編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

態度の性 - sexuality in behavior


態度の性(たいどのせいsexuality in behavior)とは、そのに属する人が態度・仕草・言葉などで、そういう傾向を示すことが期待されるもの。

いわゆる「男らしい態度」「女らしい態度」「男らしい仕草」「女らしい仕草」「男らしい性格」「女らしい性格」「男らしい言葉遣い」「女らしい言葉遣い」などといったもの。

男性はしっかりしたハキハキとした態度で、勇気があり決断力がある積極的な性格、女性はやわらかく優しい態度で、寛容で包容力がある受容的な性格、などとされ、男性的な行動力を持つ女性は「男まさり」、女性的な行動をしがちな男性は「女の腐ったよう」などと言われた。

また言葉では、一人称として男性は「ぼく・オレ」などを使い、女性は「わたし・あたし」などを使うとされ、語尾も男性は「~だな・だぜ」など、女性は「~だよ・だわ」などを使うとされた。

仕草については女性側にタブーが多い。椅子に座るときに足を開いてはならないとか、床に落ちたものを拾う時は足を曲げてスカートがめくれたりしないように気をつけながら腰を落として拾わなければならないとか、いつも笑顔でいろとかは良く言われるものである。こういうタブーを犯す女性は概して「がさつな女」「女を捨てた人」とみなされる。

しかし最近では特に「男まさりの女性」は社会的に許容される傾向があり、「ぼく」を一人称として使う女性もいる。しかし男性が女性的な行動をしていると概して批判されるし、男性が「あたし」などを使うと、性的な傾向に異常がある人かと思われる状態が続いている。一般に現代社会では女性が男性の領域に足を踏み入れるのは問題なくても、その逆は異常・変態などとみなされやすいのである。

このあたりもMTFの人たちの行動を過激にしていく。

またジェンダーフリー?を推進する立場の人は行動や性格の「男らしさ」「女らしさ」を否定していく傾向にある。

性役割


【コメント】
あなたの名前:

.