編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

背面座位 -


背面座位(はいめんざい)とは、後ろ向きに座ったまま密着する体位である。

男性が座っている上に女性が座って、陰茎が膣に入るようにする。この体位の作り方は、正面座位と同様に先に男性が足を折り開脚した姿勢で座っているところに、上から女性が座る方法と、後背位の状態から男性が女性の体を密着させたまま座ることでこの体位にする方法とがある。

この姿勢で女性も開脚して陰裂をひろげ、陰核を男性の指で刺激する体位は「牡丹」と呼ばれ、女性側の羞恥心がひじょうに強まることで、ふつうの体位では刺激が足りないと感じるカップルに人気である。

女性同士でこの姿勢を取るのはダブルスプーンというが、ダブルスプーンは側位でおこなわれる場合もある。むろん後ろ側になっている人が表側になっている人の陰核を刺激するのが基本である。


【コメント】
あなたの名前:

.