編集 | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

女声発声法 -


目次

女声を出す方法

女声を使う方法をまとめてみる。

人工的なものに頼る方法

ボイスチェンジャーを使う方法がある。スカイプなどで相手と話す場合はこれで充分通用する。ソフトウェアで変換する方法とハードウェアで変換する方法があるが、ソフト方式ではAVSOFT CORP製の「Voice Changer Software(AV VCS)」が2011年現在ではほぼ唯一の選択肢といってもいい。ソフトの良いところは手軽に始められるし安価であることである。一方、ハードウェアを使用する方法は、高速に変換するので、タイムギャップを相手に感じさせない利点がある。ただし機械は高価である。

ただしボイスチェンジャーは、基本的に男声しか出せない人には使えない機械である。自分である程度女声にかなり近い声を出せる人が、ボイスチェンジャーのソフトやハードを通すことで、より女性としてパスする声にすることができるのである。それができない人が無理矢理機械で声を女性化しようとしても、どうしても不自然な声になってしまう。

手術によるもの

声を女性化する手術と称するものは存在するが、それが効果をあげたという話は聞いたことがない。

訓練によるもの

ボイストレーニングにより、女声を出せるように訓練する方法である。若いうち、できたら変声期頃からある程度やっていたほうが、より良い声を出せるようになる。訓練は基本的に、女声を出す要領を覚えること、女性の話し方のイントネーションや癖を覚えること、そして発声のための筋肉を鍛えること、という3つのポイントがある。

最も大事なのは、男性が実は女声を出せるということを知ることである。

この訓練の方法としてメラニー法ペットボトル法?, ささやき法?, 濁り抽出法?などの手法が知られている。

またいづれにしても裏声を鍛えることはとても大事であり特にミドルボイスの発声を覚えることは重要である。

歌うと話す

女声を使う場面として「女声で歌う」のと「女声で話す」のとがある。多くの人が女声で歌うほうが覚えやすいと感じており、こちらを先に習得する人が多い。

女声で話す場合、発声法以上に大事なのが、「女性的なイントネーションで話す」こと、「女性的な内容を話す」ことである。

低いトーン、声自体が男声にしか聞こえないような声であっても、女性的なイントネーションで話すと、実は女性が話しているように聞こえてしまうのである。この件についてはフィッシュアイ?の項も参照のこと。


【コメント】
あなたの名前:

.