広告:まりあ†ほりっく1(MFコミックス)
[携帯Top] [文字サイズ]

■サンタガール


[0目次][#次頁]
次頁目次

↓↑BottomTop



「君のことが好きなんだ」
彼女は答えなかった。
「私、行くね」
彼女はベンチから立ち上がると走って行ってしまった。

ふられた・・・・充分マユちゃんとは親しくなっていると思っていた。
恋愛なのか友情なのか自分でもよく分からなかったけど、もっともっと彼女と一緒にいろいろ楽しく話していたいと思った。それでボクは告白した。でもマユちゃんの返事は「御免なさい。ゆっくんとはお友達でいたいの」

ボクは掌から砂がこぼれていくような感覚に襲われていた。
その砂は確かに自分のものだと思っていたのに。

今夜はひょっとしたらHまでいくかも知れないと思って、実は生まれてはじめて避妊具を買っていた。あれも使うことのないままになるのかな。
↓↑BottomTop

ボクは長く立ち上がれなかった。
いろんな思いが脳内を駆け巡って、すごく辛かった。

「君君、大丈夫?」
突然声を掛けられて顔を上げると、懐中電灯を持った警官だった。
「あ、すみません。疲れたので少し休んでいました。もう行きます」
ボクはようやく立ち上がった。

「飲み過ぎかい?気を付けて帰れよ。飲んでるなら運転しちゃダメだよ」
「はい、タクシーで帰ります」
「それに夜更けに公園で女性がひとりでいるのは危険だから」

女性?あ、そうか。また女の子に間違われたのか。髪は長くしてるけど。でもまあ、女の子と誤解されるのは子供の頃からのことでもある。

↓↑BottomTop

「ありがとうございます。すぐそこが大通りだから大丈夫だと思います」
「うん、気を付けてね」

自分は男ですと説明するのも面倒だと思ったので、ボクは素直にそう答えると、大通りの方へと歩いていった。コンビニでビールでも買って帰ろうかな。お酒弱いから、めったにアルコールなんて買わないけど、今日は飲める気がした。


コンビニでビールを買っていたら、レジのそばにバイト情報誌が目に入った。バイトか・・・・彼女と交際成立していたら、クリスマスイブや正月はふたりで熱い1夜を過ごすことになるかもしれないしと、この冬休み、バイトは入れてなかった。
↓↑BottomTop

バイトでもしようかな・・・・・ひとりでクリスマス過ごしたくないし。
ボクはそのフリーペーパーを取ると、持ち帰ってアパートでビールを飲みながら眺めていた。正確にはビール缶を開けたまま眺めていた。一口だけは飲んだけど、あとは身体が受け付けなかった。辛い気持ちが頭の中を駆け巡っていた。
「クリスマスケーキの配達か・・・・問合せ夜22時まで??」
時計を見ると21時58分だった。思わずその番号に電話してみる。
「夜分恐れ入ります。高木と申しますが、☆☆バイト情報で見たのですが、クリスマスケーキの配達のバイトまだ受け付けてますか?」
「えっと、大学生?」「はい」
「運転免許持ってる?MT車運転できるやつ」
「はい。最初ATで取りましたが、限定解除したのでMT運転できます」
「ん。じゃ−、明日にも履歴書持ってきてみて。朝9時くらいがいいかな」
「はい、よろしくお願いします」
ボクは少しだけ気持ちが軽くなった気がした。とにかく明日することができたから。ボクは一口しか飲んでないビールを台所に片付けるとそのまま布団に潜り込んだ。
↓↑BottomTop



朝起きるとボクは鏡を見ながらひげを抜くと、身支度を調えてアパートを出た。ひげは剃ると剃り跡が嫌なのでいつも抜いていた。今日の服は、黒いストレッチジーンズに、青いセーター。それにダウンコート。ジーンズは実はレディスだ。
メンズのはどうしてもサイズが合わなくて着られない。ウェストで合わせるとヒップが足りず、ヒップに合うものにすると大幅にウェストが余る。そんなことを学校で話していたら、同級生の女の子が「じゃ、ひょっとしてレディスで合うのでは?」と言われてドキドキしながら買って来てみたら、W63cmのレディスジーンズでぴたりと合った。それまでは76cmのメンズのをはいて、ウェストが大量に余るのをベルトで落ちないようにして無理矢理着ていたのが、とても自然に穿けたので重宝していた。ただしストレッチでないと微妙にサイズが合わない場合もあるので、最近はストレッチタイプばかりである。お店で試着して買えばいいのだろうけど、レディスのを試着させてもらう勇気が無かった。


↓↑BottomTop

お店は「準備中」の札が掛かっていたが、中に人がいるようだったし、鍵もかかっていなかったので、開けて中に入った。時計を見ると8:50だった。
「おはよう御座います。昨夜電話したバイト志望の高木と申します」
「ああ、早かったね。そこ座って。面接しよう」

店長さんという人に促されて席に座り、クリアファイルに挟んできた履歴書を出し色々話をした。感じのいい人だった。ああ、こんな所で働きたいと思った。「おっけー。採用しよう。今日からできる?」
「はい、頑張ります」
「配達の衣装がサンタ服でね。これ、うちの売りになっているので、よろしくね。サイズがSMLあるので、どれが合うかそちらの部屋で合わせてみてくれる?君なら細いからSでも行けそうな感じだなあ。ウェスト何cmの服着てる?」
「63cmです」と答えてからしまったと思う。それレディスでのサイズだからメンズなら76cmにしないと・・・・と思って言い直そうとする前に
↓↑BottomTop

「じゃSで行けそうだ。みゆきちゃーん」と店長は席をたって中にいる女性に声を掛けた。27〜28歳くらいの女性が出てくる。
「制服のSのストック、まだあったかな?」
「Sならありますよ。Sだけ残ってるというか。取り敢えず着てもらいましょう」

みゆきと呼ばれた女性は私に来るようにいうと、スタッフルームと書かれた部屋に私を誘導し、棚の上から紙袋をおろした。
「これ、着てみてくれる。あ、ごめん名前なんだったっけ?」「高木です」
「下の名前は?」「裕(ゆう)です」
「じゃ、ゆうちゃんでいい?私は佐藤みゆきだけど、みゆきちゃんでいいよ」
「あ、はい」
「じゃ着てみたら呼んでね」といってみゆきちゃんは部屋を出て行く。
↓↑BottomTop

ボクは袋から制服・・・・を出して、着てみようとした・・・・が!?ボクは困ってしまって、袋に服を戻しドアを開けて、みゆきちゃんに声を掛けた。「あの、すみません」
「どうかした?」
「これ、女の子用の制服みたいなんですけど」
「え?それが何か?」みゆきちゃんがキョトンとしている。それで分かった。そうか。女の子と思われてしまったのか。
「すみません。ボク男なので。。。」
「え!?」 みゆきちゃんはびっくりした顔で、店長を呼んだ。

「え?君、男だったの」店長が驚いたような声で言う。「はい」
「あのさ。このバイト女子のみの募集だったんだけど」
「え、ごめんなさい。見落としていたみたいです」
ふられたショックとビール飲んでいたので気づかなかったんだ。恥ずかし−。
↓↑BottomTop

「すまないけど、この店は女の子サンタの配達員がケーキを宅配して、そこの家の人と記念写真も撮るというシステムなので、男子では困るのよ」
「ごめんなさい」

私が制服の袋をそばのカウンターに置き、一礼して店を出ようとした時に、みゆきちゃんが店長に声を掛けた。

「でも店長、この子、私全然女の子としか思いませんでしたよ」
「うん、俺もてっきり女の子と思っていた。  ああ、履歴書の性別は男になってるね。気づかなかったなあ」
「さっちーが26日まで来れなくなっちゃったでしょう。人手が足りないです。ゆうちゃん、雰囲気いいし、この子がいたら何とかなるかなと思ったんですよ。うちの宅配って置いてさよならじゃないから1軒あたり時間がかかるんです」
「ふむ。なるほど、その手か」
「ええ。ゆうちゃんがサンタガールの衣装で宅配してまわっても、お客さん誰も男が来たとは思いません」
「たしかに」

↓↑BottomTop

え?まさか?
↓↑BottomTop

次頁目次

[0目次][#次頁]

広告:オンナノコときどきオトコノコ-わぁい!コミックス-ひねもすのたり-ebook