■Les amies 振袖は最高!(1)

[0目次][#次頁]
次頁目次

↓↑BottomTop


 
(c)2011.01.10-13 Eriko Kawaguchi
 
小夜子はその日の興奮を少し鎮めてから帰ろうと思い、夜の街を当てもなく歩いていた。夜風が冷たくて気持ちいい。街灯りが退廃的でなぜかほっとする。歩道橋を渡っていたら下を通る車のヘッドライトがなぜか新鮮に思えた。しばし眺めてみる。
 
子供の頃、こうやって友達と一緒にずっと車の行くのを眺めていたりしてたななどと思った時、誰かにいきなりぎゅっと抱きしめられた。
 
あまりに驚いたので声が出ない。『きゃー、これって悲鳴出さなきゃいけない?』などと思った時、小夜子を抱きしめた人影が大きな声で言った。
「早まっちゃいけない。生きてれば何とかなるものだから」
『はあ?』
小夜子は訳がわからずに周囲を見た。
「ねえ、君少しゆっくり話そう」
 
↓↑BottomTop

少し離れた所に人が2人ほどこちらを見ている。
ようやく少し事態が理解できた。
「違います。私死んだりしないから離して」
「大丈夫?」
小夜子を抱きしめていた女性?が腕の力を緩めた。
「ただ、夜景を見ていただけです。自殺じゃないです」
「ほんとに?」
といってこちらを心配そうに見るこの人・・・あれ、この人は?
「ええ、だから離して」
その人物はやっと小夜子を解放してくれた。
「アッキー?」と小夜子は戸惑いながらその人物の名前を言う。
「あれ、なんだサーヤだ。久しぶり」向こうも気づいたようで懐かしい愛称を口にした。「うん、ほんと久しぶりね」
 
「その子、お姉ちゃんの知り合い?」
少し離れて見ていた中年の男性が声を掛ける。
アッキーは「ええ、そうです。ちょっと連れてって話をしますから」「別に、私話をすることはないんだけど・・・」
「いいから来いよ。ちょっと下の方を見てごらん」
小夜子ははじめて歩道橋の下に目をやる。
きゃー。なんか凄い人だかりが!!
 
↓↑BottomTop

「夜中に女の子がひとりで寂しげに歩道橋から下を見てたら自殺かと思うさ。さあ、行こう行こう」結局、小夜子はアッキーに促されて、歩道橋を降りた。
そこにパトカーがやってきて、警官が降りてきた。
「身投げしそうな人がいると通報があったのですが」
「あ、大丈夫です。私、知り合いなので連れていきますから」
「おお、無事だったか。それは良かった。じゃゆっくり話を聞いてあげて」
「はい」
 
「私別に・・・」
「いいじゃん、説明していると面倒だ。どこかで甘いものでも食べよう」
アッキーは小夜子を少し離れた所にあるファミレスに連れ込んだ。
ここは24時間営業の店だ。
「何か食べる?ボクおなか空いちゃって」とアッキーが言う。
「私、コーヒーでいい」と小夜子は答える。
アッキーはちょうど水を持ってきたホールスタッフに
「ピザ・マルゲリータ1つ、ホットチキン1つ、シフォンケーキ1つ、お汁粉1つ、それにドリンクバー2つ」と注文した。
「そんなに食べるんだ」と驚いたようにいう。
「サーヤもおなか空いたら後で追加して。今日はボクのおごりにしておくから。今夜は晩ご飯食べ損なったんだよ。新人さんの練習に付き合ってたら。あ、コーヒー持ってくるから座ってて」 
↓↑BottomTop

小夜子は「ふう」とようやく息をついてあらためてまわりを見渡した。もう12時近いのに、テーブルは7割方埋まっている。
 
アッキーがコーヒーをふたつ持ってくる。
「はい、アスパルテーム。サーヤはこれが良かったよね」
「うん」
といって小夜子はあらためてアッキーを眺めた。
「そうやってると、完璧に女の人にしか見えない」
「うん、そう思われるのには慣れてるから、そう思われても気にしない」
アッキーは白いブラウスの上にモスグリーンのカーディガンを着、
下は黒いフレアースカートだ。
「別に女装しているつもりはないんだけどなあ」
「まあ、個人のファッションの感性は自由だと思うよ。もう私も関係無いし」
「美容室のお客さん、女の人がほとんどでしょ。髪型とファッションは切り離せないものだし、女性のファッションが理解できてないと髪型もデザインできないと思うんだよね。それでこうやって女性の服を自分でも着てみているだけで」「仕事場でもそんな感じ?」
「うん。スカート穿いてることが多い」
「でもアッキー、確かにそういう格好が似合ってるよね。『女装してる男』には見えない。ちゃんと女の人に見えちゃう」「うん、まあ子供の頃からそれは言われてたけど、ボクは別にGIDではないし、性転換とかするつもりは無いから。あくまでボクは男だよ」「うん。知ってる」
アッキー・・・・晃がとても男性的な性格で、決断力や行動力にすぐれていることは小夜子がいちばんよく知っていた。思えば晃と別れたあと付き合った男性はみんな優しそうと思ったら頼りなく、しっかりしてると思ったら独善的だったりで、結局誰とも長続きしなかった。晃は性格的には凄くバランスが良かった。気は優しくて力持ち。よく気が回るし、こちらの微妙な心理をよく読んで配慮してくれた。性格だけ見れば最高かも。でも、この女装?趣味に付いていけなかったのだった。 
↓↑BottomTop

「でもサーヤ、しっかり美人になってる。彼氏いるの?」
「ありがと。恋人はいないけど、アッキーとまた恋人になるつもりはないから心配しないで。でもアッキーも随分美人になったんじゃない?」「ありがとう。昔からするとお化粧の技術が上がったからかな。一応プロだし。それとボクもしばらく恋するつもりはないから大丈夫だよ」「お客さんのメイクとかもするの?」
「するよ。若い女の子向けにミニ・メイク教室とか美容室でやったりもしてるよ。けっこう女性の美容師さんでも系統だてて説明できる人はいなくて」「へー」
「まあ少人数の美容室だから、そういう仕事もやらせてもらえるんだろうけどね。大手だと、メイクとか着付けは女性の美容師さんの独占だ」「ああ、前の美容室やめたのね」
「うん。あそこでは一応シニア・スタイリストまで行ったけど、大手は基本的に分業方式だからね。ひとりのお客さんの、髪を切る人、シャンプーする人、パーマ掛ける人がぜんぶバラバラ。どうかすると左右で別の人がパーマ掛けたり。それでは『その人の髪』にちゃんと責任を持てないと感じて、マンツーマンで、ひとりのお客さんの髪について全部ひとりの美容師が担当する方式の所に移ったんだ。給料は安くなったけどね」「へー」
「おかげで、ここではメイクとか着付けとかもさせてもらえる」
「着付け?相手は女性よね」
「うん。ただし肌襦袢までは女性の美容師さんにやってもらって、その後だよ」
「びっくりした。でも、それでもお客さん、男の人に色々触られるの嫌がらない?」
「一応、30歳未満のお客さんは全部女性の美容師さんがする方針。
30歳以上のお客さんで、ボクでもいいという人を担当してる」「でもアッキーだと、ふつうの男の美容師さんとは女の側として受ける印象が違うかもね。半分くらい女の同類かも知れないから、まいっかという感じになるかも」「うーんと・・・・まあ、いいや。そうだ!」
 
↓↑BottomTop

「何か?」
「唐突だけど、サーヤさ、着付けの検定のモデルとかやってくれないかなあ。サーヤ着物好きだったよね。モデル代も払うよ」「検定のモデル?」
「実は今年から着付けの国家試験ができたんだ。それでうちでも着付け担当しているスタッフは全員受験することになって。夏に筆記試験があって、これは楽勝だったんだけど、12月に実技があるんだけど、これが人間のモデルに振袖の着付けをしないといけないんだ」「12月・・・再来月か・・・うーん。特に予定とぶつからなかったらしてもいいよ。私確かに着物好きだし。訪問着くらいなら自分でも着れるし、振袖もうちに10着くらいあるよ。で、肌襦袢とか補正は女性の人がしてくれるんだよね」「いや、これは検定なので、補正や肌襦袢からボクがしなくちゃいけない」
「えー!?」
「それで、実は頼める人がいなくて困ってたんだ」
「うーん・・・・」
「12月7日なんだけど、どうかな」
「アッキー、彼女とかいないの?」
「君と別れたあとは、彼女も彼氏も作ってないよ。忙しかったこともあるし」
わざわざ『彼氏』とまで付けくわえるのがアッキーらしいと思った。
実際、以前交際していた時も、この人実はホモではと思ったりすることもあった。本人が言うにはバイではあるけど男性との恋愛経験はないという話だった。『言い寄られたことはあるけど好みじゃないから断ったよ』などと言っていた。 
↓↑BottomTop

「まいっか。今日の分の借りを返すというところで。7日なら今の所予定入ってないし。有休とってモデルしてあげる」小夜子は手帳を開けて予定を確認して言った。
「助かるよ、ほんとにどうしようかと思ってた」
「それで検定前にもできたら練習で着付けさせてもらいたいんだけど」
「練習か・・・・どのくらいの頻度で?」
「できれば毎週1回くらい。検定の前の数日間は可能なら毎日」
「毎日!?」
「時間帯はそちらの都合に合わせる。深夜でも早朝でも構わない」
「・・・・まあ試験だしね。いいよ。そうだ、今からうちに来て、ちょっと着付けしてみてよ」小夜子はピザをつまみながら言った。実はピザもチキンもほとんど小夜子が食べていた。お汁粉とケーキは全部小夜子が食べていた。アッキーはたぶんピザ一切れくらいしか食べていない。
「今から?夜中だけどいいの?」
「ためらうような仲でもないしね」
↓↑BottomTop

次頁目次

[0目次][#次頁]
広告:放浪息子-完全設定資料集-ホビー書籍部
[携帯Top] [文字サイズ]


広告:モーイモーイ-mooimooi-ロングブーツ-ダークブラウン-【返品・サイズ交換は無料】