編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

男性外性器 - Male's Genital


男性外性器は、要するに陰茎と陰嚢である。陰茎の先端を亀頭と呼ぶが、思春期以降でも勃起した時にのみ亀頭が大部分現れる仮性包茎?に留まるのであれば、まずそれ以上剥く手術は不要。入浴時に自分の手で剥いて洗えばいいだけの話。

なのに、「その程度なら、ホントは全然必要が無い」包茎患者に「手術を強要する」悪徳Clinicは少なくない、と、AERAの他、某民放Key Stationも報じた。

この手口は女性が下着姿でエステティックサロンに監禁され、高額の契約を結ぶように強要される、というのと瓜二つの手だ、と件のTabloid TV Programは解説している。

そもそも、若い男性を「必要の無い包茎手術」に依る「ボッタクリ」から守る為にも、「性交に支障がある等、何が何でも包茎手術するべき陰茎」の持ち主、なんて多くないのだと、11歳くらいの男の子に諭す事が必要ではあるまいか。

さて、発生学的に言うと、女性の大陰唇が左右合わさって「袋」になった後、その中へ睾丸が降りて来て収まり、思春期直前くらいにsetで膨張する。

さて、11歳くらいの男の子の、陰茎よりも陰嚢が明らかに成長が弱く、且つ、彼はそんな歳でも「ホントは女の子と一緒に遊びたい」のが本音ではあるまいか?と、感じたならば、声変わりする前に速やかに性器を切除すれば「女の子」になれる可能性もある、と、ハッキリ告げるべきであろう。

そういう男の子は胎生中に浴びたandrogen?が異常に少なく、脳が「女の子」に近い、という疑いがあるからだ。

陰茎は、クリトリスが長大になった、というところ迄は知られているが、裏側は女性の小陰唇が伸びて来た事に因り形成される。
胎生中にこの成長が一定以上に悪いと、「立ちしょん」出来ず、これも又、もしも彼が女の子との遊びを好んでいた場合、勿論睾丸摘出手術とsetで、「どうせ役に立たないオチンチンを切って、女の子にならないか?」と打診してみよう。

陰茎欠損が一定Level以上、手術に依る治療が困難な場合、ダラダラと薄い精液しか出ないので,子供を種付けする事が出来ないだけではなく、快感もないから性的に欲求不満になるだけである。

もしも思春期迄はまだまだ先だし、「女の子みたいな側面」も多い、という男の子が、「立ちしょん」も、大人になってからも性交も無理、と予想される程重度の陰茎欠損が認められた場合、あくまで彼自身の同意を得た上で、「いっそ、女の子になっちゃいなさいよ。」というのも一つの選択肢としてkeepしておくべきであろう。

性別留保,はるな愛,睾丸摘出,女性化,女性化教育,女性向きの職業


【コメント】
あなたの名前:

.