなっていて、この叔父さんがいわば、親同然の人らしい。私たちはとりあえずそこに行くことにしたが、とにかく交通機関が使えない。東京周辺の鉄道網などは復旧のメドが全くたたないようであった。「迎えに行きたいけど、千葉市南部付近から先へは行けないようなんだ」と言っていたので、私たちは千葉市まで歩くことにした。地図で確認してもらったら30kmくらいである。ゆっくり歩いても2日あればたどりつけるはずだ。ちなみに私たちは携帯のバッテリーを節約するために、3人のうち2人はスイッチを切っておくことにした。電波が通じにくくなっているから、携帯側がつながる局を探して通常より電気を多く消耗するはずだ、と幸子が言ったためである。
 
↓ ↑ Bottom Top

私たちが園を出ようとしていたら門の近くにいたキャストの人が寄ってきて行き先を確認した。どうも都内に戻ろうとする人を引き留めようとしているようである。私たちが千葉市まで歩いていくというと、待って下さい、といって、私たちにパンを少しくれた。私たちはお礼を言ってディズニーランドをあとにした。
 
ディズニーランドということで令子さんも普段のハイヒールではなく踵の低い靴を履いてきていたのが助かった。それでもさすがにペースは一番遅い。それに合わせるから、暗くなる頃、ようやく習志野市内に入った。途中高速道路の高架が崩壊していて、車が燃えた後をあちこちで見た。習志野市内はかなり平穏だったが完全に機能が回復しているようではかった。避難所が作られていたので、そこにその夜は泊めさせてもらった。
 
↓ ↑ Bottom Top

翌日、千葉市内まで歩いていくと聞いて、避難所に居たおばちゃんが令子さんにスニーカーを譲ってくれた。私たちはお礼を言って、また歩き出した。さすがに2日目は私たちでも足が痛い。かなりペースは落ちたが、夕方ちかくに、千葉市内南部に到着。無事信司さんの叔父さんと落ち合うことができた。
 
その後数日、私たちは半ば放心状態のような感じで時を過ごした。被害は思っていたよりひどいようであった。死者は1万人を越えていた。ディズニーランドでもやはり死者が多少出ていたようだったが、震源から比較的近い場所にしては、奇跡的に被害が少なく済んだようである。よほど基礎工事がしっかりしていたのであろう。
 
私たちの家があった区も壊滅的な被害の出た地区の中にあった。あの日、出かけていなかったら、私たちもどうなっていたか本当に分からない。級友たちの中にも死傷者が出ているのではないかと思ったが、調べようもなかった。
 
↓ ↑ Bottom Top

幸子の両親が北海道からJRを乗り継いで水戸まで来たのは地震の4日後であった。幸子の家も(多分)壊れているだろう。お父さんは見に行きたいようであったが、まだ気軽に見に行ける状況ではなかった。信司さんの叔父さんの家は広いので、幸子の両親も取り敢えず一週間ほどそこに泊まらせてもらうことにした。
 
4月になった。震災の後かたづけなどは少しずつ進み、落ちつきを取り戻してきていたが、どうやら私たちが通っていた中学なども完璧に壊れていることなども分かってきた。令子さんが務めていた学校も同様であった。信司さんの会社は都内の支店がやはり利用不能な状態になっていて、あちこちと連絡をとりあった結果、結局信司さんはその会社の水戸支店に当面の間顔を出して仕事をすることになった。幸子のお父さんの会社も同様で、こちらは日立市にある支店で取り敢えず作業をすることになった。しかし幸子のお母さんが日立市より水戸市に住みたいと主張したため、結局水戸市内にアパートを借りて、そこに住むことになった。
 
↓ ↑ Bottom Top

私たちの学校のことを令子さんが心配した。当面元いた学校は授業ができる状態ではない。そこで交渉の結果、水戸市内の中学に当面の間通えることになった。私たちの一時編入用の書類を書いていて、令子さんが私にいたずらっぽく訊いた。「順ちゃん、性別はどっちだったっけ?」その質問には、私が答える前に幸子が答えてしまった。「女の子に決まってるじゃないですか」
「あっそうだったよね」と言って令子さんは性別・女のほうに○をし、私の名前も谷山順子と記入した。こうして私は新学期から、女生徒として通学することになってしまったのである。
 
考えてみれば自分の人生にとって大きな転換点だったのかも知れないが、その時は地震後の精神的な混乱が続いていて、あまり深く考えなかった。まぁ、なんとかなるかな。私はそうその時は思った。
 
↓ ↑ Bottom Top

やがて春休みが終わってその新しい学校に出かける。令子さんは取り敢えず教育委員会の方の仕事をすることになったので(事実上壊れた学校の再建のための仕事)、水戸市内から車で都内に通うようになった。しかし学校勤務ではないので多少のわがままが効く。そこでこの初日は保護者として付いてきてくれた。この女子中生としての初日はさすがにちょっと緊張したが、そのことと幸子が手を握っていてくれたおかげで、なんとかなった感じであった。今までさんざん女の子の格好で外を出歩いたが、学校に行くというのは初体験である。
 
それは思ったより刺激の強いできごとだった。うまい具合に私は幸子と同じクラスに入れられてもらったので、それでもずいぶん助かった(私たちと同様に震災で東京から退避してきていた人たちがたくさんいた)が、初日から、同級生の女の子たちから胸はつかまれるし、目の前で下着姿になって着替える子もいるし、なによりも会話の内容が刺激的というより衝撃的であった。完全な男の子の生活から即こういう生活になっていたのなら1日で馬脚をあらわしていたのではないかという気がした。
 
↓ ↑ Bottom Top

しかし1日目が終わって一緒に信司さんの叔父さんの家に戻ってきて幸子は「(女として)完璧だったよ」と言ってくれた。そう。幸子は「こっちの家の方が広くていいからここに泊めて」と言って、両親のアパートではなく、ここに住み着いてしまうつもりのようであった。当然、私と同室である。
 
信司さんと令子さんはその年の夏に結婚した。
 
私と幸子がいつも一緒にいるのでクラスメイトから「ふたりはどういう関係?」
と訊かれた。すると幸子は「私たち結婚するの」と言い切った。この発言は強烈で、二人はレズだったんだという話は数日中に学年全体に広まった。しかしおかげで私は初期の段階で悩まされていた男の子からの靴箱などへのラブレター攻勢から解放された。これはマジで助かった。正直、私は男の子には興味がないので、本当に困っていたのである。でも幸子と結婚、というのは今まで考えてみたことがなかった。しかし戸籍上は男と女だから、正式に結婚できるはずだ。何だかそれも面白い気がした。
 
↓ ↑ Bottom Top

「それってどちらがウェデスングドレスになるの?」
「もちろんふたりともよ」
「しかし幸子の両親がなんというか」
「なんとでも説得するから平気」
 
幸子はなんだか頼もしいことをいう。私と幸子の関係の中ではどちらかというと、幸子のほうが男役のような気もする。
 
秋口には私たちが通っていた中学がやっと復興された。ただし周辺の幾つかの中学を統合したかたちでの復興であった。そもそも死んだ生徒も多かったし、親戚などを頼ってほかの地区に行っている生徒が必ずしも帰ってこないとみてのことだった。私たちも水戸に残ることにした。実際問題として東京に戻るとすると男子生徒に戻らなければならないが、自分の気持ちの上で、もう男の子として学校に通うということに違和感を感じる気がした。
 
↓ ↑ Bottom Top

女の子の友達との会話も最初は少し戸惑いもあったけど、慣れると、以前の男の子時代に男の子の友達としていた会話よりスムーズに話の輪に入っていける気がしていた。男の子時代には私は友達はあまりいなかったのに、ここに来てから女の子のともだちは沢山出来た。自分は女の子の素質があったんだろうな、あるいは元々女の子的だったんだろうな、と思うようになった。
 
そうそう新しい生活でいちばん変わったのが自分の呼び方だ。
 
地震の前までは、男の子としての学校での生活があったこともあり、自分のことを「ボク」と言っていた。しかし完全に女の子として生活するようになると、少なくとも人前では「私」と言わなければならない。これは初期段階では実はかなり抵抗があった。つい「ボク」と言ってしまいそうになるのだ。それを押し殺して「私」と自分のことをいう。このことになれるのには半年くらいかかった。しかしその半年間の体験のおかげで、今では逆に「ボク」ということの方が抵抗感が大きい。そこで今回の話ではずっと自分のことを「私」と書いてきた。
 
↓ ↑ Bottom Top

今では周囲の人の中で私は完全に女の子で定着しているので、自分でも時々自分のからだが男だということを忘れている。そもそも日常的に顔を合わせている人の中でそのことを知っているのは幸子と令子さんだけである。信司さんはそのことを知らない。再婚する時に私の戸籍に関してはそのままにしておいたので(こういう場合自動的には子供の戸籍は夫側に移動しないらしい)信司さんのほうの戸籍には私が記載されていないから、戸籍で気付くことはないだろう。信司さんは養子縁組をして私も戸籍に入れたがったようだったが、私が断った。信司さんは苗字が変わるのが好きでないか、亡くなったお父さんの事を気にしているせいかなと思って深くは勧めなかったようである。その代わり私が大学を出るまでは学費の面倒はちゃんと見るから心配するなと言ってくれた。
 
↓ ↑ Bottom Top

中学を卒業する時に令子さんが「手術受けたいなら費用出すから」と言ってくれたが、まだ手術をしてからだを女の子に変える勇気はない。幸子が手術しちゃえばいいのにと私を煽っているので、そのうちフラフラと手術してしまうかも知れないけど、先のことは分からない。ある時は入っているクラブの関係で川越市に行っていた時、一緒に来ていた幸子が「ねぇあそこ」と言って、バスの窓の中から白い大きな病院を指さした。「あそこで時々性転換手術が行われているんだよ」と教えてくれた。「日本国内ではここと岡山大の2ヶ所だけ。今のところは。でも順子の場合、基準に適合しなさそうな気がするからタイ行きかな」と言う。「タイ?」「世界で最もたくさん性転換手術をしている国かも。日本からも大勢行ってるよ」幸子は良く知っているようだ、というよりも、私自身に、こういう方面の知識がなさすぎるような気もしている。そんなことを言ったら「じゃ今度からもっとじっくり教えてあげるよ」と言った。
 
↓ ↑ Bottom Top

中学卒業後、私と幸子は水戸市内の女子高に進学した。「女子高はまずくない?」
と私は最初少し抵抗したのだが「大丈夫でしょ」と令子さんはあっさり言った。実際、女子高での生活は何も心配することがなかった。
 
アレをいつも体の中に押し込んでいることと、植物性の女性ホルモンを取っているせいか私は中学を卒業する頃になっても、声変わりは来ていなかった。また体毛も特に濃くなる気配がなかった。そして胸はBカップのブラを付ける状態になっていた。プールや温泉などにも女の子として行って、場慣れはしていたので確かに今更女子高くらいで心配することもなかったようであった。身体検査なども水戸の中学ではちゃんと女の子として受けて、特に誰からも疑問は持たれていなかったし、そう簡単にバレることはあるまいと、私は日増しに自信を付けていた。
 
↓ ↑ Bottom Top

信司さんが名古屋に転勤になり、令子さんは学校の先生は辞めて付いていくことになった。また、幸子のお父さんも大阪支店に転勤になり、幸子のお母さんも今度はそれに付いていくことにしたが、幸子は水戸に残ると言った。そこで結局私と幸子はふたりで水戸市内の女性専用マンションに住むことになった。令子さんは私に「ほどほどにしておきないさいよ」と謎?の言葉をささやいて名古屋に旅立っていった。そして幸子は完璧に『新婚生活』のつもりで張り切っているのが確かである。性のいろいろな問題についても、セックスのことと合わせて私にいろいろ『実地』で教育してくれるつもりになっているようだ。
 
これから自分自身、そして幸子との関係がどうなっていくのかは分からない。だけど、自分が男に戻ってしまうということは、きっとないだろうな。そんなことを考えている。
 
↓ ↑ Bottom Top

あの日、ふと令子さんの個室に入って下着を触ってみた、あの日がもう遠い昔のことのような気がする。
 
↓ ↑ Bottom Top

前頁目次

[*前頁][0目次]
1  2  3  4  5  6 
■Powder Room(6)

広告:ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)