【女の子たちの間違い続き】(上)

前頁次頁目次

 
「とうとう明日、おちんちん切るのね。どんな気分?」
 
そう留実子から聞かれて鞠古君は
「それ愚問」
と答える。
 
「嬉しいとか?」
「なんでだよー!?」
「じゃ、やはり嫌なんだ」
「まあね。でも全部切る訳じゃ無いから」
 
鞠古君はおちんちんに腫瘍ができる病気にかかり、最初に掛かった病院では、おちんちんもタマタマも全部取らないといけないと診断されたものの、別の病院でも診てもらったら、最近開発されてまだ治験中の新しい薬を使って腫瘍を縮小し、その上で腫瘍のできている部分だけを切って、その前後をつなぎ合わせるという手術を受けることになったのである。
 
むろん単純に縫い付ければいいというものではなく、大きな血管の通っている器官だし、性感を損なわないようにしなければならないので、血管や神経を顕微鏡で見ながらきれいに繋いでいくという結構大変な手術のようである。 
鞠古君のおちんちんは引き延ばして14cmくらいあるという。腫瘍自体はその新薬の効果もあり、5mmサイズに縮んでいるが、念のため前後1cmずつくらいを切るらしい。それでつなぎ合わせるから12cmくらいのサイズに短くなることになるが、鞠古君は最初全部切ると言われたのからすると随分マシなので、その手術に同意している。
 
「昔なら、マイクロサージャリーでつなぎ合わせる技術が無いから下手すると腫瘍のある所より先を全部諦めないといけなかったんですけどね」
 
と医師は言っていた。腫瘍のある場所は根元から5cmの場所なので、その先を全部諦めるのなら、鞠古君のおちんちんは3-4cm程度のサイズになってしまうところであった。これだと縮んでいる時は1cm以下なので立っておしっこするのも困難だったろう。12cmもサイズがあれば「普通の使い方」をする限り全然問題無い。また亀頭を失えばかなり性感が損なわれる所だったであろう。今日の手術ではむろん亀頭も無事のはずである。
 
それでも、凄く嫌な気分のようである。
 
「傷が癒えるまでどうしても2ヶ月くらい掛かるみたいでさ。その間絶対に勃起しちゃいけないというので、再発防止の目的も兼ねて大量に女性ホルモンを投与されるんだよね。ってか入院した週末から既に毎日ホルモンの注射を打たれてるんだけどね。男性ホルモン優位の状態を女性ホルモン優位に切り替える必要があると言われて。これで一時的にはバストも大きくなるし、チンコも更に縮むだろうとは言われた。傷が治ったらホルモン減らすからパストは小さくなる可能性あるらしいけど」
と鞠古君。
 
「妊娠中におっぱいが大きくなるけど、産んで授乳も終わると縮んじゃうのと多分同じ」
などと付き添っている鞠古君のお姉さん(花江さん)は言う。
 
「まあ、これ男特有の病気だから、一時的に女にしてしまって、それで治ってから、男に戻すという治療法だよね」
と鞠古君のガールフレンドの留実子。
 
「まあ一時的に女になるかも知れないけど女装はしなくていいみたいだから」
と鞠古君。
 
「女装するというなら今度こそ振る」
と留実子。
 
「そこまで言わなくても。俺、るーが男装するのは認めてやってるのに」
と鞠古君。
 
「花和の男装は凜々しくて格好良いけど、鞠古の女装はきもかった」
などと古くからの鞠古君の親友、田代君が言った。
 

千里たち3人(千里・留実子・田代)はその日朝から留萌を出て、お昼前に病院に入り、鞠古君のお見舞いをしていた。同級生を代表してのお見舞いという名目で学校も公休にしてもらっている。
 
しばらく話している内にお姉さんが
「あ、お茶が切れちゃった。君たちまだ居るよね?」
などという。
 
「いますよー」
と言うと、
「ちょっと買ってくるから、知佐(ともすけ)を見張っててね」
と言って出かけようとする。
 
「何を見張ってるんですか?」
「逃亡しないようにだよ。おちんちん切られるの嫌みたいだからさ」
「ああ、それは逃げたくなるかもね」
と田代君が言う。
 
お姉さんは手を振って、大きなスヌーピー柄の布製トートバッグを持ち出かけた。 
4人で話している内に、田代君が「ちょっとトイレ」と言って席を外した。 
その後、鞠古君が
「あ、ちょっと、るーと2人で話したいことがあるんだけど」
 
と言うので千里が
「あ、じゃ、しばらく売店にでも行ってるよ」
と言ったのだが
「いや。他の患者さんも居るから、るー、ちょっと外に出ない?」
と言う。
 
ここは6人部屋である。鞠古君はその窓側のベッドを使っている。
 
「うん。いいよ」
と言って、鞠古君は留実子と2人で病室の外に出て行った。
 

という訳で、結果的に千里が1人で取り残された。
 
ふう、と何となく溜息を付いて、窓の外を眺める。道路を車が行き交うのが見える。でも鞠古君の手術、うまく行くといいなと思って眺めていた時、若い看護婦さんが入って来た。研修中という札を付けている。新人さんかな?と思っていたら、何か伝票のようなものを見て
 
「えっと・・・ちささん?」
と言った。
 
千里は「ちさとさん?」と言われたような気がして、うっかり「はい」と言ってしまった。
 
「エストロゲンの注射をします。そこ、ベッドに座ればいいかな?」
「え?」
 
と言いつつも千里はベッドに座る。
 
「右手がいい?左手がいい?」
と訊かれるので、
「じゃ、左手で」
と言ったら、看護婦さんは千里のポロシャツの腕をめくり、アルコールで消毒する。
 
え?え?え? なんで私が注射されるの? と思ったが、窓の外を眺めながらボーっとしていた余波で頭が働いていない。
 
それで看護婦さんは薬剤を注射器に取り、少し針の先から出して空気を抜いた上で千里の腕に刺した。「へー。けっこう上手いな、この人」などと思う。刺し方が上手で、ほとんど痛くない。
 
ところが、その注射を打たれている間に、トイレに行っていた田代君が戻ってきた。それで千里の方を見て言う。
 
「村山、なんでお前が注射してんの?」
 
「へ?」
と言ったのは、看護婦さんである。
 
「あのぉ、あなた、ここの患者さんですよね?」
「いいえ、私、お見舞いです」
「えーーーー!?」
 
と看護婦さんは絶句する。
 
取り敢えず注射針を抜き(薬剤は7割ほど注入していた)、刺した所をブラッドバンで留めた上で
 
「でも、ちささんって・・・」
と言う。
 
「私、ちさとです。済みません。ちさとって呼ばれたような気がしたので、うっかり返事してしまいました」
と千里。
 
「看護婦さん、ここの患者は《ちさ》じゃなくて《ともすけ》(知佐)だよ」
と田代君。
 
「済みません、患者は今ちょっと部屋の外で友人と話しています」
と千里。
「村山、だいたい注射される前に気づけよ。見舞いに注射する病院なんて聞いたことないぞ」
と田代君。
 
「ごめーん。今ちょっと、ボーっとしてたもんだから、頭が働かなくて」
と千里。
 
「ちょっと取り敢えず婦長さん呼んできます」
 

看護婦が婦長を呼んできて、事情を聞き、難しい顔をする。すぐに医師が呼ばれて、やってくる。
 
そこに、鞠古君本人と留実子、それに買物に出ていたお姉さんも戻ってきた。 
「私の本人確認が曖昧でした。大変申し訳ありません」
と新人看護婦さんは消え入りそうな声で謝る。
 
鞠古君、それにお姉さんは事情を聞いて、こう言った。
「先生、これ無かったことにしません?」
と鞠古君。
 
「うん?」
 
「女性ホルモン注射はあらためて僕に打ってもらえばいいです。心情的にはあまり打たれたくないけど。村山は女性ホルモン注射を打たれても全然平気だよな?」
 
「うん。私は、むしろ打ってもらいたいくらい」
と千里。
 
「君、ごめん。男の子だっけ?女の子だっけ?」
と医師が尋ねた。
 
「この子は女の子になりたい男の子です」
と留実子が言った。
 
「なるほど」
と言って医師が頷く。
 
「だいたい、フルネームで本人確認すべきでしょ?」
と婦長が言う。
 
「すみません。苗字が読めなかったので、つい下の名前だけで呼んでしまいました」
 
と看護婦。鞠古という苗字は《まりこ》以外の読み方は無いとは思うが、珍しい苗字ではあるので、見たことが無いと悩むかも知れない。
 
「そんな時は伝票の文字を本人に示して確認すればいいんだよ」
と婦長。
 
「伝票にふりがなをプリントすべきだな。これ改善要望にあげておくよ」
と医師は言う。
 

「それで先生、こちらは再度打ってもらえれば全然問題無いですよ」
と鞠古君のお姉さんは言う。
 
「打たれちゃった本人は打ってもらったのはむしろ歓迎。何なら千里のお母さんに電話して確認してください。お母さんもきっと笑って、もっと打ってあげてくらい言うと思います」
と留実子が言う。
 
それで医師はその場で、千里の母の職場に電話を掛けた。本人確認ミスがあり、鞠古君に打つべき女性ホルモンの注射を誤って千里に打ってしまったことを告げる。
 
すると千里の母は本当に笑って
「ああ、それなら、もっと打ってもらってもいいです。何でしたら、鞠古君の代わりに、その子のおちんちんを切ってあげてください。ついでにタマタマも取っちゃって下さい」
などと言った。
 
そんなことを言われて、千里はドキっとする。本当に切って欲しいよぉ。 
「いや、さすがにそういう訳にはいきませんが、それではこの件はこのままで構いませんね?」
 
「ええ。全然構いません。だいたいぼんやりしてて黙って注射されたうちの子が悪い。私見舞客ですと言えば良いのに。だから無かったことにしましょうよ」
と母。
 
「女性ホルモンなので、女性の生理前症候群のように頭痛などの症状が出たり、また勃起不全になったりする可能性もありますが」
と医師。
 
「頭痛くらいは平気ですよ。勃起はそもそも、その子、立たなくなったらよけい喜ぶはず」
と母。
 
それでこの件は本当に無かったことにすることになった。むろん看護婦さんは厳重注意を受けたようではあったが。
 
鞠古君のお姉さんは
 
「これ、看護婦さんには物凄い勉強になったと思うんです。きっと今後は凄く慎重になるだろうから、首にしないでやってください」
と言い添えた。
 
千里まで
「私、さっき注射された時、すごく注射の上手な人だと思いました。この後も頑張って、いい看護婦さんになってください」
と言う。
 
医師も婦長も
「うん。大丈夫だよ。首にはしないから」
と笑顔で答えた。
 

そういうちょっと誤注射騒動はあったものの、よけい盛り上がった感もあり、鞠古君のお姉さんも含めて5人の会話は楽しく続き、あっという間に夕方になる。そこに鞠古君のお母さんがやってきた。お父さんは明日来るという。お母さんは誤注射の件を聞いてびっくりしていたが
 
「千里ちゃんで良かったね。田代君だったら大変だったね」
などと言った。
 
「るみちゃんでも大変だったね。女の子の場合もそんな注射したら生理が乱れたりするよ」
とお姉さんは言う。
 
「つまり、一番打たれて問題無い人に打たれた訳だ」
というので、みんな改めて納得した。
 
お姉さんが、今日は札幌市内の友人宅に泊めてもらうと言って離脱した。そして18時半頃、今日はいったん引き上げようというので、病院を出る。
 

みんなでホテルに行き、鞠古君のお母さんが「予約していたのですが」と言って名前を告げる。
 
「はい。ツイン2部屋で承っております」
とフロントの人。
 
「え?シングル4つじゃなかったですか?」
とお母さんが訊くが
 
「いえ。ツイン2つになっておりますが」
とフロントの人。
 
思わず、千里たちと顔を見合わせる。
「あのぉ、シングル4つに変更できませんか?」
 
「少々お待ち下さい」
 
フロントの人は奥の方に入って予約の状況を確認していたが
「申し訳ありません。本日は満員で他に部屋の空きがないのですが。今日明日、学会が行われていて、系列の他のビジネスホテルも満杯のようでして」
と答えた。
 
「どうする?」
とお母さんが言うが、決断力のある留実子が
 
「そのツイン2つでいいです」
と言ったので、お母さんも宿帳にサインして鍵を受け取った。
 

荷物をとりあえず全員片方の部屋に放り込み、ホテル近くのファミレスに夕食に出る(宿代・夕食代は鞠古君のお母さんのおごり)。
 
「でも病気の方は新薬がほんとに良く効いたみたいで良かったですね」
と千里は言った。
 
「ほんとほんと、一時はどうなることかと思ったよ」
とお母さんは言う。親としてもここ数ヶ月はほんとに大変だったろう。「あの薬は腫瘍も縮むけど、おちんちんも縮む可能性があるということだったんだけど、腫瘍だけ縮んでおちんちんはあまり縮まなかったみたい」
とお母さん。
 
「まあ8cmあればセックスには使えるらしいですから、余裕の長さですね」
と留実子が言う。
 
「いや、鞠古にはチンコ縮んで無くなったら女になればいいとか冗談言ってたけど、今回のはまるで自分のチンコが切られる話みたいで、むずかゆかったですよ」
と田代君が言う。親友として彼もかなり心を痛めていたのだろう。
 
「ところでさ。さっきから考えてたんだけど、俺たちどういう組合せでホテルの部屋に入ればいいと思う?」
と田代君が訊いた。
 
「男が2人、女が2人だから、どうにかなるとボクは瞬間的に思ったんだけどね」
と留実子が言う。
 
「それさぁ、男は誰と誰で、女は誰と誰なんだっけ?」
と田代君が訊く。
 
「うーん」
と言って千里も、鞠古君のお母さんも悩む。
 
「田代君は男、お母さんは女でいいですよね」
と千里。
 
「まあ、俺は女ではないな」
と田代君。
「でも村山は男なのか女なのか、花和は男なのか女なのか」
 
「見た目の性別で分類すると、田代君とるみちゃん、私とお母さん」
と千里。
 
「戸籍上の性別で分類すると、田代君と千里ちゃん、私とるみちゃん」
とお母さん。
 
「俺もそれ両方考えてみたけど問題がある。多分、いちばん問題が無さそうなのは、俺とお母さん、村山と花和」
と田代君。
 
「あぁ」
と千里も留実子も納得の声を上げる。
 
「田代君の案がいちばん無難な気がする」
ということで、それが採用された。
 
「見た目でも戸籍上でも男女の組合せではあるけど、ほとんど問題が無い」
 
「田代君とるみちゃんの組合せも、田代君と千里ちゃんの組合せも、着替える時に困るよね?」
とお母さん。
 
「俺と、鞠古のお母さんなら親子みたいなもんだから問題無い」
と田代君も言う。
 
千里と留実子はお互い性別問題を抱えている同士でもあり、小さい頃からの親友でお互いの下着姿もしょっちゅう見ている。留実子が男物のシャツにブリーフを穿いているのも、千里がブラジャーにショーツを穿いているのも、お互い見て全く気にならない。お互いに、ある意味では女同士であり、ある意味では男同士なのである。
 
ひとつ違うことと言えば、留実子は小学4年生で生理が来て、現在バストはBカップサイズもあって確実に女として身体が発達してきているのに対して、千里はいまだに精通も声変わりも来ておらず、男の身体にはなっていないことであろう。
 

「だけど、あんたたち、修学旅行とかどうしたんだっけ?」
 
「学籍簿通りですよ」
「るみちゃんは女子部屋だったし、私は男子部屋だったね」
 
「村山が着替える時は同室の男子は全員後ろを向いていたらしい」
「違うよ。ベランダと部屋との間の襖を閉じて、ベランダで着替えたよ」
「ふむふむ」
 
「まあ、そもそも千里は消灯時間の直前まで女子部屋でおしゃべりしてたね」
「なるほど」
「本来、男子は女子の泊まっているフロアへは立入禁止だったんだけど、村山は黙認されてたな」
 
「お風呂は?」
「るみちゃんは女湯に入ってるよね?」
「うん」
「私は男湯に入ったし」
 
「花和が女湯に居たのは蓮菜(田代君の彼女)から聞いてるけど、村山が本当に男湯に入ったのかは疑問だな。後から聞いたのでは、男子では誰も村山を男湯の中で見てない」
と田代君。
 
「すぐバレる嘘はよくないなあ」
と留実子からまで言われる。
 
「そのあたりはみんな追求したそうにしてた」
「ごめん。実はお風呂入らなかった」
「それも嘘っぽいけどなあ」
 
「だって中1にもなって、おっぱい全然無いから、女湯にはもう入れないよ」
などと千里は言ったが
 
「《もう入れない》ということは、かなりの年齢までは女湯に入ってたんだな?」
と突っ込まれる。
 
「えっと・・・」
 
「4年生のキャンプ体験でも女子と一緒に入った可能性が高い。5年生の宿泊体験の時は、明確に女子たちに女湯に強制連行されていた」
と田代君が言う。
 
お母さんは笑っている。まあ、その連行した主犯が蓮菜だからなぁ。
 
千里はこの7月にも女湯に入ったのを蓮菜に知られているのだが、そのことは田代君に言ってないのだろう。
 

「ところで占い師さん、知佐の手術が無事終わるかどうか占ってもらえません?」
とお母さんは言った。
 
千里はこの春から町の神社で巫女さんのバイトをしており、占い師の見習いにもなっている。失せ物とかを結構当てるので、その関係を担当している。 
「そういうのは占ってはいけないと言われてるんですけど」
と千里は言う。
 
古くから占い師は《盗病死》を占ってはいけないとされている。しかし《盗》は問題外としても病気に関する占い依頼はひじょうに多いのも事実である。千里は貴司のお母さんからも言われているのでかなり渋ったのだが、鞠古君のお母さんが、特別にお願い、ここだけの内緒、などと言うので、占ってみることにした。 
十円玉を3枚、手の中で振る。それを取り出して表と裏の出た数を見て記録する。千里はこの動作を6回繰り返した。表が出た枚数は順に、133222であった。 
「地天泰(ちてん・たい)の二三爻変(にさんこうへん)。手術は成功しますよ」
と千里は言った。
 
「十円玉で分かるんだ?」
「これは筮竹(ぜいちく)で言うと十八変筮と呼ばれる、易の教科書によく載っている方法をコインで実行したもの。3枚のコインを6回使っているから18変なんだよね。普通は、もっと簡易な十円玉5枚と百円玉1枚で一発で出す略筮というのをするんだけど、ここは慎重にやってみた」
 
「なるほど」
 
「地天泰という卦は上に女、下に男があるんです。女性上位が安定するんですね」
 
と言って千里は地天泰の図形(:::|||)を描いてみせた。そして下から2番目と3番目の陽爻(|)の横に小さな○を書く。
 
「ほほぉ」
「大吉の卦だから、昔の易者さんはこの易卦を看板にしてたんですよ」
 
「ああ、そういえばそんなの看板に出てたような」
 
「男は天に昇りたがる。女は地に足を着けたがる。だからこの配置はお互いに近づこうとして安定するんです」
「なるほど」
 
「今回の治療は男をやめていったん女にならないといけないから、それにふさわしい卦だと思います。実際2つも陽爻が陰爻に転じている。ホルモン的に女になることと、おちんちんを切ることに相当するんでしょうね。そして之卦(しか)が地雷復(ちらい・ふく)で復活。ちゃんと回復します」
 
と言って千里は隣に復の図形(:::::|)を描く。
 
「地雷復という卦は冬至を表す卦で、今は太陽は低い位置にあるけど、これからどんどん高くなっていくということ。今は陰爻が5つもあってほとんど女だけどこれからどんどん男に戻っていくということですよ」
 
と言いつつその復は自分の今の状態を表すような気もした。今は女の子しているけど、これからやはり男になってしまうんだろうなと思う。それは一種の諦めの境地でもある。
 
「うん。女になれと言われても、後で男に戻れるというのがミソだよな」
と田代君が言う。
 
「まあ、ふつうは性転換は1回だけだから」
と留実子。
 
「ふつうは野球の選手交代みたいなもんだよね。いったん下がったらもう出場できない。鞠古の場合はバスケの選手交代みたいなもんだな。いったん下がるけど、また出場できる」
と田代君。
 
野球と聞いて千里は元彼の晋治のことを思い起こす。野球が得意な晋治は中学では敢えて野球部には入らずに身体の基礎的な力を上げるために陸上をしている。高校から野球部に入ると言っている。T高校の野球部は甲子園にも出たことがある強豪だ。
 
そして鞠古君が新しい治療法を受けられることになったのも医学部を目指していて元々医学医療関係の知識が豊富な晋治がセカンドオピニオンを取った方がいいと言ってくれたことがきっかけである。
 
「俺も1日だけ女になれるなら、なってみたいけどな」
と田代君が言う。
 
「1日だけ女になって、田代何するのさ?」
と留実子が訊く。
 
「そりゃ、女子トイレや女子更衣室に入ったり、女性専用電車に乗ったり、女湯に入ったりするに決まってるじゃん。女湯に入ったら女の裸見放題」
 
などと田代君。蓮菜が居たら殴られてるなと千里は思った。
 
「女の子として男性とセックスしてみたいとかは?」
と留実子が大胆なことを訊く。
 
「セックスは女はあまり楽しくなさそうだからいいや。やはり男の方が楽しいんじゃないかな。まだ未経験だけど」
 
と田代君は言う。蓮菜と田代君はまだキスまでしかしていないはずだ。 
「どうなんでしょうね?」
と留実子は言って鞠古君のお母さんを見る。
 
「うーん。両方経験できる人は少ないから、分からないよね」
とお母さんは言った。
 

「だけど、知佐、精子の保存が早くできたから、治療も早く始められて良かった」
とお母さんは言った。
 
この病気治療のために使った薬は生殖能力を消してしまうのでその前に精液の採取をして冷凍保存することになったのだが、医者が懸念したのが、鞠古君が、前の病院の治療方針で、5月から月2回、エストロゲンとプロゲステロンの混合製剤を注射していたことである。
 
鞠古君が札幌の病院を訪れた6月上旬の時点で、その注射は既に4回もしていた。普通ここまで注射すると、男性機能はかなり低下し、ほぼ死んでしまう場合もある。ところが、鞠古君は最初から精液の採取ができたし顕微鏡でチェックしてみると精子も元気だったので、精子の保存は6月中に終わりすぐ新薬の投与を始めて、約2ヶ月の投与で腫瘍は劇的に小さくなった。それで9月上旬に手術することができるようになったのである。
 
「多分、知佐君の身体が女性ホルモンをあまり受容しない体質なんだろう、と先生は言ってましたね」
と留実子。
 
「うん。それで手術後に投与する女性ホルモンの量をもしかしたら調整する必要があるかも知れないって先生、言ってた」
とお母さん。
 
その件について、今日の誤注射騒動の後で、千里と留実子に鞠古君は一緒に「叱られるので母には言わないで欲しいが、実は女みたいな身体になりたくないから女性ホルモンの注射はサボっていた」と主治医には告白している。 
でないと、今お母さんが言ったように、女性ホルモンの効きが悪いからと、手術後の治療で増量して女性ホルモンを投与されてしまう危険があると留実子が指摘して、ちゃんと話したのである。主治医は笑っていた。
 
「もしかして、その時も、君が代わりに打たれていたりしない?」
と医師は千里を見て言った。
 
千里と鞠古君が顔を見合わせたら
 
「まあ、その件は僕も知らなかったことにしよう」
 
などと医師は言っていた。
 
「でも女性ホルモンの注射をサボっていても、腫瘍が大きくならなかったということ自体が、この腫瘍が良性である証拠でもあるね」
と医師は更に言った。
 

鞠古君は6月11日に札幌の病院を訪れ、セカンドオピニオンをもらって、こちらの病院に移ることを鞠古君のお父さんが決断し、それで6月の下旬にはその旨を前の病院に告げたのだが、千里はその直前、6月20日にも女性ホルモンの注射をちゃっかり打ってもらっている。
 
千里は4月の入学式直前、突然倒れて病院に運び込まれた時に、女子と思われて血液検査してみたらエストロゲンの数値が異様に低かったと言われて女性ホルモンを補充する注射を打たれている。その上で鞠古君の代わりに5〜6月に計4回女性ホルモン注射を打ってもらい、7月は何もしていないものの8月にも、春に掛かった病院で再度女性ホルモンの注射をしてもらい、更に今日誤注射された。 
元々千里は中1になっても、まだ精通が来ていなかったのだが、この7回連続の女性ホルモン注射の影響で、千里は胸も微かに膨らんだし、おちんちんは全く立たなくなってしまった。千里が勃起能力を回復するのは(本人としては回復して欲しくなかったが)高校になってからである。それもビンビンに堅くなるとかはなく、単に大きく熱くなる程度で、千里本人もこれ、女の子とのセックスには使えないよなと思っていた。
 
実際後に大学生になって、桃香と一緒に暮らすようになってから、数回強引に桃香から仕掛けたセックスでも、千里のおちんちんがまともに立たない(桃香は「コンニャク並み」と表現した)ので桃香は結合するのに物凄く苦労したのであった。
 
またその頃に千里はヒアルロン酸注射でバストのプチ豊胸をしているが、元々少し胸があったし乳首や乳輪も発達していたからこそ、ヒアルロン酸注射で女の子のバストに見える程度の胸にすることができたのである。
 

食事の後、コンビニに寄って少しおやつなど買ってからホテルに入る。先程話したように、鞠古君のお母さんと田代君、留実子と千里の組合せで部屋に入った。 
「取り敢えずお風呂入ろうよ。千里先に入らない?」
と言うので
「じゃ、そうする」
 
と言って、先に千里がお風呂を使わせてもらった。
 
お風呂の中であの付近を洗っていたら、昼間お医者さんと母との会話で母が、おちんちん切ってあげてください、なんて言ってたのを思い出し、はあ、と溜息を付く。ほんとに切って欲しいよぉ。
 
女性ホルモンを打たれた影響でだいたい精神的には安定しているのだが、それでも、自分が鞠古君の立場だったら温存しなくていいから、きれいに切って欲しい。明日、手術の始まる前に鞠古君の代わりにベッドに寝ていたら代わりに手術してくれないだろうか、なんてのまで妄想したりする。
 
考え事をしていたら、随分時間が経ってしまった気がした。
 
「ごめーん。長湯しちゃった」
と言ってあがるが、
「あ、時間忘れてた。トモとチャットしてたから」
などと言って、携帯に「お風呂入るからまた後で」と打ち込んでから閉じて、留実子はお風呂に入っていった。
 
ああ。携帯あると便利だよな。今神社のバイトで毎月1万円以上もらってるし、それで料金払うから携帯買ってとお母さんに言ってみようかな、などとも思う。神社からもらったバイト代については母に渡そうとしたら、貯金してなさいと言って通帳とカードを作ってくれたので、そこに入金して、通帳・カードも自分で管理している。
 
窓の外を眺めていたのだが、いつの間にか眠ってしまったようで
「こんな所で寝ると風邪引くよ」
と言って留実子に揺り起こされる。
 
「ありがとう」
と言って目を覚ます。
 
「また、鞠古君とチャットする?」
「ううん。また明日話せばいいしね」
「まあ、そうだけどね。私も携帯あったらいいなあとか思って」
 
「多分、細川君は、千里とチャットする時間を惜しんでバスケの練習すると思う」
と留実子が言うので
「そうかも!」
 
と千里は気付いたように答えた。
 

「そうだ。私が誤注射された時は、鞠古君とどんなこと話してたの?」
 
と千里は何気なく訊いたが、留実子はただ微笑んでいる。
 
「あ、ごめん。立ち入ったこと聞いちゃって」
「ううん。いいんだよ。話すというかさ。このおちんちんも今日までの命だから、触ってと言うから、触ってあげてたんだよ」
「へー!」
 
「新薬の投与を始める前も、このおちんちん立つのはもう最後だから触ってと言われて触ったけどね。確かに今日はもう、ボクに触られていても柔らかいままだったよ」
「ああ、それは6月に初めてこの病院に来た時?」
「そうそう。同じ部屋に泊まったからね」
 
その時、千里は唐突にそのことに思い至った。
 
「もしかして、あの日、・・・・した?」
と千里が訊くと留実子は微笑んで
 
「したよ」
と答えた。
 
「わぁ」
 
考えてみたら、自分と晋治だって、3月には、する直前まで行ったんだもん。留実子だって鞠古君としてもおかしくないよなと思う。
 
「いけなかったかな?」
「ううん。いいと思うよ。私も貴司とはまだキスまでだけど、晋治とは実は寸前まではしたんだ」
 
留実子は頷いている。
 
「トモとボクの場合、あれが最初で最後のになる可能性があったから」
と留実子は微笑んで言うが
 
千里は真剣な顔で
「そうだよね」
と答えた。
 
「でもきっと、高校を卒業する頃にはまたできるようになってるよ」
と千里が言うと
「それまでボクたちが恋人でいたらね」
と留実子は答える。
 
うーん。。。それはそちらの方が、鞠古君の男性能力回復より難しいかも!?と千里は思ってしまった。恋愛を長期間維持するのは、物凄く大変である。 

「それにその頃まで、ボク女の子で居れるかどうか自信無い」
 
「やはり男の子になりたいの?」
 
留実子はすぐには答えずに、コーラを1口飲んだ。
 
「トモとしちゃって。自分の女としての機能を使ったことでね。ああ、女でもいいかなあという気持ちが強くなった」
 
「そっかぁ」
と千里は留実子をいたわるかのように声を出した。
 
「ボクはそもそも恋愛対象が男の子だから、そこに自分の性別認識との矛盾点を抱えているんだよね」
 
「難しいね」
「千里は、恋愛対象が男の子だから、その点ではあまり悩まなくてもいいはず」
「そうなのかな」
「だから、まっしぐらに女の子になっちゃう道を選べばいいんだよ」
 
「ああ」
と言って千里は溜息を付いた。
 

翌日、朝から鞠古君のお父さんが来る。手術は午後からということで、午前中は見舞い組の3人と、鞠古君の両親、お姉さん、とで楽しくお話しをした。 
「まあ、でも手術失敗して、チンコ無くなっちまったら、村山のチンコを取ってくっつけちゃえばいいよ」
などと田代君が言う。
 
「それはひとつの手だけど、村山のチンコは果たして男として使える状況なのか怪しいな」
と鞠古君は言う。
 
「ああ。2-3cmしか無かったりして?」
「村山が立って小便しないのは短くて立ってできないからかも、という説は昔からあった」
「ああ、あった、あった」
 
「それ以前に存在するかという問題もあるかもよ」
と留実子まで言う。
 
「うーむ」
と言って、田代君と鞠古君が顔を見合わせている。
 
「花和も見たことないの?」
「そんなの、多分誰にも見せてないと思うよ。もし存在したとしても、女の子の友だちには絶対見られたくないだろうからね。みんな、千里はもしかしたら本当に女の子なのかも、という想像ができるから、友だちで居られる」
と留実子は言う。
 
それは問題だよなと千里も思う。自分の身体が男性化してしまったら、やはりたくさんの友人を失ってしまうのだろうか。それが千里には不安だった。貴司とは自分が男っぽくなってしまったら恋人関係を解消することにしている。それは彼自身も男の子には恋せないと思うことと、千里自身も男の自分を好きな人に見せたくないという思いとがある。
 
「5年生の宿泊体験で女風呂に強制連行された時も見なかったの?」
「あれは必死でお股を隠してたからね。結局付いているのかどうかというのは判断保留になった」
 
留実子とは実はこの7月に一緒にお風呂に入っているのだが、留実子は必要無いことは口にしない性格である。
 
「つまり隠しているというのは、付いているのを隠しているのか、付いてないのを隠しているのか、判断できないということか」
「まあ、シュレディンガーの猫みたいなもんだね」
「なるほどねー」
 

「シュレディンガーの猫って何だったっけ?」
「不確定性原理が実はマクロの世界でも働いているという思考実験だよ。原子核の崩壊というのは本質的に確率でしか記述できない事象で、当初はそういうのはミクロの世界だけの話と思われていた。ところがこういうことを考えてみる」
と花江さんが説明する。
 
「麻酔を掛けた雄猫のおちんちんをギロチンの所に固定して、外からは見えない箱の中に入れる。この箱の中に放射性物質があるけど、放射性物質の原子核崩壊は確率でしか記述できない。でも放射線の検出装置が箱の中にあり、原子核が崩壊して放射線が発生すると、この検出装置が作動し、電流が流れてギロチンの刃が落ち、雄猫のおちんちんは切断される。但しこのギロチンは作動しても音はしないから箱の外からは分からない」
 
「チンコ切る話だったっけ?」
「首を切られるよりはマシじゃない?」
「どっちも嫌だなあ」
 
「それで箱の外にいる観察者には、原子核が崩壊しているかどうかは分からないし、それは確率でしか記述できない。よって雄猫にまだおちんちんがあるか切断されて男の子ではなくなってしまったかも本質的に確率でしか記述できない事象ということになる」
と花江さん。
 
「要するに、村山にチンコがあるのかどうかも確率でしか記述出来ないことなんだ!?」
 

そんな話をしている内に手術の時間となる。手術着に着替えるのに裸にされるので見舞い組は部屋の外に出た。手術着を着て、ストレッチャーに乗せられ、鞠古君は手を振って手術室のあるフロアへ運ばれていった。千里は留実子が不安そうな顔をしているのに気付き、手を握ってやった。それに反応して留実子は微笑んだ。
 
鞠古君の両親は手術室の外で待機するようだったが、見舞い組3人は鞠古君のお姉さんと一緒に、病院内の食堂に行き、コーヒーやお茶などを頼んで座り、話をする。2時間近く話していた時、留実子の携帯に着信がある。
 
「ああ。午後1番に手術室に行ったよ。3時間くらい掛かると言ってたから、終わるのは4時頃かな」
と留実子。
 
「あ、来るの? うん。食堂で待ってるから」
 
電話を切ってから田代君が尋ねる。
 
「誰?」
「ああ、うちの兄貴・・・と言ってもいいのかな?」
「いいのかな? って兄ちゃんじゃないの?」
「そうだなあ。兄ちゃんであって、兄ちゃんでないような」
「はあ?」
 
田代君だけでなく千里も首をひねったが、鞠古君のお姉さん(花江さん)は笑っている。
 
「ああ、花江さん、同学年でしたっけ?」
と留実子。
 
「うんうん。何度か同級生になったから、知ってる」
と花江さん。
 
「でも、るみちゃん、お兄さんじゃなくて、お姉さんと言ってあげなよ」
と更に花江さんが言うと
 
「へ!?」
と千里と田代君は声を上げた。
 

そこに留実子のお兄さん(お姉さん?)がやってきた。
 
「やっほー!」
と明るい声で挨拶して、留実子の隣に座る。でも可愛いワンピースを着ているし、髪も肩まである。少なくとも男性には見えない。そして千里はその人に見覚えがあった。
 
「あ!こないだの!」
と千里は声を上げる。
 
「うんうん。千里ちゃん、こんにちは。あれ5月くらいだったっけ? 留萌から深川に行く列車の中で一緒になったね」
と留実子のお兄さん(お姉さん?)。
 
「はい、その頃です。こんにちは」
 
千里はあの時の記憶があやふやだったので、夢でも見ていたのだろうかと思っていたのだが、あの女性が実在したということ自体に驚いていた。
 
「久しぶり、敏ちゃん」
と花江さんが声を掛ける。
 
「お久〜、花ちゃん」
と留実子のお兄さん(お姉さん?)。
 
「あぁ、まあそういう訳で、うちの変態兄貴の、敏数です」
と留実子が紹介する。
 
「変態ってひどーい。自分も変態な癖に」
と俊和さん。
 
千里は、留実子の両親は頭が痛いだろうなと思った。田代君は呆気にとられている。
 

「でもるみちゃんが男物の服の調達に結構苦労していた理由が分かった」
と千里。
 
「まあ、私は学校の制服以外では男物は着ないから」
と敏数。
 
「あ、そうだ。学生服の小さくなったの、頂きました。ありがとうございます」
と千里はお礼を言う。
 
「取り敢えずタンスの中の男物の領域を多めに見せようと取っておいたんだけどね。千里ちゃんに1つと、変態妹に1つあげたから、少なくなった」
 
「何なら、千里、サイズの合わない男物があったら、兄貴に渡して。そしたら領域が調整できる」
と留実子。
 
「じゃ、今度持って来ます。でも、私も女物が多すぎると妹に指摘されてて」
と千里。
 
「あらあら、どこも面倒ね〜」
と敏数は言う。
 

「でも手術うまく行くといいわね」
と敏数。
 
「まあ、私としては失敗してもいいけどね」
などと花江。
 
「まあ失敗したら、潔く女の子になっちゃうという手も」
などと敏数。
 
「うんうん。でもそれだとるみちゃんに振られちゃう」
と花江。
 
「留実子、女の子同士の恋愛も楽しいよ」
と敏数。
 
「女の子には興味無い」
と留実子。
 
「あれ? 敏数さんは、美容師志望でしたっけ?」
「そそ。高校出たら美容師の学校に行くよ」
 
「それって・・・やはり、男の美容師じゃなくて、女の美容師になるんですね?」
と田代君が訊くが
「まあ、私は男には見えないだろうね」
などと敏数は言い
「敏数さんじゃなくて、敏さんくらいで呼んでもらうといいかな」
などと言う。
 
「じゃ、そうします」
と田代君。
 
田代君にしても千里にしても「お兄さん」とは呼べないが「お姉さん」でいいんだろうか?と、少し呼び方で悩んでいたのである。
 
「敏さんは今、どこの高校でしたっけ?」
「ん?地元のS高校だよ」
「あれ? でもS高校でその髪型でいいんですか?」
「ああ。これウィッグ」
「へー!」
 
「高1の4月に髪を切ったっきり、6月も7月も切らずにおいて、生活指導から注意されても頑張って抵抗して、夏休みいっぱい更に髪を伸ばして、2学期になる直前に髪を切ったんだけど、その時、切った自分の髪でウィッグを作ってもらったのよ」
「へー!」
「だから、これウィッグではあるけど、自毛なんだよね」
「凄い」
 
「千里ちゃんも、もし髪を切らなきゃいけなくなったら、その手を使って、自分の髪を保存するといいよ」
と敏数。
 
千里は返事はできなかったが、ちょっと溜息を付いた。
 
「千里は今、神社で巫女さんのバイトしてるんだよ。それで巫女さんは髪が長くないといけないということで、許可もらって長い髪を維持してる」
と留実子が説明する。
 
「おお、凄い。でもよく男が巫女さんのバイトという話が通ったね」
「バレてないだけのような気がします」
「まあバレたらバレた時だね」
「ですね」
 
「あれ?敏さん、今日は札幌に用事とかあったんですか?」
「ああ、高校卒業前に性転換手術受けようかなと思って」
 
「え!?」
とみんな驚くが
 
「と言える日が来るといいなあ」
などと敏数は続ける。
 
「びっくりした」
 
「敏ちゃんのは手術しますします詐欺だな。中学生の頃から、近い内に性転換手術受けると言ってたよ」
と花江さん。
 
「まあ希望は希望で。で、今日は本当は旭川に行く用事があったんだよ。それで学校早引きして出て来たんだけど、深川で電車乗り間違えちゃってさ」
 
「あらら」
「次は滝川、と言われて気付いた。でもどうせだから札幌に出ちゃおうと思って」
 
「旭川の用事は良かったんですか?」
「今日の最終便で旭川に入る」
「なるほど」
 
「じゃ、兄貴、今日は旭川で泊まり?」
「そそ。花和敏美でホテルの予約入れといた」
「まあ兄貴、女の声で話せるから、まさか男とはバレないだろうね」
「ふふふ」
 
敏数がチラッと千里に視線をやる。ドキっとする。そうなのだ。千里はその声が女の人の声にしか聞こえないので、まさかまだ声変わりしてないのだろうかなどと思っていたのだが、留実子の発言で、敏数が「女の声も」出せるのだということを知った。凄い。見習いたい。あ、でもこないだ汽車の中で話したのが、その基本なんだ!
 

しばらく話している内に、そろそろ手術が終わる時刻かも、ということで食堂を出て病室に戻ってみるが、まだ鞠古君も、御両親も戻ってきていない。 
それで待っていたが、なかなか戻って来ないので留実子がしびれを切らした。 
「ね、手術室の所に行ってみては駄目かなあ」
「うーん。家族ならいいんだろうけどね」
 
ということで、お姉さんと留実子、それに留実子が不安だから付いてきてと言った千里と3人で手術室のフロアに行ってみる。田代君と敏数さんがお留守番である。
 
エレベータを降りて、手術室のある方へ歩いて行く。その時、目の前で手術中のランプが消えた。
 
ハッとする留実子。
 
3人とも立ち止まる。ドアが開いて医師が出て来た。
 
「ご家族の方ですか?」
と医師。
 
「はい」
とお姉さんが答える。
 
「大変お気の毒なのですが・・・・」
と医師が言うので
 
「えーーー!?」
と留実子が声を上げた。お姉さんも顔色が青くなっている。千里は留実子の手を握った。
 
その時、
 
「おーい、こっちだよ」
という声。
 
見ると、向こうの方にも手術室があり、そこのソファに鞠古君のお父さんとお母さんが座って、手を振っている。
 
「あ・・・」
「え?」
 
「あのぉ、**さんのご家族では?」
と医師。
「違います」
 
「私たち、向こうの方の家族です」
と千里が言う。
 
それで勘違いであったことが分かり、留実子と千里、鞠古君のお姉さんはそちらの手術室の方に移動した。今千里たちに声を掛けた医師は、入口の方に行き、そちらに居た年配の看護婦を捕まえて
 
「心臓外科の****さんの家族を呼んできて」
と言っていた。
 

「ちょっとびっくりした」
と言って、お姉さんがお母さんたちの横に座るので、留実子と千里もその隣に座った。
 
「まあ、おちんちん切るくらいで死ぬ人いないんじゃない?」
などと留実子は言うが
「でも性転換手術で死ぬ人とかは、たまに居るらしいよ」
などとお姉さんは言う。
 
ふたりとも一時は顔面蒼白だったので、わざとそういう話をしている感じだ。 
「向こうは結構な年のお婆さんだったみたいよ」
と鞠古君のお母さんが小さな声で言う。
 
「へー」
「心筋梗塞か何かかねぇ。30分くらい前に運び込まれて来たけど、お医者さんが最初から難しい顔をしていた」
「でもお医者さんって、いつも難しい顔してません?」
「そうかも!」
 
「あっかるいお医者さんってのも何だか怖いです」
「確かに」
 
10分もしない内に、こちらの手術室のランプも消え、少し経って医師が出てきた。
 
「先生、どうでしたか?」
とお母さん。
「手術は成功ですよ」
と医師。
 
「良かった」
 
思わず留実子と千里は手を取り合う。
 
「成功と言うと、弟は無事、女の子になれました?」
などとお姉さんが言う。
 
「あ、いや、お気の毒ですが、ペニスは付いたままです。途中結局慎重を期して長さ3cmほど切りましたが、その前後をくっつけましたので。神経などもちゃんとつないであります。ただ、どうしても傷が治るまでは物凄く痛いはずです」
と医師。
 
「まあ、敏感な場所ですからね」
と留実子は言う。
 

まだ全身麻酔が掛かったままの鞠古君がストレッチャーに乗せられて手術室から出てくる。みんなで付き添って病室に戻った。
 
田代君が
「どうだった?」
と訊くので
 
「ああ。無事おちんちんは全部無くなって、女の子になったよ」
などとお姉さんが言う。
 
「嘘!」
と田代君が驚いているが
 
「嘘、嘘、おちんちんは3cm短くなっただけ」
と留実子が笑って答えた。
 
「びっくりしたー」
と田代君。
 
「私たちもびっくりしたね」
と留実子が千里を見て言う。
 
「ほんとほんと」
「何びっくりしたの?」
「おちんちんが麻酔に酔ってダンスしてたからね」
「はぁ!?」
 

鞠古君は1時間もしない内に意識を回復した。
 
「手術は無事終わったから大丈夫だよ」
とお母さんが言う。
 
「俺のチンコは無事?」
「うん。無事きれいに切り取って、ホルマリンに漬けて保存してあるから」
「切り取ったって?」
「あれどこに飾ろうかねぇ。切った後はちゃんと割れ目ちゃん作って女の子の形にしたからね」
「えーーー!?」
「性別変更の申請書も書いといたから。明日にも市役所に提出するね」
「うっそー。俺女になっちゃったの?」
 
「嘘嘘。3cm短くなっただけ」
「良かったぁ」
 
と鞠古君はほんとにホッとしたような顔をした。
 
「でもホントに性別変更できるようになったんだろ?」
と田代君が言う。
「ああ。こないだ何か法律が成立したよね」
とお姉さん。
「あれ、施行は来年なんだよ」
と千里が言う。
「でも、病気とかで性別を変更することになった場合は、あの法律とは関係無く法的な性別は変更できるはず」
と留実子が言う。
 
「でも3cm短くなったんじゃなくて、3cmに短くなったんだったら、立っておしっこできなくなる所だったね」
「まあ、その時は座ってすればいいんだよ」
 
「座ってした方が便器を汚さなくて良い」
「お婿さんには行けないかも知れないけどね」
「その時はやはりお股の形を整えて、お嫁さんになる道を」
 
「あのさぁ、母ちゃんも姉ちゃんも、手術受けたばかりの患者をいたわる気持ち、ねぇの?」
「あ、そうそう。麻酔が完全に切れたら、もういいから切り落としてくれと思うくらいの痛みが来るらしいから」
「やだなあ。でもチンコ無事なら、痛みは我慢するよ」
 
チンコ痛がっている所を恋人にはあまり見られたくないよ、と田代君が言い、実際問題として本人は元気そうなので、引き上げることにした。
 
「どのくらい入院するんですか?」
「傷の回復次第らしいけど、来週の半ばくらいまでじゃないかな」
 
「じゃ、また土日にお見舞いに来るよ」と留実子。
「お大事にね。ちゃんと節制してね」と千里。
「女の子になれなくて残念だったね」とお姉さん。
「まあオナニーすんなよ」と田代君。
「田代、お前も一回チンコ切ってみる?」と鞠古君。
 
 
前頁次頁目次