編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

性同一性障害に対応する病院 - The hospitals&clinics for GID


2010年現在、日本国内で性同一性障害に関する医療を行っているclinic等は下記の通りです。一部もう少し新しいデータも有り。

要注意❗️なGID対応病院? 大病院もしくは「ナグモクリニツク」(Internet広告も展開中)のような、「バリバリGIDの患者」のみを手術している医療機関へは、マジで「性別再割当手術」(SRS,GRS)に備えて、既に2年以上に亘り「貴方はGIDだ、と認めてくれた精神科医による診断書」無しに訪れてはいけません。Thilandもそうです。Internet広告に明記されています。

大学病院などの大病院の精神科医は、例えば「異性装が全然フツーで、バリバリの同性愛」で無ければ全部、「偽GID」?だと「信じて疑わない」……などといった知識の浅~~い医師しかいません。

筆者が調べた限りでは、Operationの是非についてのCounselingもOperationの両方ともやってくれる医療機関は「大病院」には唯の❗️一軒も無く、松江の「カズキ…」さん、及びそのようなカテゴリーのClinicしか存在しないように思われます。
と、いうよりも、明確に「GIDのカウンセリングを致します」という看板を掲げている医療機関以外の精神科医は、「全部駄目」Death‼︎

 
大病院はみんな、 ホルモン療法や手術は出来ても精神科医は1人残らず、性同一性障害に関して全くの素人?だと考えて下さい。

【「正規の」とか「正式な」(という概念はしつこく後述しますが、「虚構」です。前述の理由に因り、新規にCounselingを受けに行く事は間違っても止めて下さい。)チームを設けている大病院】

「異性化願望に関しての精神面での問題」が未解決な患者さんは、絶対に上記のような病院へ行かないで下さい❗️

【その他の対応をしてくれる病院】

注:膣形成等は大病院を紹介してくれるが、FTMの人に対しては「立位で排尿可能なペニス形成は断念」するように推奨する場合も多い。コストは高く、失敗の可能性も高い為。

ところで、MTFの人は大抵知らないでしょうが、FTMの人って、「物心ついてから大分経ってから、ホントに男の子ならば立位排尿できる、って事を知った為、男にはなりたいが立位排尿に拘泥しようとは思いません。」という人も多いし、彼女らの多くは子宮摘出で生理も生殖能力も永続的に放棄し、偽ペニスを付けて男湯に入れたり、男性の言葉遣いを公認されればそれが一番妥当だ、と考えます。

「立位排尿に拘泥した」一例であろうと思われるが、週刊現代に拠ると、「安楽死の合法が明文化」されたNetherlandで、「FTM-SRS hasn't succeed」を理由に「合法的安楽死」を認められた人が出た、との事。

【多かれ少なかれ、counseling及び去勢等をしてくれるらしい、小型医療機関】

【精神的な診断のみ】(このページを読んだ方は、必ず件のClinicの同意を得た上で口コミ加筆を願います。

上記以外でも、GIDの診断をしたり女性ホルモンを処方してくれる所は結構あるようです。但し、精神科Levelのカウンセリングはしてくれません。

その他、はるな愛ちゃんがoperationを受けた和田形成外科は、2007年頃院長が死去したため現在は不可。

ホルモン療法のみの例:

但し、平日でさえも中国・台湾人観光客が凄い。平日は18時10分、土曜日は12時25分迄診療。

和歌山市・関西空港からは、南海電鉄天下茶屋の真下にある地下鉄堺筋線へ乗り換え)

見た目での、「待っている他の患者さんの数」に比して待ち時間が意外と短い。

このClinicは前記の、名古屋Floave Clinicの医師御本人?が教えてくれました。

但し、ここの医者は、「僕は特にGIDについて勉強している医者じゃなくて、唯、ホントに手術してくれる医者とパイプが有るから、低料金でHormon注射サービスしてるだけです。」との事。

陰茎切断は諦めて、睾丸摘出とHormon療法のみにとどめ、其れに伴いお風呂、プール、フィットネスクラブで「女」に入るのを諦める場合、case by caseですが、其れに加えてA-cupにも達しない場合に始めて豊胸術、とやればHigh Cost Performanceという考え方もあるでしょう。
【状況不明】

大阪医科大学?
以前チームがあったが、現在対応していないかも知れない。

埼玉医科大学?
最初に「公的に認められ」⁇た性別適合手術を行った所であるが、この治療を進めてきた原科孝雄教授が2007年3月末で退官した為中止した時期もあった。しかし、約3年後に別の外科医が着任して再開した模様。

【個人病院】
対応してくれているところもいろいろありましょうが、そうした情報を安易に広める事はその病院に迷惑が掛かる場合も有り得ます。無断でwikiに記述しないようお願いします。その手の情報はBBSにお願いします。

再度、注意?正式な性同一性障害者への対応?を行う医療機関という概念は、全面的に虚構?です。

何故なら「正式な」医療機関のOperationでなければ戸籍上の性別変更が出来ない、ということは決して無いし、「全額自己負担」と云う点でも何ら変わらないからです。

この点を肝に銘じておかないと、多大なる時間と電車代の無駄遣いが「必至」だと思って下さい。筆者も、オカマ山大学病院?の藪医者に懲り懲りしたから、当siteを執筆しておりますので。

更に、忙しいからなのかどうかは知りませんが、「日本精神神経学会」なる団体が、常勤職員zero人だし、「戸籍上の性別変更に必要な事項」を八割以上も実際には必要な筈が無い情報だと理解できなかったので書いてしまった、と言う他無い書類を厚生労働省経由でUp-Roadし、筆者は一応同省に削除を求めておきましたが、もし削除されていなければ「多大なる誤解」が厚生労働省経由で撒かれ続ける事になってしまいます。

いっそ、「日本精神神経学会」そのものを解散して欲しいですね。そんなにヤル気無いのなら。

筆者は睾丸摘出、plus Hormon療法?だけにする、という落とし所になりましたが、筆者のようなカテゴリーの患者さんの場合は、「正式な手術する病院」は全く駄目であり、ギンギラギン♪に「女性化」したい方で無いと、冒頭に記したような問題になって、「憤懣やるかたない」思いをするのがオチです。

読者諸兄姉にも、「正式な手術」という概念は存在しない、というテーゼを謙虚に認めない藪医者とは、速やかに絶交する事をお勧めします。

ところで、熊本県「八代市のスグ近く」に生まれ育って名古屋で就職した後、前述の名古屋のFloave Clinicで去勢して、当初は地元で、現在は平塚でNew Half勤務しているスザンヌみさき?(wasada nao:早田 直、wasadasan)氏が詳しいSiteを開設しておられるので、MTFの方は是非ご覧戴きたいと思います。

はるな愛.簡易性転換手術,睾丸摘出,性転換手術-MTF,女性化教育,estrogen?女性ホルモン,transMtFさくら?


【コメント】
あなたの名前:

.