【夏の日の想い出・港のヨーコ】(中)

前頁次頁時間順目次

1  2  3 
 
松野(凛子)さんもやはりソロデビュー予定だということで、マネージャーさんを伴ってきていたし、既に歌手として活動している葛西(樹梨菜)さんの(歌手としての)マネージャーさんも来ていた。みんな蔵田さん・大守さんをはじめドリームボーイズのメンバーに挨拶している。ドリームボーイズ側もマネージャーの大島さんだけではなく、社長の前橋さんも来ている。
 
「なんかまるで卒業式みたいな雰囲気だけど、今年の夏もまたやるからな」
と蔵田さんが言っている。
 
「夏も関東ドームですか?」
「そうだなあ、どこか暖かい所がいいな」
「沖縄とか?」
「北海道にしようか?」
 
「はぁ?」
「コージ、頭大丈夫?」
と葛西さんが言う。葛西さんは遠慮無しだ。
 
「適度に暖かいかな、と」
「北海道は8月中旬過ぎるともう涼しいから、時期を選ぶよ」
と前橋さんが言う。
 
「北海ドーム使う?」
「空いてるかな?」
「ちょっと確認する」
 
と言って前橋さんが電話している。
「7月25日・土曜日だけ空いてる。偶然昨日キャンセルされたらしい」
「押さえましょう」
「よし」
 
すぐに事務所の人にそれを押さえる指示をしていた。
 
「北海道はかえって土曜日の方がいいですよ。遠くから来た人が翌日観光して帰ることができる」
「確かに、それはあるな」
 
「ということで、みんな7月25日空けといて」
「了解〜!」
 

そんなことをしている内に、鮎川(ゆま)さんが来る。
 
「おい、ゆま、7月25日空けといてくれ」
と蔵田さんは言ったが、その鮎川さんにくっついて来た人物を見て、口をあんぐり開けたままになってしまう。
 
「雨宮!?」
「ハロー、ドリームボーイズのお兄様方、ダンスチームのお姉様方。あ、これ陣中見舞いね」
と言って、保冷カートから大量にケーキの箱を出す。女の子たちから思わず歓声が上がる。
 
ワンティスの雨宮先生であった。何かアラビアンナイトのモルジアーナか?という感じの派手な服を着ている。この服でここまで来たのか?鮎川さんの方がきっと恥ずかしかったぞ。
 
「いや、ご無沙汰。陣中見舞い、ありがとう」
と大守さんも少し焦りながら挨拶する。
 
私は、逃げ出したい気分だったものの、逃げ隠れる場所も無い。雨宮先生は、めざとく私を見つける。
 
「あら、あなた可愛い子ね。どこかで会わなかったかしら?」
と雨宮先生。
 
「おはようございます、雨宮三森先生。以前何度かお目に掛かりました。柊洋子と申します」
と私は笑顔で挨拶した。こうなったら開き直るしか無い。
 
『あなたがいない部屋』は当時、まだモーリー作詞・柊洋子作曲のクレジットでJASRACに登録されていた(後に雨宮三森作詞・ケイ作曲に変更している)。
 
「ああ、柊洋子ちゃんだったね。あなた、一度私とホテルとか行ってみない?」
「お断りします」
 
「うふふ。その表情が気に入ったわ」
と雨宮先生は楽しそうに言った。
 
雨宮先生は私と少し言葉を交わした後、レイナにくっついているカエルちゃんに目を留めて
「君、魅力的。すごーく私の好み。ね、ね、今度デートしない?」
などと言っている。こんなに人がいる前でもナンパできるのが凄い。
 
そのカエルちゃんは雨宮先生の性別を知らないようで、戸惑ったような顔をして
「ごめんなさい。私、男の子が好きなので」
などと言っている。
 
「雨宮さん、その子中学生だから。変なことしたら捕まりますよ」
と前橋さんが注意していた。
 

「まあそういう訳で7月25日に北海道でライブだから、7月中旬にアルバム発売。その録音を5月から6月に掛けてやるから、楽曲を3〜4月までに準備する。ということで、樹梨菜、洋子、スケジュール空けとけよ」
 
「はーい」
と私と葛西さんが返事する。
 
「あんた、何するの?」
と雨宮先生が私に訊く。
 
「蔵田さんが書いた曲の試唱です」
と私は答えるが
「まあ、補作もだな。コージの譜面は不完全すぎるから演奏できる状態にするのに補充が必要」
と大守さんは舞台裏を明かす。
 
「なるほどねー。そういう場に居合わせたら凄く勉強になるでしょ?」
と雨宮先生。
「はい、勉強させて頂いております」
と私は答える。
 
雨宮先生は頷いておられた。
 

「ところでこのダンスチームの子たちって、みんな女の子なの?」
と雨宮先生。
 
今日来ているのは全員常連組および旧常連組である。葛西樹梨菜(リーダー:ソロ歌手)、柊洋子(サブリーダー)、竹下ビビ、松野凛子(歌手としてデビュー予定)、梅川アラン、花崎レイナ(デュオでデビュー予定)、鮎川ゆま(Lucky Blossomのサックス奏者)。
 
「女の子じゃない子がいるように見えます?」
と松野さんが訊く。
 
「なんか怪しい人も居る気はするけど、ほぼ女の子ですよ」
と私は答える。
 
「蔵田君は男の子なんだっけ?」と雨宮先生。
「ちょっと怪しい気はする」と大守さん。
 
「蔵田君、おちんちんまだ付いてる?」
と雨宮先生は直接本人に訊く。
 
「その質問、そっくりお前に返すよ、雨宮」
と蔵田さんは笑って答えた。
 
「蔵田君は女装しないの?」と雨宮先生。
「しないことはないけど、クローゼットだよ」と蔵田さん。
 
「カムアウトしちゃいなよ」
「それ社長にダメって言われてるから」
「ホモはよくても女装はダメなのか?」
 
前橋社長が苦笑している。
 
「女装外出楽しいのに。ね、洋子ちゃん」
と雨宮先生はいきなり、こちらに振る。
 
「男装での外出経験、あまり無いので分かりません」
と私が答えると
 
「なるほどー」
という声が多数上がった。
 

公演前に楽屋でワイワイおしゃべりしていたら、
「ちょっと困ります」
という声とともに、ひとりの男が楽屋の中に入ってきた。
 
「あんた何?」
と前橋さんが訊く。
 
「**芸能の記者です。ちょっとインタビューさせて下さい」
「公演前はみんなナーバスになってるんだ。困るから出て行ってくれない?」
「そんな邪険にしなくてもいいじゃないですか。5分でいいですから」
「じゃ5分」
と言って、前橋さんは携帯で時間を計り始める!
 
蔵田さんにデビュー9年目を迎えての今年の抱負とか、今注目している音楽シーンとか聞いているが、蔵田さんから言われた固有名詞を知らないようで、AOR(Adult Oriented Rock)なんて言葉も知らないようで、私は聞いてて、こいつ音楽のこと分かってるのか?と疑問を感じた。蔵田さんも若干イライラしているのが分かる。あぁ、お出入り禁止リスト入りかな?などと思いつつ、そちらは見ずに聞いていた。
 
やがて前橋さんが「あと1分」と言う。更に注目している海外アーティストを尋ねて「BLACK STONESだな」と蔵田さんが漫画NANAの中に出てくるバンドの名前を答えると、冗談と気付かずにメモしている。そしてその後突然記者はダンスチームの方を見て
 
「そうだ、ケイさん!」
と言った。
 
すると竹下さんが「はい!?」と返事する。
 
「えっ?あなたケイさん?」
「はい。私、本名竹下景子なので。友だちからはケイちゃんって呼ばれてます。でもその名前だと超有名女優さんと同姓同名になっちゃうじゃないですか?それで遠慮して名前変えろと言われたんで、ONE PIECEの登場人物の王女様の名前を借りて『竹下ビビ』と名乗っているんですよ。私に何か?」
 
「あ、えっと・・・・」
と記者は明らかに焦っている。
 
「あと20秒」と前橋さん。
 
すると記者は私の方を向いて
「あなた、柊洋子さんですよね。ご本名ですか?」
「ああ、芸名ですよ。私に最初に仕事をくれたプロダクションの社長さんから付けてもらったんです」
と私は答える。
 
「本名は?」
「美冬舞子ですが、どうかしましたか?」
と私は答える。
 
「はい、タイムアップ、出て行って」
と前橋さんはその芸能記者の身体をつかんで楽屋から追い出した。
 
一部の人(私の正体を知っている人)が、笑おうとしたが前橋さんが制する。
 
前橋さんは外の様子を伺う。ちょっとドアを開けて記者が向こうに行ったのを確認する。そして、蔵田さんの椅子のそばのテーブルの裏から、小さな機械を取り外した。
 
盗聴器!?
 
前橋さんは更に、竹下さんが座っていた椅子の背からも、似たような機械を取り外す。そして窓を開けて大きなモーションで投げ捨てた。
 
「あの雑誌社、うちの事務所のアーティストにお出入り禁止決定」
と前橋さん。
 
「うちも出入り禁止だ」
「盗聴器仕掛けるなんて悪質な」
と葛西さんのマネージャー、松野さんのマネージャー、花崎さんのマネージャー、そして雨宮先生からも声が上がる。
 
「油断も隙も無いですね〜」
「いや、あの記者の手の動き、僕ずっと見てたから」
「社長凄い!」
「社長、スパイになれますね!」
などという声があがった。
 

その日の公演では、前半をドリームボーイズの比較的最近の曲で堅め、後半はこれまで8年間のヒット曲で綴っていった。
 
私はどのくらい音楽活動していたら自分たちの《良質な》持ち歌だけでライブを埋めることができるのだろう、などと考えていた。KARIONは11月のライブでは一応全曲自分たちの曲で埋めたが、曲の出来不出来を無視し、アルバムの曲まで総動員してであった。ローズ+リリーも早くライブ復帰したいという気持ちが募る。この時期、父とは高校を出るまで(正確には大学に合格するまで)歌手活動を控えるという約束をしたものの、実際には春くらいからローズ+リリーは活動再開できればと思っていた。
(政子の精神的落ち込みが私も計算外だった)
 
ゲストコーナーでは$$アーツの若い歌手が出たのだが、更にサプライズゲストということで雨宮先生が登場して、鮎川さんと一緒に師弟サックスプレイを披露した。雨宮先生がモルジアーナで鮎川さんはアリババの雰囲気だった。鮎川さんはLucky Blossomでも「格好良い」系の衣装が多いが、基本的に割と男っぽい服装が似合う。
 
(後に元同級生の七星さんから聞いた話では、七星さんと鮎川さんが当時の管楽器クラスの《イケメン2トップ》だったらしい。どうも私の周囲には性別が怪しい人が多い)
 
それを見ながら葛西さんが私に声を掛ける。
「雨宮さん、洋子のことよく知ってる雰囲気だった」
 
「ローズ+リリーの陰の仕掛け人は雨宮先生だから」
「えー?そうだったんだ?」
 
「雨宮先生とは、もう1年半くらいの付き合い。ローズ+リリーを売り込むべく私を煽ってデモ音源を作らせて先生自らレコード会社に売り込んでくれたんだよ。上島先生から曲をもらったのも雨宮先生の縁」
「へー」
 
「でも私、ずっとあの人のこと、雨宮先生とは知らなくて。デビューした後で気付いて『えー!?』と思った。ただの変なおばちゃんと思ってた」
「ああ、確かに変なおばちゃんだ」
「男の人だというのも全然気付かなかったんだよ。だって、熱海温泉の女湯の中で偶然遭遇したりしてたし」
 
「・・・・・洋子って女湯に入るの?」
「うん。私、男湯には入ったことないよ」
「なんだと!?」
 
「樹梨菜さんは男湯に入らないの?」
「無理!胸があるから」
「女湯に入ろうとして『こちら違う』と言われたこと無い?」
「というか悲鳴をあげられたことなら多数ある」
「あぁ」
 

ドーム公演の翌日月曜日の朝、若葉がその日はひとりでうちを訪問してきた。
 
「冬、これ出来たよ」
と言って◎◎女子高校の制服を渡してくれる。
 
「ありがとー。助かる。これで偽装工作がしやすくなる」
 
若葉は自分の予備の制服を作るという名目で◎◎女子高校の制服を作り(お金は私が出した)、それを私に貸してくれるのである。これで「入れ替わり」が楽になる。
 
私が部屋でその制服を試着していたら、母がお茶を持って入って来た。
 
「若葉ちゃん、いつも色々冬のためにしてくれていてありがとうね」
と母は言ったっきり、ポカーンとして私達の方を見ている。
 
「一瞬、どちらが若葉ちゃんでどちらが冬か分からなかった」
「若葉もけっこう背丈あるから、今私がこういう髪型にしてると分からないよね」
と言って私は微笑む。
 
「でもその制服は?」
「あ、若葉に頼んで作ってもらった」
「もしかして、あんた◎◎女子高に転校するの?」
 
「まさか。女子高なんだから、入れてくれる訳無い」
と私は言うが
「冬が入れてくださいと言いに行ったら、入れてくれる可能性は結構ある気がする」
 
と若葉は言った。
 
「実際うちの系列の◎◎女子短大には、性転換して女の子になった学生を受け入れたことあるんだよ。その人は20歳過ぎてもう戸籍上の性別も女に変更していたんだけどね」
「へー」
 
「当時学内でかなり議論して、本人がどう見ても女にしか見えなかったこともあって受け入れを決めたらしい。冬も性転換手術しちゃえば、冬の外見だもん。戸籍の性別がまだ変更されていなくても、受け入れてくれる可能性はあるよ。政子さんも一緒にふたりで転校してきたら?」
 
「あんた、そうする? あの騒ぎで学校からもまだ登校を控えていてくれと言われてるんでしょ? いっそ違う学校に行った方が落ち着いて勉強できるかも」
 
私はどう返事していいか困って、取り敢えず笑っておいた。
 

その日の晩、政子のお母さんから私の携帯に電話が掛かってきた。
 
「今、政子が寝ているのでその隙に」
などと言っている。
 
「どうしました?」
「私、あの子が心配で心配で。冬ちゃんや秋月さん、それからホウジュさんっておっしゃる方が時々電話してくださるんですが・・・」
「ああ。フルートの先輩なんですよ」
と私は宝珠七星さんについて、凄まじく簡単な説明をする。
 
「へー。それで電話掛けてきてくださった方と話している時はあの子も明るい表情で会話しているんですが、いったん電話が終わると、凄く暗い顔して、何だか声を掛けられないんです」
 
私は電話している時の政子の反応から、精神的にかなり回復してきているものと思い込んでいたのだが、どうも実態は違うようだ。
 
「それでずっと詩を書いているんですが、その詩が物凄く暗くて」
「どんな感じの詩なんですか?」
「ちょっと見て頂いてもいいですか?」
「はい。それじゃうちの家電の方にFAXを」
 
「私これ最後まで読めなかったんです」
と言ってお母さんはFAXしてくる。
 
私は一応最後まで読んだが、お母さんに言われたので最初から覚悟して少し心の防御をしていたから何とか読めたほど暗い詩だった。無防備にこんな詩を読んでしまったら数日立ち直れない気がする。
 
「私、あの子、自殺したりしないだろうかと心配で。秋月さんが家中の刃物類を全部鍵の掛かる引出に移してくれていたので、私も包丁などを使う時はそこから出して使ったらすぐそこに戻すように気をつけているのですが」
 
「ちょっとそちらにお伺いして良いですか? 今から」
「今から!? ええ。来てくださるんでしたら大歓迎です」
 

それで私は黒尽くめの服装に着替え、念のためと思い、自分の学校の女子制服と◎◎女子高校の制服を黒いリュックに入れて背負い、裏の崖から家を脱出。タクシーで政子の家の裏手まで行き、お母さんにメールした上で、庭から進入して勝手口から中に入れてもらった。
 
政子の部屋に行く。キスした。1分近くキスしていたら政子が目を覚ます。
「あれ? これ夢かな?」
「そうだよ。夢だから、ふっと消えちゃうかもね」
 
「ふーん。。。。夢だったら好きなこともしていいんだろうか」
「夢だから気持ち良くしてあげるよ」
 
それで私は政子のベッドの中に入り、しっかり抱きしめた上で政子がとても気持ち良くなるようにしてあげた。
 
「やっぱりこれ夢だ。冬がこんなHなことする訳無いもん」
「夢の中の私だから、おっぱいあるし、おちんちん無いよ」
 
「どれどれ・・・ほんとだ。おっぱい、これBカップくらいありそう。でもブレストフォームじゃなくて、生の感触だし、おまたも・・・おちんちん、付いてないね」
 
「ちょっと辛いなと思ったら、私に電話するといいよ」
「やはり夢だな。冬が自分のこと『私』と言うわけないし」
 
「私はマーサの心の中にいる冬だよ。私はいつもここにいるから、寂しい気がしたら自分の心の中にいる私を思い出して」
「うん。ありがとう」
 
「心のマッサージをしてあげる。マーサが少しでも気持ちを楽にできるように」
「心のマッサージって、心臓マッサージ?」
 
「違うよ。でもちょっと近いかも」
と言って、私は政子の乳首を指で刺激してあげる。
 
「やっぱり夢だ。冬がこんなことしてくれるなんて」
「お客さん、凝ってるところはありませんか?」
「背中とか内股もいいかなあ」
 
それで1時間くらい掛けて、身体のあちこちを触り、政子を気持ちよくさせてあげた。政子は涙を流していたので「たくさん泣くといいよ」と言ったら本当にたくさん泣いていた。
 
「泣いたら少し気持ち楽になった気がする」
「良かったね。もっと気持ちよくしてあげるから、眠くなったら寝ていいからね」
「うん」
 
それで再度政子の敏感な部分を刺激してあげたら、しばらく恍惚な表情をしていてやがて、ピークを過ぎたかなという所で眠ってしまった。
 
私は唇にキスした後、服を着て政子の家を出た。
 

裏手の大通りまで行く。時計を見るとまだ4時。まだ真っ暗だ。街灯の明かりでメールする。それからビル陰で自分の高校の女子制服に着替えてしまった。メールの返信は夜が明けてからだろうと思ったのに5分もしないうちに返信がある。それでタクシーを呼び、私は行き先を告げた。
 
まだ5時で玄関でベルを鳴らすのがためらわれたのでメールをしたら開けて中に入れてくれた。
 
「非常識な時間に申し訳ありません」
「いや、全然大丈夫。この仕事は24時間勤務だから」
「ほんとに大変みたいですね。加藤課長とかいつ寝ておられるんだろう?と思いますが、町添部長は多分それ以上ですよね」
 
「まあ課長の3倍働かなきゃ取締役はできない」
「それは凄いです」
 
「そうそう。ここまで来るのタクシー代かかったでしょう?」
と言って町添さんは1万円札を渡そうとしたが、私は
「経費で落としますから大丈夫です」
と言って、謝絶した。
 
「ああ、税金が大変だよね」
「昨年はKARIONだけで500万円ほど収入が発生しています。ローズ+リリーのは1000万円以上頂いていたのですが、須藤さんが使っていたExcelの計算式が間違っていたというので、場合によっては少し返金してもらえないかと言われていて、とにかく確定申告しないといけないから、金額だけでも確定してくれと申し入れています」
 
「あはは、本当にアバウトな人だね」
「億単位になるアーティストをマネージングした経験が無かったみたいです」
「まあ、売上数十万円なら適当な計算でもいいだろうけどね」
「そんな感じです」
 
(この件は結局払ってしまった分はそのまま確定させると△△社から言われた。本来の倍もらってしまっていたようである。私と政子が1000万円ずつもらった前提でツアー中止に伴う「迷惑料」を既に△△社・○○プロに200万円ずつ支払っているので、今更大元の収入が間違っていたとなると、政子の父が激怒するのは確実。それで計算間違いによる損害1000万円は結局△△社がかぶることにしたようである)
 
「でも、君もしかして《ヨーコージ》の方の収入の方が多かったりして?」
「まあ、昨年の場合、KARIONとローズ+リリーを合わせた額より多いですね。今年はどうなるか分かりませんが」
 
「税金の計算は税理士さんか何かに頼んでいるの?」
「とある事務所の経理の方に計算してもらっています。やり方は教えてもらったので自分でも計算できますけど、小学生や中学生が計算したいうのでは税務署が信用してくれないので」
「ああ、なるほどね」
 

「そうだ。KARION の新しい音源聴いたけど、絶好調じゃん。超絶技巧してるし」
「そうですね。ちょっとストレス解消に使わせてもらいました」
 
「ああ、確かに良いストレス解消かもね」
「でも通常の精神状態ででも演奏できなきゃまずい、というので年末年始随分あれ自宅で練習してました」
「なるほど」
 
「ただ。私のようにストレス解消の手段を持っていないマリのことが心配で」
と私は本題に入る。
 
「ああ。でも秋月の話では、電話で話したりする感じではだいぶ元気になってきていると」
 
「そうなんです。私もそう思っていたのですが、私や秋月さんなどと電話している時は割と元気なのに、ひとりになると、物凄く暗い顔していると、お母さんから相談があったので、実は今夜、夜中に政子の家まで行ってきたんです」
 
「なるほど。そういうことか。だったら、秋月をある程度の頻度で訪問させるようにしようか」
「可能でしたら、お願いします。あの子、友だちが居ないので。電話しているのも、私と秋月さんと、後は11月のツアーで伴奏してくださった女性サックス奏者の方と3人だけのようなんです。クラスメイトの子に頼んで電話とか掛けてもらったんですが、会話が続かないらしくて」
 
「ちょっと心配だね」
「お母さんは自殺でもしたりしないだろうかと不安がっていて。家中の刃物とかを鍵の掛かる引出に入れているみたいです。自殺とかするような子ではないとは思うんですけどね。でもあの落ち込み用は尋常ではないので」
 
「どうしたものかねぇ」
「学校に出て行けるようになったら、少し気分も変わるのでしょうけど、今の段階では、学校には出て行くのも恥ずかしいとか言っているんですよ」
「ああ」
 
「それでちょっと1度、外出させてみようかと思っているんですが」
「どこか良い気分転換になりそうな場所ある?」
「1ヶ所、使えるかも知れないという場所があります。それでその件で少し協力頂けたらと思っているのですが」
 
「うん。こちらで出来ることなら協力するよ。家の周囲の記者はどう?」
「まだ各々数人頑張ってます。あの人たち給料出てるんですかね?ひたすら何か起きないか見てる感じですが」
 
「スクープが取れたら高く買ってもらえるというので待機しているフリーの記者たちだろうね。そもそも仕事が無いから、家に居てもここに居ても同じという感じで取り敢えず来ているだけだと思うよ」
 
「何かテンション低いみたいだから、裏からならそっと出せると思います。私もそれで今夜出てきましたし」
 
「なるほどねー。あと1週間くらいもしたら完全に居なくなるかも知れないしね」
「ええ」
 

KARIONは12月下旬に5枚目のシングル『優視線/広すぎる教室』の音源製作をしたのだが、2月にはアルバムの制作を予定していて、1月、私は自宅でその作曲も手がけていた。『みんなの歌』というタイトルで、秋に開催した《KARIONに歌わせたい歌詞コンテスト》の2位から20位までになった物に加えて、1位の櫛紀香さんに新たに書いてもらった詩、合わせて20個(CDの最大収録時間80分=4分×20曲の計算で各曲を3:55以内をメドに制作)に曲を付けて公開しようという企画である。
 
その20曲を最初、10曲ずつ、TAKAOさん(相沢さん)と水沢歌月とで分担して曲を付けようと言っていたのだが、TAKAOさんは早々に音を上げて、結局福留彰さんが2曲、『鏡の国』や『トライアングル』を書いた花畑恵三さんが2曲、『積乱雲』を書いた醍醐春海さんが1曲、『小人たちの祭』の作曲者・東郷誠一先生が1曲(実際には恐らくお弟子さんの作品)書いてくれて、TAKAOさんの曲は4曲に留まっている。森之和泉+水沢歌月のペア(このアルバムだけは作曲:森之和泉+水沢歌月というクレジット。実際和泉と相談の上でかなり譜面の調整をしているし、伴奏譜は手分けして作成した)が当初の約束通り10曲書いて出したら
「1ヶ月弱で10曲も書けるって信じられん」
などと言っていた。
 
「作曲って、けっこう時間掛かるもんなんですか?」
と和泉がTAKAOさんに訊く。
 
「だいたいコンペとかに盛んに応募するようなセミプロ作家の場合で1曲1週間くらい掛けている。ただそれは発想が得られてからだから、それ以前の時間を入れると1曲半月と考えていい。僕はアバウトだから書き始めてから3日くらいで作品に仕上げるけど、その前の発想を得るのに、やはり今回平均3〜4日ほど掛かったよ」
 
「へー! そうだったのか。水沢歌月は詩を渡すと、目の前でさらさらと10分か20分くらいで曲を書いちゃうんですよね。忙しい時でも翌日か翌々日くらいには曲を付けて返してくれますよ」
 
「信じられん!」
「上島雷太並みのスピードだね」
と特に用事もないのに出てきてショートケーキをつついていたSHINさんが言う。SHINさんはお酒もスイートも行ける両刀遣いだ。
 
「あの人、たぶん年間500曲くらい書いているから1日1-2曲ペースだよね」
と畠山さん。
 
「恐ろしい。どうやって発想を得てるんだろ?」
「ゴーストライターを多数使っているということは?」
 
「上島さんはゴーストライター嫌いらしいよ。そういうこと何かの番組で言ってた。多分若い頃、誰かのゴーストライターしてたんじゃないのかね。凄く不快そうだったもん」
「なるほど」
 
「作曲数自体は少ないけど、蔵田孝治も速いらしい。様々な歌手に提供している曲はアルバム1枚分10曲か12曲を3日くらいで集中して書いちゃうらしいから。その間はスタジオに籠もりっきりで電話やメールでの連絡も一切受け付けないらしいけどね。キャンペーン用の曲を依頼するのに連絡しようとした文部科学大臣を3日待たせたという伝説もある」
とSHINさん。
 
「そういう深い集中ができるというのも凄いね」
とTAKAOさんは感心したように言う。
 
まあ、あの時は携帯がバッテリー切れになってることに蔵田さん本人も気付いてなかったんだよねー。でもその手の伝説ができるのも悪くないと前橋社長は当時笑っていた。
 

その日私が事務所に出て行っていたのは、1月末から2月に掛けて行われる予定のKARIONの全国ツアーの最終打合せがメインだった。11月のツアーでも私と和泉は呼び出されていって事前打ち合わせに参加したのだが、今回のツアーの企画も年末に1度打ち合わせて方向性を決め、今回の打ち合わせで最終確定であった。そしてこの後、だいたいKARIONライブの構成に関しては、畠山さんと、和泉・私、TAKAO・SHINの5人で考えて決めていく体制が出来ていく。
 
「蘭子ちゃんはキーボード弾くよね?優視線の超絶技工披露」
と畠山さん。
 
「パスで」
「そうなの? 僕は蘭子ちゃんがキーボード弾いてくれるかと思って、今回のツアーにはキーボード奏者、手配してなかったのに」
「済みません。手配よろしくです」
 
「じゃ弾かなくてもいいから、会場までは見に来てよ」
と和泉。
 
「そのパターン、絶対何か弾かされる!」
「ああ、蘭子も少し洞察力が出てきたか」
 

KARIONの2月のツアーは11月より1回だけ多い13回だが、2月13日から27日までアルバム制作が入るので、ツアーは1月31日(土)から2月14日(土)までの前半と2月28日(土)から3月14日(土)までの後半に別れている。そしてツアーが終わった後は即次のシングル『恋愛貴族』の制作が入るということで、この時期のKARIONのスケジュールは密に詰まっていた。美空が「学校休みたいと言ったらお母ちゃんに両立できないなら歌手辞めろと言われた」などと言っていた。
 
「それって、文句言うなという意味じゃなくて、歌手辞めろという方に力点が入ってるよね?」
「そうそう。だから慌てて頑張る!と言ったよ」
「よしよし」
と和泉が美空の頭を撫でる。
 
(それで私も多忙だったので結果的には休眠中のローズ+リリーの音源製作は後回しになって4月から始動することになったが、それはちょうど「ほとぼりを冷ます」のにも都合の良い時間であった)
 
「冬は芸能活動を自粛するとお父さんと約束したんでしょ? 何と言って出てきてるの? 性転換手術を受けに行きますとか?」
と美空が言う。
 
「そんな毎日性転換してたら性別が訳分からなくなるよ。伴奏の仕事に行ってくると言って出てきている。私が約束したのはあくまで歌手活動の自粛」
と私。
 
「詭弁っぽい」
 
「でもコーラスも伴奏の一種だよね?」
と小風。
 
「まあ、似たようなものかな」
と畠山さん。
 
「じゃ、この譜面あげるね。この譜面で S2 って書かれている所が、冬が担当するコーラス部分だから」
と小風。
 
S1は和泉、M1(またはA1)が小風、A2が美空のパートでコーラス隊は普通はC1,C2などである。
 
「メインボーカルじゃん!」
と私は抗議するが
 
「いや間違いなくコーラス」
と和泉は言い切った。
 

ところで、もしローズ+リリーが2月のツアーを実施していたら、また両方のスケジュールが完全にぶつかる所で、丸花さんは「F15気持ち良かったろ?また乗せてあげるね」などと言っていて私は内心悲鳴を上げた。
 
「まあ両者のスケジュールを今回は無理なく掛け持ちできるように、★★レコード側と協議して決めたから」
と丸花さんは言っていた。12月中旬、大騒動の直前頃である。
 
「1月31日と2月1日はKARIONだけの公演。2月7日はどちらも札幌。8日はKARIONが福島でローズ+リリーは仙台、11日はKARIONが名古屋でローズ+リリーは横浜。名古屋と横浜が掛け持ちできるのは11月に実験済みだね」
 
あれは実験だったのか!?
 
「14日はKARIONが岡山でローズ+リリーは広島。15,21,22はローズ+リリーのみ公演がある。28日はどちらも沖縄、3月1日はKARIONが福岡でローズ+リリーは小倉、3月3日と6日はKARIONのみの公演。3月7日はKARIONが富山でローズ+リリーは金沢、3月14日はKARIONが横浜でローズ+リリーは東京。今回はF15が出る幕無いね。残念」
 
などと丸花さんはむしろ自分がF15に乗りたいみたいな口調で話していた。
 

1月23日(金)。当初の予定から1ヶ月遅れになった『甘い蜜』のCDが発売になった。発売記者会見を朝10時から開く。会見には、★★レコードの秋月さんと町添部長に上島先生が出てくださった。
 
私はそれを母と一緒に自宅でテレビで見ていた。
 
「本当はあそこにはボクが座って記者さんたちに説明しないといけないのに」
と私は正直な気持ちを言う。
 
「お父ちゃんがローズ+リリーの活動の停止をさせたからね。あんたが出て行く訳にはいかないだろうね」
 
「上島先生に借りを作っちゃった」
「そのうち、ちゃんと返せるよ」
と母は私をしっかり見詰めて言った。
 
「あ、それで今夜政子の家にまた行って、今夜は彼女を連れ出すから。帰るのは多分日曜の夜か、もしかしたら月曜になってしまうかも」
 
「・・・ね、冬。あんた政子さんと、してるの?」
「まだしてない。でも今回は、しちゃうかも」
「遊びの気持ちじゃないよね?」
「ボクの気持ちは真剣だよ」
「だったらいい。でも・・・・」
 
「でも?」
「あんた、おちんちんあるんだっけ?」
「えっと・・・無くてもできることで彼女を満足させるつもりだけど」
「じゃ、やっぱりもう、おちんちん無いんだ!?」
「えっと・・・・」
 

その晩は、記者の数が減っているのをいいことに、政子をこっそり脱出させてある場所に連れて行き、気分転換をさせるとともに、ふたりの関係を再構築するつもりでいた。正直、この週末の間にふたりの関係がどうなるかは、自分でも出た所勝負だった。
 
ところが、思わぬ事態が起きて、今夜政子を脱出させるのは困難になってしまうのである。
 

「だったら、百道さんは、確かにマリさん、ケイさんの、双方と性行為をしたとおっしゃるんですね?」
 
その日の午後、都内のホテルで開かれた「緊急記者会見」の席で、記者たちの質問にロック歌手・百道良輔は彼のスタイルである不良ぶった口調で答えた。
 
「ああ。ふたりとも俺の股間のサターン・ロケットで昇天しちまってよ。きれいな人工衛星になって、凄い声で宇宙電波を発してたぜ」
 
何か「宇宙電波」の意味が分かってないんじゃないかと思って私は中継しているテレビを見ていた。
 
百道はかつては芸能界きってのプレイボーイと騒がれて、多数の女性歌手や女優との仲が週刊誌に報道され、その結果テレビ番組から降ろされたり、あるいは引退に追い込まれたり、アイドル路線からセクシー路線への転換を余儀なくされた人たちも居た(不幸になる人が多いので「下げチン」と呼ばれた)が、最近はあまり話題にされなくなっていた。
 
「でも、マリさんもケイさんも18歳未満ですよ。淫行になりませんか?」
「同意の上でやったから、別にいーんじゃね? 全部で3回デートしたぜ。俺とやるのが嫌だったら2度は来ないだろ?」
 
この記者会見をネット配信で見て、ぶっ飛んだ政子の父はすぐその日の夜の日本行きの便を予約したらしい。
 
「あと、そもそもケイさんって、男の子だと思ったのですが」
 
「何かの勘違いじゃね? 俺とやった時は間違いなく女の身体だったぜ。性転換手術済みなのか、あるいはそもそも男だってのが嘘だったんじゃないの?ただの話題作りだったりしてな。ケイは1度潮吹きまでしたぜ。男が潮吹きする訳ないだろうし」
 
この百道の発言に「そうかも」と思ったローズ+リリーのファンが全国に500万人は居たという説もささやかれた。
 
好き勝手、言いたい放題なことを百道が記者会見で話していた時、△△社の津田社長が記者会見場に入って来た。
 
「百道良輔さん、お電話が掛かっています」
「は? 今俺記者会見してるからさ、後にしてよ」
 
百道は津田社長のことを知らないようで、報道関係者か何かと思ったようだ。
 
「緊急の要件だそうです」
「何だよ?」
 
と言いつつ、百道は電話を取る。そしてしばらく相手の声を聞いていたようだが・・・・やがて顔面蒼白になった。
 
やがて電話機を投げ捨てた! そして発言する。
 
「すまん、記者諸君。今日俺が言った内容は全部冗談。俺、ケイともマリともやってないから」
 
そう焦ったような顔で言った百道良輔は突然席を立つと、走って会見場から飛び出して行った。
 
記者たちがポカーンとして、その様子を見送った。中継していたワイドショーの司会者が「何?何が起きたの!?」と叫んだ。テレビで見ていた視聴者も訳が分からなかった。
 

この時、百道良輔に電話して来たのが、百道良輔のかつての恋人で、彼との交際と妊娠により、アイドル歌手を引退するハメになった、須藤美智子であったことを、私は20年以上経ってから知ることになった。須藤さんはどうも百道と別れた後も、百道の歴代(?)の恋人から色々相談を受けたりしていたようで、百道が色々違法なこと(たぶん薬物。他にも恐喝の類い)をしている証拠を持っていて、ふざけたこと言ってると警察にタレ込むぞと言って会見を止めさせたのだろうと私は推測している。
 
私達はまた須藤さんに守ってもらったのである。
 

百道の記者会見のテレビ中継を見て、私の母は大笑いしていたが、父は私の携帯に電話してきて
 
「お前、やはりもう性転換手術しちゃってるの?」
と訊いた。
「まさか。してないと思うよ。多分」
「多分ってのは何なんだ〜!?」
 

しかしこの百道の記者会見のおかげで、私と政子の家の周りにはまた大量に記者が湧いてしまった。敷地内まで侵入してインターホンで「見解を聞かせてください」と言う記者までいた。
 
町添さんから電話が掛かってきて、私、私の母、政子、政子の母、そして職場に居る私の父、タイで会社を早引きしようとしていた政子の父とで、チャットで善後策を話し合いましょうということになった。
 
政子の家にパソコンが1台しか無いので、偶然自宅に居た秋月さんがノートパソコンを持って政子の家に急行したということで、その到着を待って始める。(秋月さんは会社からより自宅からの方が政子の家に近い)
 
(町)このチャットはオフレコということにしませんか? お互いの信頼の許、ログは自主的に消去しましょう。
 
(唐本大史)了解です。
(中田晃義)了解です。
 
(K)最初に発言させて下さい。あのような事実は全くありません。政子さんが処女であることは私の名誉に賭けて証言します。
(鞠)私、ケイに処女あげるって何度も言ってるのに、受け取ってくれないんだよねー。
(K)こらこら。とにかく私達は百道良輔とは、そもそも会ったこともないです。完全な売名行為だと思います。
 
(秋)最近百道良輔さんはマスコミにも取り上げてもらえずにいたのでガセネタで注目を集めようとしただけだと思います。
(町)本当はあの手のやからの相手など、しなければいいと思うんですけど、マスコミは話題になることなら何でも取り上げますからね。
 
(唐本大史)冬彦、お前は本当の所はどうなの?性転換してるの?
(K)オフレコだから言うけど、本当に手術はしてない。私は身体には一度もメス入れてないよ。
 
(唐本大史)オフレコじゃなかったら言えない訳?
(K)私が本当は女の子の身体なんじゃないかと勝手に想像している友人たちと全国のファンの夢を壊さないように曖昧にしてるんだよ。そう思い込むことで友人たちも私と付き合いやすいみたいだし、ファンの人たちも『仮想女子』
と考えてくれる。
(鞠)まあ要するに詐欺だよね。
(K)詐欺に近いことは認める。
 
(鞠)でも少なくとも11月の段階では、おちんちん付いてましたよ。
(K)ちょっと、ちょっと。政子さんに見られてはいますけど、性交はしていません。私、意気地無しだから。
(鞠)ああ、確かに意気地無しだよね。
 
(唐本大史)じゃ、とにかく事実無根であれば、名誉毀損で訴えるという内容証明でも送りますか?
 
(中田晃義)では、本当にそういう事実は無いんですね? でも内容証明送る場合、向こうが破れかぶれで本裁判に進む場合も想定する必要があります。その場合に、事実無根であることを証明できますかね?
 
(K)私が女性性器を持っていないことは、お医者さんに見てもらって診断書を書いてもらえると思います。
(鞠)だったら、私も処女だというのをお医者さんに確認してもらって診断書書いてもらおうかなあ。
 
(中田晃義)処女の診断書だと!?
 
(K)多分向こうは裁判やる根性は無いですよ。敗訴確実ですから。あの人、借金だらけという噂だから、賠償金払うお金も無いと思う。必要なら診断書出すとこちらが堂々と言うだけでビビると思う。
 
(中田恵美)でも、政子、お前本当に処女なの?
(鞠)取り敢えずまだ破れてないはず? ね?冬。
(K)なぜ私に振る? まあ少なくとも11月の段階では破れてなかったよ。ごめんなさい、政子さんのお父さん・お母さん。変な事までしていて。
 
(唐本春絵)お前、政子さんにそんなことまでしてるの?
(K)うん。でもセックスはしてない。
 
(中田恵美)若いんだもん。いいんじゃない? この子たちデートする時は必ずコンちゃん持ってるみたいだし。
 
(K)万一したくなってしまった時は開封して使用する約束です。でも高校を卒業するまでは、使うようなことをするつもりはありません。
(鞠)使わせようと色々してみるんだけどなあ。性欲が無いのかな。
(K)無いことは無い。でも普通の男の子より弱いことは認める。
(鞠)普通の女の子程度の性欲だよね。
(K)そんな気はする。
 

ともかくも、最後は町添さんが、この問題はきっちりこちらで決着を付けるということを明言し、それで政子のお父さんは、日本行き(=政子のタイへの強制連行)を中止したようであった。
 
しかし双方の家の周りに大量に記者がいるので、今夜裏から密かに脱出するという計画は延期することになった。
 

私と政子はその日の夜、百道の記者会見の内容は事実無根であり、名誉毀損で訴訟の用意があること、またその件について百道の事務所に顧問弁護士名で内容証明を送付した旨のメッセージを★★レコードのサイトで公開した。
 
この件について翌日土曜日、加藤課長が記者会見をして、記者たちの質問に色々答えてくれた。
 
「マリさんもケイさんも、万一裁判になった場合は、百道の発言が事実無根であることを証明する医師の診断書を提出してもよいと言っています」
 
「医師の診断書って、処女膜が存在するという診断書ですか?」
「マリさんは高校生ですので、そのあたりの言葉使いは御配慮頂けませんか?」
と加藤課長は言った。
 
「ケイさんの方は性転換手術をしていないという診断書ですか?」
「プライバシーの問題がありますので、ここでは詳細な説明は控えさせて下さい」
 
「あのぉ、ケイさんが実は元々女性であったという説については?」
「有り得ない話ですね。ケイさんは普段は男子高校生として学校に通っていますよ」
 
「でもケイさんが学生服とか男の子の服を着た写真というのが1枚も見つからないのですが」
 
「ケイさんは女装がとても似合うので、子供の頃から、友人たちによく女装させられて写真を撮られていたようです。それでそういう写真ばかりになってしまったようです」
 
「中学の卒業アルバムとか修学旅行の記念写真とかもですか?」
「あれはジョークだそうです」
 
と言って加藤課長は初めて笑顔を見せた。
 

金曜日の百道良輔の記者会見の後で良輔本人が事務所からも連絡不能状態になっていたので、弟のロック歌手で、こちらは兄とは違って真面目なスタイルで人気のある、百道大輔の所にも記者たちが押し寄せたようであるが大輔は
 
「兄貴の言うことなんて99.99%嘘だから、そもそもまともに取り合っちゃいけませんよ。僕からもケイさん・マリさんには謝りたい」
 
と半分迷惑そうな顔で語っていた。
 
そのインタビューをテレビで見て、政子は
「99.99%嘘って、冬みたいだね」
などとメールしてきた。
 
「そんなに嘘つかないよ」
と返信したら
「99.8%くらい?」
などと言う。
 
「でも百道大輔さん、格好いいね」
などとも政子はメールに書いていた。
 
良輔の不良スタイルも演出であるなら、大輔の真面目スタイルも多分演出だろうと私は思っていたのだが、わざわざ政子の気分を害することもないので私は黙っておいた。
 

しかしこの騒動は結果的には『甘い蜜』のプロモーションのような役割を果たし、発売初日に、あちこちで売り切れる状況となった。1ヶ月間倉庫代を払って保管していたCDのみならず、町添さんが他の役員さんから懸念を表明されながらも念のためと言って自分の責任で少し追加でプレスしておいた分を加えてもソールドアウトで、レコード会社では、慌てて追加プレスを行った。
 
しかしそういう訳で1月末になっても、私たちの家の周りに記者の数はまだ結構居たので、私たちは政子を脱出させるのに苦労することになる。
 
私は24日(土)の晩、詩津紅の所に電話をした。
 
「ちょっと頼みがあるんだけど。ボクと詩津紅の仲に免じて、一肌脱いでもらえないかと思って」
「脱ぐって私をベッドに誘うの? 冬とならホテルに行ってもいいよ」
 
「違うよ〜。少し面倒なことをお願いできないかと思って」
 

それで結局、私が若葉と入れ替わりで外出していたのと同様にして、詩津紅が政子の身代わりになってくれることになった。ウィッグを付けた詩津紅を含む政子の同級生数名が朝から政子の家を訪れ、出て行く時には詩津紅が家の中に残って、代わりにウィッグを付けた政子が出てきたのである。
 
この計画は百道の騒ぎがあった1週間後、1月30日の金曜日に実行した。百道の騒動から少しでも時間を置いてほとぼりをさましたかったこと、身代わりになってくれる若葉と詩津紅が1日学校を休むだけで済むようにするためである。
 
(事情を話したら双方の学校とも、若葉と詩津紅は出席扱いにしてくれたらしい)
 

脱出してきた政子は
「冬、なんで◎◎女子高の制服なんか着てるの?」
 
と何だか楽しそうに訊いた。私が女の子の服を着ているのを見ているだけで、政子の機嫌が良くなるのはよいことだ。
 
「私も若葉と入れ替わりで出てきたからだよ」
「そっかー。てっきり冬は◎◎女子高に転校しちゃったのかと思ったよ」
「男の身体のままじゃ女子高には入れてくれないだろうね。でももし転校するなら、政子も一緒だよ」
「それは当然だよね。ということは、私が女子高に転校すると言ったら、冬もそこに来る?」
 
「その時は速攻で性転換手術受けて、政子に付いていくよ」
「ふふふ。それ実行してよね」
 
と言って政子はまた楽しそうな顔をした。
 

私は秋月さんに車を運転してもらい、政子を連れて伊豆のキャンプ場に行った。そこは高1の夏に書道部でキャンプをした場所で、ここでその時、私と政子は初めてふたりの共同作品を書いたのである。
 
私達の原点とも言うべき場所に行き、私とふたりだけの時間をゆっくりと過ごし政子はかなり精神力を回復させた。しかしまだ本調子ではないと思った私は、翌日、1月31日、政子をその日から始まるKARIONの全国ツアーの初日、東京公演に連れて行った。
 
私は元々この公演に伴奏ででもいいから出ないかと誘われていたのだが、政子との時間を持ちたいのでと言って断っていた。
 
「へー、デートのために仕事をキャンセルするの?」
などと小風からは、からかわれたものの、状況が状況なので、みんな私の行動には理解を示してくれた。
 
それで政子にハッパを掛けるためにKARIONの公演を見せようと思い、畠山さんに電話してチケットを融通してもらうことにした時、最初「ステージ上の席ならすぐ用意できるよ。マリちゃんも一緒でもいいよ」などとメールがあった。政子をステージに立たせるというのは面白い方法だとは思ったが、さすがにまだ無理かなと思い、私は「見切席でいいので客席の方でよろしく」と返信したら入場用のQRコードを送ってくれた。
 

入場してすぐ政子がトイレに行ったので、私はロビーでポスターなど見ていたのだが、バッタリと畠山さんに遭遇する。私は至近距離まで近づいて小さな声で言った。
 
「『遙かな夢』を演奏してもらえません?」
「いいよ。でも譜面あったかな・・・」
「私が電話してレコード会社からこの会場のFAXに送らせます」
「うん。じゃ頼む」
 
それで私が★★レコードに電話したら、秋月さんが出た。ちょうど会社に戻ってきた所らしい。それでお願いして『遙かな夢』のバンドスコアをFAXしてもらった。
 
やがて政子が戻って来たので一緒に客席に行く。それでおしゃべりしながら開演を待っていたら、席まで望月さんが来た。
 
「ちょっとよろしいですか?」
と言われたので、政子に「待っててね」と言って、望月さんに付いていく。望月さんは私を楽屋まで連れて行った。
 
「はい、今日の衣装」
と小風が衣装を渡す。
 
「ちょっと待って。今日は私は観客だから」
「じゃ後半だけでも入ってよ。伴奏でもいいから」
「ごめん今日は和泉を生で見た時の政子の反応を確認したいから勘弁して」
 
すると和泉が言った。
 
「じゃ、アンコール前の後半ラストで『優視線』を演奏するから、それだけでもピアノ弾いてよ。あの間奏の神プレイの所は今日だけ頼んだキーボーディストさんも譜面見て『すみません。これは私には弾けません』と言ったから簡易な間奏に差し替えようかとも言ってたんだけどさ。お客さんはCDやPVを聴いてあのプレイを聴きに来てると思う。だからやって欲しい。これはKARION公演を聴きに来たお客さんのためだよ」
 
私は和泉の熱い言葉をじっと聞いていた。
 
「分かった。そういうことなら、やる」
と私は答えた。
 
「『トライアングル』を聴き終わった所でこちらに来て頂いたら衣装替え・メイクお手伝いします」
と望月さんが言った。
 
 
前頁次頁時間順目次

1  2  3 
【夏の日の想い出・港のヨーコ】(中)