広告:オトコのコはメイド服がお好き-Illust-stories-2012-カスカベアキラ
[携帯Top] [文字サイズ]

■危険な同居


[0目次][#次頁]
次頁目次

↓↑BottomTop

(c)2002.04.02 Eriko Kawaguchi

ボクが学資に困っていると言っていたら同じゼミの院生の木下先輩が、うちのアパートに同居しないかと言ってきた。家賃とか別にいらないし、ゼミ関係の資料も沢山置いてるぜ、というのでどちらかというと、あとの方がありがたいので、ボクは今の下宿を引き払うことにした。また木下先輩って、美男子のせいか、女の子たちがよく周りにいる。男のボクから見ても颯爽とした感じで素敵な人だなと常々思っていたから、その憧れの先輩の傍にいられるというのが、何だか嬉しい気がした。

木下先輩の所で落ち着いてから3日目の夜だった。その日は一緒にコンパに出てボクたちは少し酔っていた。ボクが布団で寝ていると先輩がボクを後ろから抱いてきた。ボクは「どうしたんですか?」と聞いたが先輩は答えない。そのうち、カチャカチャとボクのズボンのベルトを外して脱がせてしまう。「ちょっとしたお遊び。な、いいだろ」ボクは何をされるのかよく分からなかったけど、酔っていたし、されるのに任せておいた。すると先輩は自分もズボンを脱いだらしく、やがてボクのおしりの付近になま暖かい感触を感じた。え?「緊張しないで、楽な気持ちで」何のこと?ボクはさっぱり分からなかったけど、酔いで抵抗する力もないので、それを静かに受け入れた。その付近にものすごい圧迫感を感じる。こんなの初めて。ボク何をされてるんだっけ。酔いで頭が働かない。でも先輩のが入ってくる時に何か気持ちいいような気もする。

↓↑BottomTop

先輩は「ごめん。お前があんまり可愛いから、つい気持ちが抑えられなかった」
と言う。「なんか、よく分からなかったけど別にいいですよ」とボクが答えると「じゃ、時々してもいい?」と聞く。ボクは同居させてもらっている恩もあるしそのくらい構わないかなという気がして「この程度でいいなら」と答えた。先輩は何だか嬉しそうだった。

先輩はボクの服のセンスがなってないと言った。確かにボクのってお母さんがバーゲンで買ってくれたものばかりで、自分でも必ずしも好きな服装ではないけど、だってお金が無いんだもん。すると先輩は「こんなの着てみろよ」と時々ボクに服を買ってくれるようになった。派手な色使いの服、襟が大きく開いていて肩胛骨まで見えるような服、ひらひらのレースが付いてるような服。何だか、こんなの着るのって恥ずかしい。でも先輩はこんなのをボクに着せたいらしい。折角買ってくれたものだし、とボクはありがたくもらって着始めた。

↓↑BottomTop

下着も文句を付けられた。ボクの下着って5枚1000円のブリーフ、300円のシャツ。先輩はスベスベした感触の下着を買ってきてくれた。シルク製だって。すごい。そんなの初めて。「先輩、これ、おちんちん出す穴が無いです」「無くてもいいんだよ。上からひょいと出せば、ちゃんとできるぜ」「そんなものなんですか」シャツも変わったデザインで、胸の付近から下にしか布がなく、その上は細いヒモで肩にかけるようになっていた。大胆なデザインだ。よく分からないけど、そういうのが最近はやってるんだって。

先輩は「時々」と言っていたけど実際にはほとんど毎晩、ボクのあそこにあれを入れてきた。入れられるときは感じないのだけど、翌朝くらいに最初のうちはおしりがものすごく痛くて大変だった。でもそのうち慣れてきて平気になっていた。普通上半身は服を付けたままだけど裸にされることもあった。その時は乳首もいじられた。ある晩先輩が、裸にしたボクの乳首をいじりながら言った。「お前、痩せてるな。もう少し肉付けないの?」確かにボクは痩せてる。でもボクはいくら食べても太らない体質なんだ。

↓↑BottomTop

それを言うと先輩は数日後「これ良かったら飲んでみろよ。少し肉が付くと思うぜ」と言って薬を渡してくれた。横文字で薬の名前が書いてある。プレマリンと読むんだろうか。「ありがとうございます」「お前この薬のこと知ってるだろ」
「え?飲んだことないです」「ふーん、飲んだことはない、か。でも知ってはいるんだ。常識だもんな」え?これって有名な薬?ボクは知らないというの、いけないような気がして「はい、少し太れる薬でしょ」と言ってしまった。ボクがその場でその薬を飲むと、先輩は「へえー。やはりその気あるんだな」
とつぶやき、「それ医学部の奴にもらったんだよ。まだもらってくるから、毎日食後に飲むといい」と言われた。先輩って、親切だな。なんだか先輩のことを好きになってしまいそうな気がした。あれ?男の子同士で好きになってもいいんだろうか。よく分からないなぁ。

↓↑BottomTop

ある日先輩はこんなことを言い出した。「お前スカートとか履かないの?」
「え?だってスカートって女の子が履くものなんじゃ」というと「最近は、男でもファッションとして履くんだぞ」という。そういえば、最近テレビでよく見るシャスナとか、シャツナとか、何だかそんな名前のロックグループのボーカルの人がスカート履いてたっけ。ボクてっきり女の人と思っていたのに友達から「何言ってるの、こいつ男だぜ」と言われてびっくりした。へえー、そんなものなのかなぁと思っていると先輩はさっそくスカートを何着か買ってきてくれた。ちょっと恥ずかしい気がしたけど履いてみた。「うん、良く似合う。いつもそれでいろよ」と言った。

↓↑BottomTop

最初は家の中だけで履いていたのだけど、先輩が「馬鹿。外でも履かなきゃ」
と言ってゼミに行く時もそのままの格好で連れ出された。ゼミの人たちも、男の子たちは一瞬だけ変な視線で見てから黙ったけど、女の子たちは「似合ってるよ。可愛い」なんて言ってくれたのでボクも安心した。指導教官はボクがスカート履いていても全然そんなことに興味は無いようだった。

「へえー、木下さん所に一緒に住んでるの」そのことはそういえば誰にも言ってなかった。「きゃー、同棲!」と一人の女の子が言う。「え?男同士でも同棲っていうの?」「だって?男と女じゃない」と一人の女の子が言ったが、別の女の子が指を口の前で横にチッチッと振って「同居でいいのよ、多分。この場合は」と言った。でもそれって、ボクが女の子という意味かな?別にボク女装している訳じゃないのに。

↓↑BottomTop

すると別の女の子が話題を変えるように言った。「でも山田クン、お化粧はしないの?」「え?でもボク男なのに」しかし女の子たちによれば、最近は男の子でもお化粧する子いるんだって。ボクがよく分からないというと、何人かで寄ってたかって、ボクはお化粧をさせられた。鏡の中を見ると、何だかすごくきれい。ボクはこんなのならしてもいいなと思った。女の子たちにそう言うと「じゃ一緒にお化粧品買いに行こう」と連れ出された。
スーパーに行って化粧品コーナーに行く前にトイレに行こうとして、いつものように男子トイレに入ろうとしたら、女の子たちから「山田くんはこっち」
と女子トイレに引き込まれた。「トイレのマーク見てごらんよ。スカート履いてるシルエットはこっちでしょ。山田くんスカート履いてお化粧している時は、こっちに入ろうね」と一人が言う。あれ?それでいいんだっけ。でも女子トイレって面白い。小便器がなくてボックスだけが並んでるし(女の子は立っておしっこしないもんな)、でも手洗いの所が男子トイレよりきれいになってるし、たくさんある。椅子も置いてあってそこでお化粧している女の人もいた。
↓↑BottomTop

化粧品売り場で、ボクは化粧水・乳液・ファンデーション・アイシャドウ、マスカラ、アイブロー、アイライナー、ビューラー、チーク、リップカラー、グロス、クレンジング、洗顔フォーム、マニキュア、リムーバーと買うことになった。全部で2万円ちかく。持ってたから良かったけど、お化粧品ってこんなに高いんだ!!とびっくりした。女の子たちによると、その店はかなり安い方らしい。ボクはやり方がよく分からないと言うとゼミの度に少しずつ女の子たちが教えてくれることになった。ボクのお化粧は木下先輩にも好評だった。「可愛いくなったな」となんだかすごく嬉しそうだった。
↓↑BottomTop

次頁目次

[0目次][#次頁]

広告:Shreanu-バストアップパッド-NEWS