広告:素晴らしき、この人生 (はるな愛)
[携帯Top] [文字サイズ]

■紙風船


[0目次][#次頁]
次頁目次

↓↑BottomTop

(c)2002.4.12 written by Eriko Kawaguchi.

ミキちゃんとはいつも土蔵の中で遊んでいた。それは物心付く前からだったかも知れない。

ミキちゃんは絵本を読むのが好きだった。だからボクはよく一緒に絵本を読んでいた。その頃ボクはまだ字が読めなかったけど、お母さんから何度も読んでもらった話は覚えていたから、ページをめくりながらミキちゃんにお話をしてあげた。

ミキちゃんは白雪姫とか、シンデレラとか、眠り姫とか、親指姫とか、苦労した女の子が幸せに王子様と結婚するお話が好きだった。「でも、いいよね。こんな素敵な王子様と結婚できたら。こういうきれいな服着て」
とボクが言うとミキちゃんはクスクスと笑った。その仕草が可愛い。

↓↑BottomTop

「ケイちゃんも、こういう服着て王子様と結婚したいの?」「うん」
「それは無理よ。ケイちゃん、男の子だもん。女の子でなきゃお姫様になって、王子様と結婚はできないのよ」「ミキちゃんは女の子なの?」
「そうよ」「いいなぁ。男の子・女の子っていつ決まったの?」
「生まれた時から決まってるのよ。ケイちゃん次にまた生まれる時に女の子に生まれれば、王子様とも結婚できるかもよ」「ふーん」

その頃ボクには男の子・女の子というのはまだよく分かっていなかったかも知れない。でもミキちゃんはいつも可愛らしい服を着ていた。どうやらそういった可愛い服を着れるのも女の子の特権らしい。

↓↑BottomTop

ボクがあんまりうらやましそうにしていたら、ミキちゃんはある日「少し着てみる?」と言った。ボクが「うん」と言うと、ミキちゃんは自分の着替えを出してくれて、着てみてもいいよと言った。ただ大人に見つかると叱られるかも知れないから、土蔵の中だけという約束だった。

ボクは喜んでズボンとシャツを脱いで、その服を着ようとしたら「パンツも換えよう。そこにあるから」と言う。そのパンツにはちんちんを出す穴が付いていない。それを言うとミキちゃんはクスクスとまたあの可愛い仕草で笑って「別にいいのよ。それからこれも着てね」と言って変わった形の白い服を渡してくれた。シュミーズと言うんだって。

↓↑BottomTop

そのパンツとシュミーズを付け、上着を着ようとしたら何だかボタンが留めにくい。「これ、変。ボタンの付き方が逆だよ」「女の子用はそう付いてるの」
「ふーん」そして最後にスカートを履く。「これ履きたかったんだ。ボクね、スカート1枚も持ってないの。ミキちゃんがいつも履いてて可愛いから、お母さんにスカート欲しいって言ったら、ダメって言われた。どうしてかな?」
「スカート履くのも女の子だけなのよ」「ええ?ずるいな、女の子って」

ボクはミキちゃんから借りた服を着終わると一緒に鏡の前に並んでみた。ミキちゃんてボクと顔が似てる。こうしていると姉妹みたいだ。ミキちゃんの方が少し背が高いけど。「ケイちゃん、わりと女の子の服似合うね」「うん、そんな気がする」「似合ってるから、これからも時々着ていいよ」「ほんと?ありがとう」ボクは何だか嬉しかった。

↓↑BottomTop

春になってボクは幼稚園に行くことになった。お母さんは幼稚園に行くと沢山友達が出来るよと言っていた。ボクはユカちゃんとマリちゃんとアキちゃんと仲良しになった。一緒にママゴトしたり、お絵かきしたりして遊んでいた。ある時先生が「男の子とも遊んでごらん」と言って、コウタくん、ツヨシくん、たちの所に連れて行かれたけど、男の子たちのおすもうごっことか、ボール遊びにはあまりなじめなかった。いつかユカちゃんたち女の子の輪の中に戻っていた。

そして幼稚園から帰ると、また土蔵の中でミキちゃんと遊んでいた。幼稚園ではひらがなを教えてくれたので、ボクは絵本が読めるようになっていた。そこで土蔵の中に置いてあったけど自分が今まで知らなかったのでミキちゃん読んであげられていなかった本も読んであげられるようになっていた。ボクはアラビアンナイトの話とか、中国の昔の胡弓を弾くお姫様の話とか、いろいろな話をミキちゃんと一緒に読んだ。漢字のある本もだいたいルビが振ってあったので読めたし、それで逆にボクは少しずつ漢字も覚えて行っていた。

↓↑BottomTop

「ミキちゃんは幼稚園行かないの?」「うん。私はちょっとね」ミキちゃんは土蔵が好きだ。外で遊ぼうと言っても、私はここがいいのと言って出ようとしない。でもおかげで、ボクもミキちゃんと遊ぶ間はずっと女の子の服を着ていられた。その頃にはボクは毎日、土蔵に入るとすぐにミキちゃんの女の子の服に着替えて、夕方になって土蔵を出る時までずっとそのままにしていた。「外ではずっとズボンでしょ。ここに着てスカート履くと、ボク何だかほっとするんだ」「ふーん。ケイちゃんて女の子に生まれてたら良かったのにね」

それはミキちゃんに言われなくても、よく近所のおばちゃんや親戚のおばちゃんにも言われるような気がする。幼稚園でもユカちゃんから何度か言われた。
↓↑BottomTop

その日はお祭りがあっていた。ボクはお母さんから濃紺の浴衣を着せられ、お昼前に神社に行った。参道にたくさん何だか面白そうな店が並んでいる。ボクは見てみたいと行ったけど、お母さんはダメですといってさっさと先に歩いていった。

人がたくさんいる。子供たちもたくさんいる。赤や黄色のきれいな浴衣を着た子もいる。「お母さん。どうせなら、あんな浴衣が良かったなぁ」「でも、ケイちゃん、あれは女の子用よ。ケイちゃんは男の子だから、こういう浴衣でいいのよ」「ふーん」男の子ってつまんない。どうしてきれいな服を着ちゃだめなんだろう。

↓↑BottomTop

お祭りはただ歩いただけなのに少し疲れたみたい。戻ってきてから少しお昼寝したらもう夕方近く。ボクはミキちゃんを待たせちゃったかなと思って慌てて土蔵に行った。ミキちゃんは来てたけど、別に怒ってはいなかった。一人で本を読んでたようだ。

ボクがお祭りの話をすると、ミキちゃんは珍しく行ってみたいなと言った。浴衣着るの?と聞くとうんと言う。そしてそのままちょっと首を傾げた感じで「私、浴衣何枚かあるんだけど、ケイちゃんも私の着たい?」と聞いた。ボクは喜んで「うん」といった。

ミキちゃんは自分の着替える所は見ないでと言って、ボクを後ろ向きにしておいた。そして終わると、ボクの着替えを手伝ってくれた。二人とも赤い浴衣だけど、ミキちゃんのはお花の模様、ボクのは金魚の模様。

↓↑BottomTop

でもミキちゃんの服を着たまま外に出るのって初めて。何だかドキドキする。ミキちゃんは「今日だけだからね」と言った。

二人で手をつないで神社まで行く。「先にお参りしよう」とミキちゃんが言いボクたちは拝殿まで一緒に行って手を叩いてお祈りする。そしてそれから参道のお店を見て歩いた。もう夕方で少し暗くなりかけているのであちこち電動のランプが灯っている。何だか不思議な感覚だった。

ボクたちはお金を持ってないから、ただのぞくだけなのだけど、なかなかに楽しい。そうこうしている内に風船釣りの所に来た。面白そうなので二人で見ていたら「お嬢ちゃん達もしないの?」とお店の人が言う。ミキちゃんが「私たちお金持ってないから」と言ったら「可愛いからタダで1回させてあげるよ」と言ってくれた。

↓↑BottomTop

最初にミキちゃんが挑戦する。かなりいい線行ったのだけど、あとちょっとのところで落ちてしまった。「うーん、残念。次は君の番だよ」と言う。ボクは慎重に糸を垂らし、カギを引っかけてゆっくりと引き上げる。でもやはり最後の最後で落ちてしまった。「うーん。だめだったか。君たち二人だけで来たの?」
「ええ。でもちゃんと帰れますから」とミキちゃんが言った。「そう。すごいね。気を付けて帰るんだよ。これおまけであげちゃう」そう言うと、お店の人はボクたちに紙の風船を1個ずつくれた。ボクたちはお礼を言ってそこを離れた。
↓↑BottomTop


あまり外で遊ばないミキちゃんだけに外出がこたえたのだろうか。ミキちゃんとはその後一週間くらい会えなかった。次会えた時、ミキちゃんは少し青い顔をしていた。「ミキちゃん、大丈夫?」「うん、だいぶ良くなったよ。ねぇ、ケイちゃん。ケイちゃんは大きくなったら何になりたいの?」「看護婦さんかなぁ。病院行った時とか、優しくしてもらっていいなぁと思ったの」「男の人は看護士さんて言うんじゃないの?」「ボクは看護婦さんにはなれないの?」
「看護婦さんて言ったら女の人だもん。それともケイちゃん女の子になりたい?」
「え?なれるの?女の子になれたら、スカート履いててもいいし、泣いても叱られないし」「男の子でも別に泣いてもいいよ」「そうなの?だって」

↓↑BottomTop

ボクはこないだ幼稚園で滑り台をしていて登るときに足を踏み外して落ちて、思わず泣いてしまったら、先生から「男の子はこのくらいで泣いちゃダメ」と言われたことを話した。するとミキちゃんは笑って言った。「そのくらいなら女の子でも泣いちゃダメよ。別に男の子・女の子は関係ないと思うな。先生が男の子は、って言ったのはただの言葉のあやよ」「あやって何?」「うーん、まぁ、どっちみちそう気にする問題じゃないってこと。ケイちゃんはもっと自分の心を強くしなくちゃね」「それは男でも女でも?」「そうだよ。むしろ女の人の方が強い心を持って生きてることあるんだよ」「うん。じゃボクも強くなる」「じゃ約束」ミキちゃんが小指を出したので、ボクは指切りをした。
↓↑BottomTop

「あのね、ケイちゃん。こないだ私神社でケイちゃんの望みが叶いますようにってお祈りしたんだよ」「え?そうなの。ボクはずっとミキちゃんといられますようにってお祈りしたんだ」「そう。二人とも願いが叶うといいね」「うん」

ボクと話している内にミキちゃんの顔色も少しずつ良くなってきていた。「そうだ。ケイちゃん看護婦さんになりたいなら、お医者さんが忙しい時は、患者さんの様子とかもちゃんと見てあげられる?」「うん。ボク頑張る」
「じゃ、私の様子を見てみて」ミキちゃんが可愛らしい仕草でそう言った。ボクは戸惑って「えっと、どうしたらいいんだっけ?」と聞くとミキちゃんは「診察する時は洋服を脱がせるのよ」と言う。

↓↑BottomTop

ボクはちょっとドキドキしたけど、ミキちゃんの上着を脱がせ、下に着ているシュミーズも脱がせて上半身裸にした。お医者さんが病院でしていたのを思い出しながら、胸とかお腹とかを手でトントントンと軽く叩いてみる。「背中も見てね」「うん」ボクはミキちゃんの後ろに回って背中もトントントンとしてみた。「看護婦さん、私の身体の調子どうですか?」「大丈夫みたいですよ。すぐ元気になりますからね」「ありがとうございます」
↓↑BottomTop

次頁目次

[0目次][#次頁]

広告:女の子の声になろう! 即効ボイトレ編