【娘たちの継承】(1)

前頁次頁目次

1  2  3  4 


 
アメリカのカリフォルニア州で性転換手術を受け女性の身体になって帰国した“女子高生”平良真紗は手術の跡の痛みに耐えながら静養していた。痛み止めの薬は国境を越える時に麻薬として摘発されるとやばいというので、持たずに飛行機に乗り込み、東京に来てから都内の病院であらためて処方してもらったのを持っている。しかし真紗はできるだけ薬には頼らずに回復させようと思っていた。
 
「飲まなくていいの?」
と母は心配するが、
「薬に頼っていたらよくない気がするから自分の体力で解決する」
と言っていた。
 
一応倉吉市内の婦人科医院で検査をしてもらい、経過観察してもらうことになっている。
 
「えへへ。性別Fの診察券もらっちゃった」
「まあふつう男は産婦人科には掛からないからね」
「でも男と印刷されている保険証を提示するのが恥ずかしい」
「まあそれは20歳になるまでは我慢するしかないね」
 
「しかし、お前それかなりきつそう」
と夏休みなので大阪から戻ってきた兄・勝慶が言う。
 
「きついけど自分が選んだ道だから」
と真紗は言った。
 

真紗が元気なふりをしているものの、実際にはかなりきついのではないかと察した母は、羽合町内や倉吉市内に、灸や針などで痛みの緩和をしてくれるような所はないか探した。やがて真紗の友人のお祖母さんから倉吉市内の1軒の鍼師さんを紹介してもらい、そこを訪れて鍼を打ってもらった。
 
「凄く楽になります」
「体内の気が物凄く乱れているね」
「気ですか?」
「こういうのを整えるのがうまい人に治療してもらうと結構画期的に痛みが取れると思うんだけど・・・ここまで乱れている人を治せる人は少ないだろうなあ」
などと言いながらも、その鍼師さんは、
 
「これは“余技”だから料金要らないから」
 
と言って、気功のようなものを真紗の新しい女性器に掛けてくれた。確かにそれをしてもらっている間は痛みが小さくなるのだが、施術が終わって2〜3日もすると元の木阿弥になる感じだった。
 

7月21日、青葉の実母・礼子の遺体が発見された。大船渡からはかなり離れた地区の浜辺に打ち上げられていた。遺体の損傷が激しかったが、残っていた肉片からDNA鑑定をして礼子であることが分かり、警察から佐竹慶子に連絡がある。慶子はすぐに青葉に連絡した。
 
青葉はこの日1学期の終業式であった。
 
青葉は母の遺体が見つかった時点で、それまでに見つかって仮葬儀をしていた祖父母・父・姉と一緒に本葬儀をすることにし、あちこちに連絡した。
 
まずは朋子に連絡し、桃香、大船渡の友人・早紀、八戸在住の友人・咲良、姉・未雨の同級生であった鵜浦さん、姉弟子の菊枝、と連絡した所で和実から電話がある。
 
「何かあった?」
「えっと、実はお母さんの遺体が見つかった」
 
和実は青葉に何かあったような気がして連絡してきたということだった。この時期、和実は物凄く霊感が強くなっていて、並みの霊能者を遙かに凌駕するような霊的能力を持っていた。
 
それで結局和実からクロスロードの仲間たちに連絡が行った。
 

青葉は最初は葬儀に出席する人はせいぜい10人か多くても20人くらいと思っていたのだが、時間を追うにつれどんどん膨らんでいった。しかしその人たちがどうやって大船渡まで行けばいいのか、分からないようであった。
 
この時期、東北の交通網はまだ“暫定運用”の段階である。仙台空港も臨時便が少し飛んでいるだけであり、東北新幹線もまだ速度を落として運行されていた。それで桃香が旅行代理店でバイトをしている友人に協力してもらってあちこちから来る人の交通手段を調べ、連絡することにした。
 
結局来てくれる人たちは、一ノ関駅、新花巻駅、花巻空港の3ヶ所に集まってもらうことにし、そこから車で運ぼうということになった。
 
青葉自身はその連絡を桃香・千里に頼み、高岡から仙台への夜行バスに、7月21日21:40に乗った。また千里と桃香は朝いちばんの新幹線で仙台に向かった。この同じ新幹線に仙台から青葉と朋子が乗り込んできて車内で合流。細かい打合せを進めた。
 
7/22 9:40。新幹線は新花巻に到着。ここでエスティマを2台借りる。これを以下エスティマA・エスティマBと呼ぶ。Aには朋子・桃香・青葉が乗ってすぐに大船渡に向かった(12時到着)。一方、葬儀の手伝いにと呼ばれた盛岡在住の佐竹真穂はJRで移動して10:59に気仙沼駅に到着。慶子が自分の車で迎えに行き、やはり12時頃、大船渡に到着した。また一ノ関から彪志と両親が彪志の父の車で大船渡に入った。この3人が着いたのは12:20頃である。
 
それで、青葉・朋子・桃香・慶子・真穂・彪志・宗司・文月の8人、そして££寺の住職・川上法嶺で礼子の仮葬儀を行い、13:00頃、荼毘に付した。荼毘に付す前の遺体を実際に見たのは、青葉と彪志だけである。
 
火葬が終わり、お骨を青葉・桃香の2人で拾ったのが14時過ぎだが、その少し後に早紀と椿妃が各々のお母さんと一緒に来てくれたし、八戸から咲良母娘も到着。更に未雨の同級生だった鵜浦さんも来てくれた。
 
火葬が行われていた頃、出雲から来た藤原夫妻、高岡から来た小坂先生と美由紀・日香理が、花巻空港・新花巻駅に到着するので、この5人を乗せて千里がエスティマBを運転し、大船渡に向かった。これが15時半頃到着した。
 

山園菊枝(山園瞬花・高井厨人)は、21日の内に青葉から直接電話を受け、葬儀に出席するよと言った。それで食糧や飲物などを愛車・パジェロ・イオに積み込み、高知自動車道に乗った。これが22日11時くらいである。
 
そのまま休憩を取りながら運転し、徳島からはフェリーで和歌山に渡る(徳島13:30-15:40和歌山)。そして阪和道を北上し、松原JCTから名阪を通って名古屋方面に行こうと思っていたのだが・・・・
 
ふと気がつくとそもそも阪和道に乗らずにそのまま国道24号を東行していることに気付く。
 
あれ〜!?なんで私、こちらに来たの?と思う。
 
菊枝はめったに道に迷わない。迷うのは迷う理由がある時だけである。(このあたりは千里と似ている)
 
それで菊枝はその「理由」を考えて、これはきっと瞬嶽師匠が自分を呼んでいるんだと思った。そこで菊枝はそのままR24をかつらぎ町まで走り、笠田駅前交差点から国道480号(西高野街道)を南下。結局17時半頃、高野山の★★院に到着した。
 

瞬嶽の秘書役・瞬醒が入口の所で待っており
「お疲れ様。とりあえず一休みしていってください」
と言った。
 
案内されて奥の部屋に行くと瞬嶽が居る。
「君も行くだろうから、岩手まで乗せて行ってもらおうと思っていた」
「いつ山を下りてこられたんですか?」
「今朝から降りてきたよ。あの道夜中に通ると、熊と戦わないといけない場合があって、あまり殺生(せっしょう)はしたくないから」
「なるほどですね」
 
瞬嶽なら熊くらい何か術でも使って簡単に倒すんだろうな、と菊枝は思った。
 
結局ここで少し仮眠もしてから22時頃出発するが、
「瞬花さんだけでは運転大変でしょう」
と瞬醒が言い、ちょうど東京に行く用事があったという醒春が同行することになった。それで実際には★★院を出てから、亀山SAまでを醒春、牧之原SAまでを菊枝、東京までを醒春が運転した。
 
瞬嶽はその道すがら菊枝に口述筆記を頼みたいと言った。それで醒春が運転している間、瞬嶽と菊枝は後部座席に乗り、菊枝がずっと瞬嶽の語る言葉を筆記した。そして菊枝が運転している時は、瞬嶽は寝ていた。
 
それで・・・瞬嶽は東京に着くまで菊枝の運転を起きた状態では体験していない!
 
朝8時頃、東京のББ寺で醒春が降りる。そしてその後、菊枝が運転して、大船渡に向かったのだが、ここで瞬嶽は、菊枝の車に同乗したことを後悔した!
 
何でも見通してしまう瞬嶽も、菊枝がこういう運転をするとは、思ってもいなかったのである。もう降ろして〜!と実は言ったのだが、菊枝は
 
「師匠、おひとりでは新幹線にも乗れないでしょう?少しスピード出しすぎましたかね。ちょっと落としますね」
 
などと言って、最後まで瞬嶽を乗せて大船渡まで走ったのであった!
 

菊枝と瞬嶽が大船渡に到着したのは7/22 16時である。
 
それで参列するのだが、通夜の導師を務めるために来た法嶺が瞬嶽に気付く。
 
「こんなお偉い方がおられる前で、私のような若輩者が導師など務められない」
と言うので、結局瞬嶽が通夜の導師を務め、法嶺は脇導師として瞬嶽が暗誦するお経に唱和し、木魚や鈴(りん)を叩く役目を務めた。
 
そういう訳で19時に通夜が始まった時点で葬儀場に来ていたのは下記24人である。
 
身内(9) 川上青葉、高園桃香・朋子、村山千里、鈴江彪志・文月・宗司、佐竹慶子・真穂
霊能者(3) 藤原直美・民雄、山園菊枝
導師(2) 長谷川瞬嶽、川上法嶺
岩手の友人(6) 咲良母娘、早紀母娘、椿妃母娘。
高岡の友人(3) 美由紀、日香理、小坂先生
未雨の友人(1) 鵜浦
 

冬子(ケイ)はこの時期、ちょうど『夏の日の想い出』の新曲発売キャンペーンで全国を駆け回っていた。
 
22日は北海道から青森に移動し、午後は青森市内でキャンペーンをして、新青森16:17の《はやぶさ506号》に乗車する。同行しているタカ・サト・マキはそのまま仙台に移動して仙台市内のホテルに泊まるのだが、冬子だけ盛岡(17:07)で降りて駅前のトヨレンでプリウスを借りた。
 
そして東北道を北上江釣子ICまで南下し、国道107号で大船渡に向かった。
 
まだ大船渡線の列車もある時間帯なのに冬子がレンタカーを選択したのは、明日の朝1番に仙台の放送局の番組に出なければならないからで、大船渡で一泊した後、朝4時に出て仙台に向かうつもりだった。
 
疲れが溜まっていたせいか瞬眠を起こし、脇に寄せて5分ほど仮眠したりもしていたので大船渡に到着したのは19:30くらいになる。既に通夜は始まっていたので、その途中から出席した。
 

冬子がキャンペーンで飛び回っているので、恐らく通夜・葬儀には出席できないと思うから自分が2人を代表して明日行く、と政子の方から連絡があっていたので、冬子の姿を見た青葉が驚いて裳主席を離れ、冬子のそばに寄った。千里も寄って行く。
 
「お忙しい所、ありがとうございます。よくお時間取れましたね」
 
「うん。青森のキャンペーンが15時で終わって、それからこちらに移動してきた。明日は仙台から」
「ハードですね!」
 
「そうだ。千里。駐車場が分からなかったんで、取り敢えず会場の前に車駐めちゃったんだけど、よかったら移動してもらえない?」
 
「いいよ。明日朝仙台なら、今夜はここに泊まるよね?」
「そうさせて。朝から北海道に飛んで、南下してきて、盛岡から運転してきたから、さすがに疲れてる」
 
「じゃ、宿の駐車場の方に回送しておくから。車は何?」
「助かる。白いプリウス」
 
と言って冬子が車のキーを渡すので千里が預かった。
 
そして車を確認すると《きーちゃん》に!回送を頼んだ。
 

その日は、市外から来た人たちは桃香が手配した大船渡市内の旅館に泊まる。
 
今回の通夜・葬儀では、様々な手配や交渉事を決断力のある桃香がこなし、来客の対応を柔らかい物腰の千里がするという分担で進めたのである。慶子が葬儀委員長を務めてくれた。喪主はむろん青葉であるが、朋子がずっと青葉に付いていた。
 
朝4時すぎ。青葉に起こしてもらって荷物をまとめ、駐車場に出た冬子は自分の車はどこだろう?と思った。確か千里が何とかのそばに駐めたと言っていた気がするのだが、疲れが取れてないので忘れてしまったのである。
 
あいにくプリウスなんてのは何台も駐まっている。ずっと見て回ってナンバーを確認するしかないかと思った。その時唐突に後ろから声がする。
 
「私、奥の街灯のそばに駐めたと伝えたんだけど、やはり覚えてなかったね」
 
冬子がびっくりして振り向くと千里である。
 
千里は冬子が疲れが溜まっているだろうに、自分で車を運転してきたのは軽率だと注意した。
 
「レコード会社か事務所に言って、運転手を付けてもらうべきだよ」
「でも今回は個人的な用事だったし」
「個人的な用事であっても、冬子に万一のことがあったら、ローズ+リリーだけでは済まない。他の名義で楽曲を提供している歌手たちも困るし、レコード会社の損害は数十億だよ。事務所とかに介入されたくなければ個人的にドライバーを雇ってもいいと思うし」
 
「ありがとう。そういうこと言ってくれる人は少ないから肝に銘じるよ」
と冬子は答えていた。
 
「でもまあ、そんなこと言った手前、今日は仙台まで私が運転するよ。だから冬子は後部座席で寝ていくといいよ」
 
「千里も疲れてない?」
「冬子よりは、よほどマシ」
 
それで毛布も渡して、それを掛けて寝ているように言い、千里は仙台の放送局まで冬子を送っていった。
 

「しかしスケジュール聞いたけど、無茶苦茶ハードなキャンペーンだね」
と運転しながら千里は言った。
 
「キャンペーンは町添さんと話した時は、仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の5箇所の予定だったはずが、須藤社長から渡された計画表ではなぜか全国200箇所になってた」
 
「200!?」
 
「あまりにもハードすぎるから△△社の津田社長に頼んで介入してもらって何とか40ヶ所に減らしてもらった」
「40でもハードすぎるよ。まだ4月の手術の跡はけっこう傷むでしょ?」
「うん。わりと痛い」
「6月の避難所回りもかなりきつかったみたいだし」
「実は何度か出血して、自分でアルコール消毒とかしてた」
 
「冬子、もっと自分を大事にしないとダメだよ」
「そうだけどね・・・」
 
「辛いかもと思ったら、誰か偉い先生に相談するといいよ。冬子、コネは多いみたいだし」
「偉い先生か・・・・」
 
その後は、青葉の最近の“楽しい女子中学生生活”のことを話題にした。
 
「女の子たちとお風呂行っちゃったのか!」
「あの子、わりとおっぱいあるから、タックさえしていれば女湯に居てもほとんど違和感が無い」
「まあ、そういうほぼ貸切に近い状態なら、女湯に入っちゃってもいいかもね」
 
「だけどケイちゃんも男湯には入ったことが無いという噂が」
と千里が突っ込むと
 
「それどこで聞いたの〜?あまり突っ込まないで」
などと冬子は言っている。
 
その話はスリファーズのデビューイベントの時に冬子が自分で話したのだが、千里はそれをスリファーズの春奈自身から聞いていた。
http://femine.net/j.pl/memories2/64/sma/_hr004
 

青葉の生活のことを色々ネタにして話している内に、冬子は眠ってしまったようである。千里は《びゃくちゃん》に、冬子の造膣術の傷跡のメンテをしてあげてと言った。
 
ところが《びゃくちゃん》は
『これ、ほとんど治ってるよ』
と言う。
『うそ!?昨夜は随分辛そうだったのに』
 
『もしかしたら誰か親切な人が治してあげたのかもね。なんか凄そうな人がいたし』
『ひょっとして瞬嶽さん?』
『あの人、既に人間やめてる感じ』
『あぁ・・・』
 
『なんかついでに小さな子宮と卵巣まで形成されてるけど』
『はぁ!?何それ?』
『小さくて妊娠は不可能だと思うけど、これ生理起きるかもね』
『親切だね〜』
『でもこれならホルモン剤飲まなくても女性ホルモンは常に供給されるよ』
『ああ、それは助かるだろうな』
 

放送局に着く15分くらい前に車をいったん停め、冬子を起こしてメイクをするといいよと言った。
 
「15分前に起こしてくれるのがやはり女同士の良さだなあ」
「ああ。男の人はメイクに時間が掛かることを思いつかないだろうね」
 
「でもホントありがとう。ぐっすり眠れたよ」
「無理しないようにね」
「うん。助かった」
 
冬子を放送局で降ろした後は、運転を《きーちゃん》に代わり、自分は仙台駅で降ろしてもらった。《きーちゃん》が車を返却している間に新花巻までの切符を買って新幹線に乗り込む。《きーちゃん》も発車間際に戻ってきて千里に吸収された。千里は花巻までぐっすりと眠っていった。
 

9:15に新花巻に到着する。千里は新幹線を降りると駅近くのトヨレンで予約しておいたエスティマを借りる(以下エスティマC)。そして花巻空港で新千歳から来た越智舞花、伊丹から飛んできた竹田宗聖と渡辺佐知子を拾い、新花巻駅に移動して東京から移動してきた海道天津子と、同じく東京から来た政子を拾う。そして11時頃花巻を出て大船渡に向かった。
 
千里たちから少し遅れて、10時すぎに文月(彪志の母)がエスティマAで一ノ関駅に入り、新幹線で来た和実・淳・あきら・小夜子と落ち合って、取り敢えずカフェで一休みする。これは妊娠中の小夜子の体力にも考慮したものである。1時間後の新幹線で中村晃湖・村元桜花・山川春玄が到着するので、この7人を乗せて大船渡に向かった。これが11:30頃である。
 
更に宗司(彪志の父)がもう一台のエスティマBで文月に1時間半遅れて一ノ関に到着。この駅に集結していた礼子の友人たち5人を乗せて大船渡に向かった。これが12:30頃である。
 
3台の送迎車は、C 12:30, A 13:00, B 14:00 と到着し、Bの車が到着した所で、本葬儀を開始した。
 

昨日同様、瞬嶽が導師、法嶺と§§寺の住職が脇導師を務めて僧3人により葬儀は進められた。
 
この日参列した人は200人以上であった。会葬御礼を最終的に180枚出しているが、数人でまとめて香典を渡した人もあった。多人数でまとめて香典を出した人や、香典は無いものの参列だけしてくれた人には記念にボールペンを渡したが、これが120本出ているので、ひょっとしたら300人近く来ていたのかも知れない。
 
身内(9) 川上青葉、高園桃香・朋子、村山千里、鈴江彪志・文月・宗司、佐竹慶子・真穂
霊能者(10) 藤原直美・民雄、山園菊枝、長谷川瞬嶽、竹田宗聖、中村晃湖、村元桜花、山川春玄、渡辺佐知子、海藤天津子
クロスロード(5) 中田政子、工藤和実・月山淳、濱田あきら・小夜子
岩手の友人(6) 咲良母娘、早紀母娘、椿妃母娘。
高岡の友人(3) 美由紀、日香理、小坂先生
その他(1) 越智舞花
広宣の知人(3) 白石など3人
礼子の友人(5) 5人
僧(2) 川上法嶺+§§寺住職
ここまで44人
 
青葉の元同級生、コーラス部の友人 60人ほど(柚女・歌里を含む)
未雨の同級生 30人ほど(鵜浦を含む)
祖母の知り合いの老人たち(大量)
 

未雨の同級生だった子たちはちょうど夏休みに突入した所でもあり、誘い合って大量に来てくれたのだが、葬儀が始まる少し前、瞬嶽はその中に1人の女生徒の顔を見つけ視線で合図をした。向こうも微笑んで葬儀場の横手のあまり目立たない場所に来た。
 
「ようこそ、はるばる長崎から」
と瞬嶽は言った。
 
「多分、こうちゃんが降りてくるんじゃないかと思ったから、来てみた。しばらく会ってなかったし」
「そうだなあ。前会ったのは20年くらい前だっけ?」
「ボクも昔のことだからよく覚えてないよ。まだ生まれ変わる前だったし」
と女子高生は言う。
 
「名前は、さっちゃんでいいの?それともちーちゃん?」
「さっちゃんでいいよ。ちーちゃんの時は早死にしちゃったから、あの名前は当面使わない」
 
「でも前回会った時はさっちゃんも80歳くらいだったから、そういう若い姿を見ると、年甲斐もなくときめいてしまう」
「セックスしたければ、またさせてあげるよ」
「さすがにもう男は卒業している。後は輪廻の彼方に逝くだけだよ」
 
「こうちゃんも、転生すればいいのに。その身体既にかなり死にかけてるじゃん」
「やはりそうか?」
「転生くらいできるでしょ?」
「やったことないから自信が無い。さっちゃんは何回転生してるの?」
「もう忘れた〜」
「さっちゃんの年齢もよく分からない。だいたい人間やめてるでしょ?」
 
「それはお互い様だね。取り敢えず、こうちゃんが持っている術だけでも、どこかにコピーしておきなよ。そしたら、こうちゃんがどこかで生まれ変わって成人した後、そこからデータを取り出せるよ。それ再度ゼロから身につけるには80年くらい掛かるもん」
 
「霊媒か・・・」
 
「こうちゃんも女の子になって、自分の卵子に直接自分をコピーして冷凍保存しておけば、そんなの使わなくてもいつでも能力と記憶を持ったまま転生できるのに」
と虚空は言った。
 
「僕は女になるつもりはないよ。それにさすがにこの年齢では女になっても卵子が作れない。でも、なぁちゃん(羽衣)は男になったり女になったりして楽しんでいるみたいだな」
と瞬嶽は言う。
 
「むしろ自分が男なのか女なのか分からなくなっていたりして」
「ありそうだ」
 
「でもチラッとみたけど、凄い才能の子がいるじゃん」
「実は僕も目を付けたんだよ」
 
「ふふふ。こうちゃんがどこかで生まれ変わっても、才能を発揮し始めるまで20年くらいかかるよね?その間、ボクがあの子で少し遊んでもいい?」
「壊さない程度にな」
 
「むしろ壊れないようにメンテしてあげようかな。あのタイプの子は壊れやすい。まあ強烈な守護は付いているみたいだけど」
 
「お手柔らかに」
 

14時頃始まった葬儀は、瞬嶽がサービスでたくさんお経を唱えてくれたし、焼香する人の列が凄まじかったので、けっこうな時間が掛かった。千里や和実などは疲れて途中で控室で休んでいた。
 
葬儀が終わった後は、未雨の同級生、青葉の同級生やコーラス部員たち、祖母の知り合いたち、合計150人くらいが退場する。
 
この時、小さなトラブルが起きていたのに気付いたのはここに居たメンツの中では2人だけであった。
 
葬儀が終わった所で瞬嶽を含めた僧3人がいったん退場する。その時、瞬嶽の心臓目掛けて“ナイフのようなもの”が飛んできたのである。瞬嶽はヒョイと左手を振ると、その飛んできたものを倍のサイズ!に変換して跳ね返した。
 
退場しようとしていた老人たちの群の中で、ひとりの老婆が突如うずくまる。
 
「どうしました?」
と近くに居た老人が声を掛けるが
「大丈夫、大丈夫」
と言って、老婆に変装した羽衣は立ち上がった。出血している所は手で押さえているので、とりあえず老人ホームまで戻る間は持ち堪えるかな?と羽衣は思った。
 
「全くあいつは手加減を知らない」
と羽衣は呟いた。
 
『しかし心臓に穴があいてるぞ。早く治療しないとやばいな』
と羽衣は内心思っていた。
 
退場しつつあった女子中高生の一群の中にいた虚空は、おかしくて笑ってしまいそうなのをグッと我慢していた。ここは青葉の元同級生と元コーラス部員、更に未雨の元同級生まで混じっているので、知らない顔があっても不審に思われなくて済むのである。
 
しかしこの時、日本の三大トップ霊能者がひとつの部屋の中に居たことは、瞬嶽と虚空以外誰も知らない(羽衣は虚空に気付いていない)。
 

そて、その150人ほどが退場した後は、残った50人ほどで初七日の法要をした。もっとも実際には既に震災から134日が経過している。
 
そして初七日法要の後は、精進落としをするが、早く帰らなければならない人はここで帰る。これを2台のエスティマで送って行くことになった。
 
一関組:エスティマC:藤原夫妻(出雲)・山川(静岡)・礼子の友人5人(県内)
花巻組:エスティマB:竹田(神戸)・渡辺(博多)・中村(東京)・村元(栃木)・天津子(旭川)
 
一関組のエスティマは藤原民雄が運転し、そのまま一関のトヨレンで返却する。花巻組のエスティマは、菊枝が運転して往復してくれるよう、青葉は頼んだ。
 
しかし、菊枝の運転があまりにもワイルドなので、乗っていた全員が内心悲鳴をあげる。たまりかねた竹田が言った。
 
「山園君、ちょっと車を脇に寄せて停めて」
「はい?何かありました?」
「みなさん、一度降りましょう」
 
それで全員降りる。
 
「体操しましょう」
と言って、竹田は腕を伸ばしたり、屈伸運動などをしたりする。他のメンツも色々身体の筋を伸ばしたりした。
 
そして竹田は宣言した。
「ここから先は僕が運転する」
 
菊枝は不満そうだったが、他の全員がホッとした表情をした。そして竹田はさっさと運転席に座り、仕方なく菊枝は2列目に乗った。
 
それでこの車は事故を起こすこともなく!無事新花巻駅と花巻空港に到着したのである。菊枝は花巻空港からの帰り、空のエスティマを運転して大船渡に戻った。
 

精進落としまで終わった所で帰る面々は今度は千里がエスティマAで一ノ関まで送って行った(花巻より一ノ関の方が南である。念のため)。
 
これに乗ったのは、政子、濱田あきら・小夜子、工藤和実・月山淳といったクロスロードの面々で、楽しく男の娘論議などしながら一ノ関まで行った。
 
菊枝の車が戻ってきたのが19時半、千里の車が戻ってきたのは21:30頃である。それで22時から、残った面々で軽食を取りながら少しおしゃべりをした。この時点で残っているのは↓22名である。
 
身内(9) 川上青葉、高園桃香・朋子、村山千里、鈴江彪志・文月・宗司、佐竹慶子・真穂
霊能者(2) 山園菊枝、長谷川瞬嶽
岩手の友人(7) 咲良母娘、早紀母娘、椿妃母娘、柚女。
高岡の友人(3) 美由紀、日香理、小坂先生
その他(1) 越智舞花
 
この中で菊枝と瞬嶽はこの歓談には参加せず、宿の一室で菊枝が瞬嶽の口述筆記をしていた。
 

翌24日の午前中に5つの骨壺を真新しいお墓に納骨した。普通は四十九日に納骨するのだが、四十九日も百ヶ日も、とっくに過ぎている。納骨に立ち会ったのは、川上法満、青葉、朋子、桃香、千里、彪志親子、佐竹親子の10人であった。
 
その後、ここまで残っていた22名で昼食を一緒に取った後、帰途に就いた。
 
咲良母娘は自分たちの車で八戸に戻る。彪志親子も自分たちの車で一関に戻る。早紀母娘と椿妃母娘に柚女、佐竹慶子は地元である。
 
残りは二台のエスティマに分乗して帰る他、菊枝は自分のパジェロ・イオで高知に帰る。
 
一関組:エスティマA:青葉・朋子、美由紀、日香理、小坂先生
花巻組:エスティマB:千里、桃香、舞花(札幌)、真穂(盛岡)
 
そして問題は瞬嶽であった!
 
青葉も、千里や桃香も、瞬嶽は菊枝の車に乗って高野山に戻るものと思っていた。ところが、車が出るという段になって、瞬嶽が千里の車の方にやってくる。
 
「村山君、こちらに乗せてくれんか?」
「はい。定員はあまってますから良いですが、菊枝さんの車で帰る予定ではなかったのでしょうか?」
 
「いや、山園の車に乗ったら、高野山に行く前に西方浄土に逝くことになりそうだ」
瞬嶽。
 
「師匠、大丈夫ですよ〜。帰りはもう少し慎重に運転しますから」
と向こうで菊枝が言っているが
 
「いや、僕はこちらに乗せてもらう」
と瞬嶽は言った。
 

その花巻組のエスティマ車内では、瞬嶽が女子大生4人のアイドルと化していた。
 
「へー。AKB48って秋元康がやってるの?じゃおニャン子クラブの妹分みたいなもの?」
「師匠、おにゃん子をご存じですか?」
「僕、『セーラー服を脱がさないで』とか歌ったよ」
「ぜひ聞かせて下さい!」
 
それでこの4人は125歳の瞬嶽が歌う『セーラー服を脱がさないで』を聞くという貴重な体験!をしたのであった。
 
「師匠、音が完全に合ってます。絶対音感をお持ちですか?」
「ああ、なんかそんなこと20年くらい前に言われたことある」
 
「師匠、もしかして千日行をしながら、おにゃん子を歌っているとか?」
「うん。回峰しながら、℃-uteとか宇多田ヒカルとかt.A.T.u.とか歌ってるよ」
「すごーい!」
 
それでみんなで乗せて瞬嶽が歌う『Я сошла с ума(All the things she said)』も聞くこととなった。
 
「ロシア語もうまい!」
「音で覚えただけだから、意味は分からない」
「でもそこまで耳コピーできるのが凄いです」
 
瞬嶽は他にもアイドルのことをよく知っていて、モーニング娘。やジャニーズの話題で大いに盛り上がった。瞬嶽がSMAP, V6, TOKIOなど比較的年長のユニットだけでなく、Kis-My-Ft2, Hey! Say! JUMP などもよく知っていて、NEWSのメンバーの脱退順序、モー娘。のメンバー変遷などもしっかり言えたので、4人は驚いていた。
 
「NEWSの3人が辞めた順序は私も怪しいのに」
と真穂。
 
(この時期は錦戸・山下が辞める前なので、3人というのは森内・内・草野)
 
「モー娘。は後藤真希ちゃんが卒業したあたりまでしか分からない」
と舞花も言っていた。
 

やがて花巻に到着し、花巻空港で舞花を見送り、花巻駅のトヨレンで車を返却して駅に入る。瞬嶽は自動改札機に驚いていた。
 
「噂には聞いていたけど、実物を見たのは初めてだよ」
 
真穂は17:41の盛岡行き《やまびこ265号》、千里・桃香・瞬嶽は17:52の東京行き《やまびこ264号》に乗車した。この車内では千里たちは青葉のことを色々話した。瞬嶽は言った。
 
「僕は実際問題としてもう2年も寿命が残っていないと思う。だから君たちにこの後、青葉が1人前になるまで、あの子を守ってくれるようお願いできないか?」
 
「はい、そのつもりです」
と桃香は答えたが、千里はじっと瞬嶽を見た上で
 
「分かりました。それって私たちにしかできないことのようだから、お引き受けします」
と答えた。
 
瞬嶽は頷いていた。
 

東京に着いた後、桃香は千葉に戻って、頂いた香典の整理をすることにし、千里は瞬嶽を高野山まで送って行くことにした。千里は瞬嶽と一緒にタクシーに乗って、葛西のインプレッサを駐めている駐車場に案内した。
 
「スバルの車だね」
「お目が不自由なのに、よく分かりますね」
「メーカーそれぞれの固有の波動があるよ」
と瞬嶽は言っていた。
 
それで千里は瞬嶽を助手席に乗せて高野山に向かった。
 
「他の人が居る所では話しにくかったのですが、昨年9月にインドに行ってきまして。*****さんに会いました。私が会いに行ったのではなく、向こうが私を捜し当てて来られたんですよ」
 
「ほほお」
 
「それで、今年の夏にシュンガクという人に会うだろうから、その時は『先に待っているからRCでも酌み交わそう』と言っておいてくれと言われたんです」
 
「そうか・・・」
 
「あの時はお元気そうだったのに、こんなに早く逝ってしまわれるとは思いませんでした」
 
と言って千里は少し涙目になる。千里が昨年インドで会った人物は今年の4月に亡くなっている。千里は手塚治虫全集と藤子不二雄全集を彼に送ったのだが、御礼の直筆の手紙(マラーティー語)を頂いた。宝物である。
 
「まああいつも派手にやってたからなあ」
 
「お会いになられたことあったんですか?」
「幽体では何度も会っているよ」
「へー!」
 
「僕とドイツのミュンツァー、インドのあいつ、ロシアのエカチェリーナ、メキシコのゴンサレス、このあたりでよく幽体でエベレストの頂上とか、サウスジョージア島とか、ケルゲレン島とか、人里離れた所で遊んだよ。しかし今生き残っているのは、ミュンツァーだけだな」
 
「そういう人里離れた所で会うのは、やはり“おいた”をなさるためですか?」
「そうそう。氷山を誰かいちばん沢山破壊するかとか、遊んだものだ」
 
「穏やかなお遊びですね」
「いや、地球を爆破したらやばいからさ」
「確かにやばいですね」
 

瞬嶽は弟子たちに残したいものがあると言ったので、千里は《げんちゃん》を分離して、彼に操作させ、mp3レコーダーに向かって話してもらった。むろん瞬嶽には12人の眷属が全部(感覚的に)見えている。《げんちゃん》にやらせたのは、彼が神秘学に詳しく、よく聞き取れなかった所や同音異義語などを確認してもらうためである。
 
「昔はラジカセとかだったけど、随分小型化されたものができたんだなあ」
と言いながら瞬嶽は、秘伝のようなものをずっと語っていた。
 
運転は千里と《きーちゃん》が交代でして、だいたい2〜3時間おきに休憩したのだが、7月25日の明け方、御在所SAで休憩した時、《くうちゃん》が千里に、瞬嶽に龍笛の演奏を聞かせなさいと言った。
 
それで日の出直前のSAで千里は龍笛を吹いたが多数の龍、鳳凰、天女などが姿を現し、吹いている千里自身「凄い!」と驚いた。
 
「川上の龍笛とはまた違った趣があるな」
「私、あの子にはとうてい勝てません」
「それは考え方次第だと思うよ」
 

瞬嶽は、名阪の針で休憩した時に言った。
 
「村山君にお願いしたいことがある」
「何でしょう?」
「村山君の身体を貸してもらえない?」
「それ生きたままでいいんですか?」
「もちろん。生きていてもらわないと困る。僕の持つ秘伝の技を君の身体に、録音させてもらえないかと思って」
「よく分かりませんけど、後ろの子たちがOKしろと言ってますから、師匠にお任せしますよ」
 
「どこか人里離れた所がいいのだけど」
「丹生川上神社にでも行きましょうか?」
「あそこなら問題無い」
 
「じゃ、くうちゃん、よろしく」
と千里が言うと、車は東吉野村の丹生川上神社(中社)鳥居前に駐まっている。
 
「便利だね、これ」
「便利でしょ?緊急の時とかしか使いませんけど」
「それで裸になってもらいたいのだけど」
「いいですよ」
 
それで千里は車をロックし、フロントグラスと窓にサンシェードを貼り付け、後部座席に行って裸になって横たわった。
 
「ああ、男の娘というのは、やはり嘘だったね」
「そのあたりはご想像にお任せします」
「だいたい君の体内の染色体はXXじゃん。子供産める身体にしてあげようと思ったのに、ちゃんと卵巣も子宮も、本物の膣まであるから一昨日はびっくりした」
「焼香の時に何かされたな、とは思いました」
 
「じゃその内側を使わせてもらうよ」
「どうぞ」
 
「君の女性器と胸に触りたいんだけど、いい?」
「いいですよ。師匠なら、セックスしてもいいですけど」
「僕はもう100年くらい前に男を卒業しちゃったから」
「もしかして初恋の人が死んだので封印したとか」
「・・・・・」
 
千里は突然瞬嶽が沈黙したので困惑した。
 
「え!?」
「いや、何でもない。でも、これって、実は女の子しか媒体にならないんだよ。ペニスがあると、そこから漏れてしまうんだ」
「へー」
「君はペニスが除去されているし、かつてペニスだったものさえ存在しないから、漏れることなく秘術を保管できる」
 
「ふふふ」
 
それで瞬嶽は右手薬指を千里のクリトリスに当て、左手薬指で千里の肋骨の1本1本に触りながら、そこに自分の持つ秘術をコピーしようとしたのだが・・・
 
「あ、このクリトリスはペニスの先を改造したものだ」
「よく分かりますね」
「悪いけど、これ本物に交換してもいい?」
「お任せします」
 
それで瞬嶽は何かしていたようである。
 
「これで本物のクリトリスになったから」
「はい」
 
それで瞬嶽は、あらためて秘術をひとつずつコピーして行った。
 
「これある程度の能力を持っている者に、ここに触らせるとその者はその秘術を使えるから」
 
「クリちゃんに触らせるんですか?」
「そちらは記録する時だけ使う。再生は肋骨だけでいい」
「クリちゃんにはあまり触られたくないと思いました。師匠はいいですけど」
「魂を励起するのに必要なんだよ。悪いね」
 
「でも私はハードディスクなんですね?」
「そうなんだよ。でも君の身体には既に多数の秘術が封印されている」
「へー」
「手と足の指が満杯だよ」
「そんな所にも記録されているんですか?」
「後で肋骨のどれに何の術を記録したか、両手両足のどの指にどんな術が封印されているか言うからこれが終わったらメモして」
「分かりました」
 
「青葉が200歳くらいまで生きたら、君が記録している術を全部使えるようになるかも知れないね」
「あの子、そのくらいは生きるんじゃないですか?途中で人間はやめるかも知れないけど」
 
「ああ、確かに人間としてはあと60年くらいだろうけどね」
 

「そういえば、通夜の時に、青葉と私と唐本冬子、佐竹真穂、に何かなさいましたよね。あれは結局何だったんですか?」
 
「君の場合は、女性器は装備されていたけど、生理が始まっていないみたいだったから、その周期をスタートさせた。だから君の身体の時間で半月後くらいに初潮があると思う」
 
千里はチラッと《いんちゃん》を見る。
「その最初の生理が大学1年の時の5月14日だよ」
と《いんちゃん》は言った。
 
「私その頃、何してたかな?」
「雨宮先生を迎えにドイツに0泊往復する直前だよ」
「ああ、確かにあの時まだ生理中だった気がする。でもあれが初潮だったのか!」
 
「君は面白いね。歴史通りに生きてない」
「すみませーん。色々経緯があって」
 
「青葉とあの歌手さんも同じだよ。生理周期のリスタートを掛けた」
「へー」
「青葉はこれまでも何度か生理があったようだが、不安定っぽかったし」
「どういう原理で生理が起きるんですか?」
「君と歌手さんは、普通に女性器に指令を出した。青葉の場合はまだ女性器が無いから、1年後に性転換手術が終わった後、リスタート命令が発動するように仕掛けをしておいた」
 
「なるほどー」
 
「あの霊能者の卵の子は、修行とかをしたことがないみたいで、あまりにも無防備だったから、僕の眷属を1人預けた」
 
「それって凄いことのような気がします」
 

瞬嶽は千里に「瞬里」の名前をあげたいと言った。
 
「分かりました。謹んで頂きます。でも私、お経とか知りませんけど」
「全然問題無い」
「般若心経くらいは唱えられるけど、私の般若心経は笑われるんです」
「なんで?」
「聞いてみられます?」
「うん」
 
それで“コピー作業”が終わった後で、千里は服を着てから般若心経を唱えた。
 
「観自在菩薩、行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。
舎利子、色不異空、空不異色、色即是空、空即是色、受想行識、亦復如是。舎利子、是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。
是故空中、無色無受想行識、無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法、無眼界乃至、無意識界。無無明亦無無明尽、乃至無老死、亦無老死尽。無苦集滅道。無智亦無得、以無所得故。菩提薩垂、依般若波羅蜜多故、心無圭礙、無圭礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。
故知般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説般若波羅蜜多呪、即説呪曰。
羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦。
菩提娑婆訶。般若心経」
 
瞬嶽は笑ったりせずに、むしろ感心したように聞いていた。
 
「僕の寿命が今の般若心経で1ヶ月くらい延びたかも知れない」
「そうですか!?何なら高野山に着くまでずっと唱えてましょうか?」
 
「それもいいけど、僕の口述の録音のほうを頼む」
「はい!」
 
それでその後、高野山★★院に向かう2時間ほどの間、千里は(正確には《げんちゃん》が)瞬嶽の口述の録音作業をした。意味の取りにくい所は彼が適宜質問して確認するので、瞬嶽は感心していた。
 
「師匠、このmp3レコーダーと電池、お渡ししますので、山の上でも録音なさいませんか?」
「そう?じゃ借りていこうかな」
「後で回収に行きますよ」
「ああ、君なら僕の庵まで来られそうだね」
 
それで《げんちゃん》は★★院に着く直前に録音したデータをパソコンにコピーして空っぽにした上で、mp3レコーダを瞬嶽に渡して使い方を教え、乾電池もたくさん渡した。
 
「何かトラブルがあったり、電池が足りなくなった時は呼んで下さい。“誰か”行かせますし」
「君、いい子たちを連れているみたいだね」
 
それでこの後、亡くなるまでmp3レコーダに色々吹き込むのが瞬嶽の日課に加わった。その膨大な内容は文書化するのに10年以上の月日を費やすことになる。
 

チリのプエルトモントでは、U19世界選手権の決勝トーナメントが行われていた。
 
7月22日に行われた準々決勝で日本はオーストラリアと対戦し92-83で敗れてしまった。23日には5-8位決定戦でカナダと対戦。健闘したのだが、77-71で落としてしまう。それで24日は7-8位決定戦に回るが、ここで対戦することになったのがまさかのロシアである。
 
しかしこの試合を日本は接戦の末71-66で勝利。
 
それで結局7位で終了した。
 
王子はこの大会でも得点女王に輝き、U21とのダブル受賞となった。しかし本人は得点女王にはなったものの、チームの成績が良くなかった(日本では健闘と報道された)のが不満だったようである。
 

U19一行は下記の日程で帰国した。
 
7.25 PMC 16:30-18:05 SCL (H20020 A319 1h35m)
SCL 21:30- 7/26 0:10 LIM (LA600 787 3h40m) (機内待機)
LIM 1:40-7:55 LAX (LA600 787 8h15m)
LAX 11:50- 7/27 15:15 NRT (JL7015/AA169 777 11h25m)
 
そして、このメンツの中で高校生の6人はすぐにインターハイが行われる秋田に向かう。
 
成田空港 7/27 17:16-18:18 東京 (成田エクスプレス40号)
東京 19:00-23:54 秋田 (こまち141号)
 
プエルトモントの時刻帯はUTC-4なので、7.25 16:30は日本時間では7.26 5:30になる。それで彼女たちにとっては約42時間半の旅であった。
 
6人というのは、高梁王子(岡山E女子高)、水原由姫(岐阜F女子高)、小松日奈(愛媛Q女子高)、松崎由実(旭川N高校)、原口紫(同左)、久保田希望(札幌P高校)である。
 
インターハイは王子たちが到着した9時間半後の7/28 9:30から試合が始まる。但し6人の中で28日に試合があったのは、愛媛Q女子高の小松のみで、他の5人はシードされていて不戦勝だったので、5人とも28日は練習免除にして軽い調整に留めたようである。また小松も実際は28日はベンチに座っていただけで試合には出なかった。
 
そういう訳で彼女たちは29日の2回戦から登場した。
 
29日の結果(2回戦)
 
香川E×−○旭川N 静岡L×−○大阪S 三重Y×−○宮城K 大阪E×−○愛媛Q
秋田Y×−○福岡C 沖縄W×−○千葉X 市川A×−○石川B 中津N×−○岐阜F
岩手B×−○東京U 茨城S×−○岡山E 山口K×−○山形Y 相模F×−○金沢T
静岡F×−○札幌P 埼玉M×−○福岡W 東京T×−○愛知J 和歌L×−○山梨F
 
強豪の中でも静岡L学園、東京T高校、大阪E女学院、茨城S学園が組合せに泣くことになる。U21監督の篠原さんが監督を務める茨城S学園も、高梁王子を擁する岡山E女子高にダブルスコアで敗北する。試合後ロビーで篠原さんと遭遇した王子は「圧勝して済みませーん」と言ったが、篠原さんは「優勝してね」と声を掛けた。
 
30日の結果(3回戦)
 
大阪S×−○旭川N 宮城K×−○愛媛Q 東京U×−○岡山E 金沢T×−○山形Y
千葉X×−○福岡C 石川B×−○岐阜F 福岡W×−○札幌P 山梨F×−○愛知J
 
近年実力上昇中の福岡W大付属も札幌P高校の厚い選手層の前に沈んだ。山梨F学苑の吉田愛美はリバウンドも得点も取りまくり、センター対決としては愛知J学園の山本みどりに圧勝したものの、J学園の集団戦に敗れてここで消えた。得点としては2点差であった。岡山E女子高は今日もインターハイ常連の東京U学院にダブルスコアで勝った。
 
取り敢えずここまではU19世界選手権に行って来た6人の所属高校は全部残っている。そしてここからいよいよ強豪同士の本格的な潰し合いが始まる。
 

千里は瞬嶽を25日お昼頃に高野山★★院で降ろした後、千葉に向けてゆっくりと途中休憩しながら帰って行っていたのだが、25日の夕方、湾岸長島PAで休憩している時に、A代表監督の城島さんから電話があった。
 
「村山君、今どこに居る?」
「今、ギリギリ三重県です。長島パーキングエリアにいます」
「それ、どちらに向かっているんだっけ?」
「東京方面です」
「だったら、明日の午前中、東京に来れる?」
「はい、参りますが」
 
「明日、大村でのアジア選手権に出るA代表12名を発表するから、その記者会見に出て欲しいんだよ。だから一言メッセージも考えておいて」
 
「私がA代表に入るんですか?」
「えっと、その件は、君と佐藤(玲央美)君と高梁(王子)君は確定と最初から伝えてあったと思うが」
 
「皆さん凄いから、今回は落選かと思ってました!」
 
「君を落とす訳ないじゃん。記者会見はAホテルだけど、その前にユニフォームとかも渡すから、午前9時までにナショナル・トレーニング・センターに来れる?」
 
「はい、参ります」
 

それで千里はその後、トイレ休憩を除いてノンストップで東京まで走り、夜11時頃、葛西のマンションに入る。そして、取り敢えず寝た!
 
7月26日朝5時頃目を覚ます。身体がここ数日の、高校時代の身体(正確には性転換手術を受けた3ヶ月後くらいでローキューツに入る前の身体)から、しっかり鍛え上げられた“今の身体”に戻っているのを確認する。軽く4kmほどジョギングしてきてからシャワーを浴び、美容液パックして少し顔を引き締める。それで朝御飯を食べてから代表の練習用ジャージとジャケットを着て、合宿用の着換えなどを用意し、バッグに詰めてインプレッサに放り込む。そして8時頃、東京北区の味の素ナショナル・トレーニング・センターに顔パスで!入り、選手用の駐車場に車を駐めた。
 
中に入っていくと、ロビーに玲央美や誠美がいる。
 
「早いね」
と千里が声を掛けるが
「私たちはU24で合宿中」
「あ、そうか!」
 
U24(non Univ)チームは7月23日から28日までここで合宿をしている。その後、29日に台湾に渡って、ウィリアム・ジョーンズ・カップに出場する。
 

9時、予め連絡していたA代表に選ばれた選手は会議室に入って下さいという連絡がある。U24の練習も9時からなので、そのメンバーとおしゃべりしていた千里は玲央美と一緒に会議室に入った。
 
そこに集まってきたメンツを見て「へー!」と思った。
 
すぐに城島(きじま)ヘッドコーチ、飯田アシスタントコーチ、山倉アシスタントコーチ、そして松本チーム代表が入って来た。
 
「それではここに集まってもらった11名と、あと1人まだ海外に居る1名がA代表なのですが、あらためて名前を呼びます」
 
と言って松本代表が12名の名前を読み上げた。
 
PG 羽良口英子(WNBA-Phoenix) 武藤博美(エレクトロウィッカ)
SG 三木エレン(サンドベージュ) 花園亜津子(エレクトロウィッカ) 村山千里(ローキューツ)
SF 広川妙子(レッドインパルス) 佐藤玲央美(ジョイフルゴールド)
PF 横山温美(CDバレンシア) 月野英美(フラミンゴーズ) 高梁王子(岡山E女子高)
C 馬田恵子(エレクトロウィッカ) 黒江咲子(レッドインパルス)
 
千里は2月に「羽良口・横山・馬田・花園・佐藤・村山・高梁の7名は確定で、残り5人は調子を見て決める」と言われていた。しかし三木エレンの落選は考えにくいので最終的に自分は落とされるのではと思っていた。まさかシューターを3人入れるとは思ってもいなかった。
 
「高梁君はチリでのU19選手権が終わって移動中です。現在チリの首都サンティアゴで、ロサンゼルス行きの飛行機を待っている所だと思います」
 
「あれ飛行機を4つ乗り継ぐんでしょ?」
「地球の裏側から戻って来るから大変だよね」
 
「でもシューター3人なんですね」
と途中で追加招集され、そのままロースターに入ってしまった月野英美が言う。
 
「はい。今回のアジア選手権は優勝しなければオリンピック切符がつかめません。そのためには背の高い中国人選手に対抗するのにシューターは大事ということで現時点で考え得る最高の3人を選びました」
と松本代表は言う。
 
アジア選手権で、日本は1970年に優勝して以来、ずっと優勝からは遠ざかっており、韓国と中国が優勝を分け合っている状態である。日本は2位になったのも2003年度(開催は2004年1月にずれ込んだ)が最後である。1970年に優勝した時、藍川真璃子が代表チームに入っていた。
 

新しい代表ユニフォームが配られる。背番号はこのようになっている。
 
4.三木エレン 5.羽良口英子 6.横山温美 7.馬田恵子 8.広川妙子 9.黒江咲子 10.武藤博美 11.月野英美 12.花園亜津子 13.佐藤玲央美 14.村山千里 15.高梁王子
 
「まあ、年齢順に近いかな」
などと武藤さんが言う。
「若干年齢順と違う所がある」
と広川さん。
 
「多分早く引退する順」
と三木さんが言うが、みんなさすがに反応できない。
 
「これはきっと番号の大きい人が潜在能力が大きい」
と羽良口さんが言うので少し笑い声が起きた。
 
「確かに確かに。私なんか既に能力を全部使い切って、潜在能力がマイナスだもん」
と三木さんは言っている。
 
番号順で、三木さんがキャプテン、羽良口さんが副キャプテンとなる。しかし実質的なチームの中心はたぶん広川さんと武藤さんだろうな、と千里は思った。
 
マイクロバスで都内のホテルに移動し、10時から記者会見をした。全員ひとことずつ選手権に向けての抱負を語ったが、王子のメッセージは電話で城島さんが聞いた内容を“最も年齢の近い人”として千里が指名されたので、千里が代読した。
 
 
前頁次頁目次

1  2  3  4 
【娘たちの継承】(1)